HOME留学する英語留学「ワーホリ vs Coop留学」オススメのカナダ留学プランはこれ!

「ワーホリ vs Coop留学」オススメのカナダ留学プランはこれ!

カナダ留学したいけど、ワーホリで渡航しようとしている方!そのワーホリを今使ってしまうと、後で後悔するかもしれません。。。

実際にYouTubeなどを見てみると「ワーホリビザを取得して後悔した」と言われている方が多くいらっしゃいます。

今回は、これからカナダ留学しようと考えている方に、賢く・有意義に留学するコツをお伝えします。

結論から言うと、まずCoop留学(コープ留学)をして、その上でワーホリをした方が良いです。
その理由を説明していきます。

\\ Pick up //

海外留学のスマ留公式サイト「最安値」で留学・ワーホリする方法
留学エージェント「スマ留」なら従来の最大50%OFFで留学・ワーホリが可能。低コストだから留学に初めて挑戦してみたい方にピッタリ!学校選びも超かんたんです。
▶スマ留、安さの秘密と留学対象国はこちら>>

ワーホリの厳しい現実

ワーキングホリデーでは、様々なことに挑戦出来ます。語学学校に通ったり、アルバイトをしたり、観光をしたりとなんでも出来るのが最大のポイントです。

しかしアルバイトをするとなると、なかなか自分の希望する仕事につけないことがあります。

ワーキングホリデーで渡航される方の多くは、英語力がそれほど高い状態ではないことが多いです。

そのため、なかなか英語100%の環境で働くことが難しく、主な就業先としてジャパニーズレストラン(通称:ジャパレス)で働くことになり、同僚が日本人だらけになりがちです。

現地でジャパニーズレストラン以外の仕事につけたとしても、多くはそれほど英語力を必要としない単純労働に従事することになります。

中にはホテルのフロント業務や、語学学校の生徒相談役などの職に付ける場合がありますが、高い英語力と友達などからのコネが重要になってきます。

そのため、出来るだけ英語100%の現地の人と同じような環境で働きたいという方は、留学前から英語の勉強をするなど十分に準備をして留学することがオススメです。

そうすることで結果的に留学費用が抑えられ、費用の面でも安く留学することが出来ます。

ワーホリに関する詳しい内容はこちらをご覧ください。
ワーキングホリデー5ヶ国一括比較!費用・期間・年齢・ビザ条件

ワーホリ終了後の日本での「リアル」な就活事情

ワーキングホリデー終了後には、日本で就職活動をされる方が多いと思います。留学で培った英語力を活かせる仕事に就きたいという方も多いと思います。

実際、ワーキングホリデーを経験することで、留学エージェントなどへの就職は有利になります。実体験がある分、お客様により理想的なプランを提供出来るからですね。

またホテルフロント業務や英会話講師など、英語を使った仕事では十分アピールすることが出来ると思います。

しかし一方で、ワーキングホリデーはホリデー(休暇)という名称や、ワーキングホリデーでの留学生の英語力が低いことが多いことから、あまり好意的に見られない場合も多いです。

そのため正社員の仕事になかなか就けず、派遣労働するなど就職活動で苦戦する人も多いのも事実です。

後の就職活動を成功させるためにも、現地ではただ過ごすのではなく、後のキャリアを考えた活動、例えば現地の人と積極的に交流したり、出来るだけ英語を使う環境で働き英語力を培うなどをして、面接でご自身の留学経験を有意義なものだったとアピールする必要があります。

Coop留学(コープ留学)の魅力

カナダ留学と言えば、ワーキングホリデーの他にもメジャーなものとしてCoop留学があります。

Coop留学とは、座学を一定期間(約4週間〜2年)したのちに、学んだことと関連する分野でインターンシップを経験することが出来るカナダ独自の留学制度です。

主なプログラムは、日本人に人気な接客を学べるホスピタリティ、ビジネス、ITなどがあります。

Coop留学は私立カレッジ、日本でいう専門学校のような学校で開講され、実務で活かせるスキルを身につけることが出来ます。

通常のユニバーシティーや公立カレッジと比べ、授業料が安く、また学校在籍中は週20時間(場合によっては週40時間)までアルバイトをすることが出来るので、留学費用を抑えながら留学することが出来ます。

ワーキングホリデーと違って、年齢制限がないのでどなたでも挑戦することが出来ます。プログラムも短いものがあるので、大学生でも夏休みの間だけ挑戦することも出来たりします。

Coop留学を終了すると学位(Diploma、準学士)などが貰えます。

単なる語学留学よりは、しっかりスキルを身につけたことを就職活動ではアピールすることが出来ます。

また、海外企業でアシスタントとして働くことが出来るので、カナダ独自の働き方や文化などをより深く知ることが出来ます。

そのため日本での就職活動の際には、海外企業をクライアントに持つ企業にとっては有意義な人材になることが出来ます。

Coop留学の詳しい説明はこちらの記事も併せてご覧ください。
Coop留学(コープ留学)とは?費用・ビザ・英語力など総まとめ

オススメの留学プランはこれ!

留学をより充実したものとするためにオススメなのが、まずはCoop留学で留学することです。なぜなら、Coop留学であればその後の選択肢が広がるからです。

例えばカナダのCoop留学中に、現地の4年制大学(ユニバーシティ)に通って本格的に勉強したいと思った場合、Coop留学の大学進学プログラムを使えば、Coop留学終了後、残り2年大学に通うことでBachelor’s degree(学士号)を取得することが出来ます。

4年間ユニバーシティに通うよりも、かなり費用を抑えることが出来ます。

あるいはインターンシップでオフィスワークを経験した後に、ワーキングホリデーを利用することでもう1年間就労経験を積むことが出来ます。

通常のワーキングホリデーでは高い英語力と専門性が求められるため、なかなか採用されないオフィスワークをCoop留学+ワーキングホリデーでより長期間体験することが出来ます。

また、カナダに長期で滞在しているとカナダの良いところだけなく、悪いところも同時に分かってくると思います。その上で移住を検討しているなら、Coop留学終了後にワーキングホリデービザに切り替えて移住を目指すことも可能です。

カナダ移住を目指している方に

カナダ移住をする場合には、特定の職種で一定期間の就労経験を積んでポイントを貯め、一定のポイントが貯まってから申請すると永住権の獲得に繋げることが出来ます。

最も王道なのがより高い英語力と、費用がかかりますが2年制の公立カレッジに通い、3年間のPGWP(就労許可)を貰ってポイントを貯めていく方法です。

しかし、少なくとも600万円以上の費用と、Coop留学よりも高い英語力が求められます。

一方で、ワーキングホリデーからカナダ移住をされている方も多くいらっしゃいます。むしろこちらの方が多い気がします。

ワーキングホリデーから永住権に繋げるには、ワーキングホリデービザ失効後に就業先に就労ビザを出してもらう必要があります。

そして一定期間働くことでポイントを貯め、移民局に申請することで永住権を獲得することが出来ます。

ワーキングホリデーからの移住はかなり大変なため、日本にいる時から留学エージェントに相談するなどして、情報収集をしっかり行う必要があります。

まとめ

このようにワーキングホリデーで渡航するより、Coop留学を最初にすることで様々な選択肢が選べ、有意義に留学することが出来ます。

インターネット上では、特にポジティブな内容ばかりがよく目につきますが、実際行ってみると厳しい現実が待っていたということがよくあります。

実際、移住に関して永住権を獲得したものの、生活が大変なためカナダを離れるという人が何人もいます。

永住権は取得してからが大変だという事実があります。またワーホリに関しても、仕事探しに苦戦したり、帰国後の日本での就職がうまくいかないなどネガティブな側面もあります。

このようなことを考えると、Coop留学では様々な選択肢が取れるので、まずはワーホリよりもCoop留学で留学することをおすすめします。

カナダの留学エージェントをお探しの方はこちら
【まとめ】カナダ留学エージェント29選&人気都市ランキング

カナダで実際に通関士として働いている方に聞いてみました!
【海外就職】カナダで通関士、経験者が語る仕事内容と給料のホンネ

留学エージェント176社総まとめはこちら。留学エージェントの仕組みから、カウンセリングの受け方、優良留学エージェント探しのポイント、そしておすすめの留学エージェントをご紹介しています。

コロナ禍でもできるオンライン留学はこちら
オンライン留学おすすめ校一覧表【2022年】国内留学・海外研修対応

follow us in feedly

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!
0 0 votes
この記事はお役に立ちましたか?よかったら評価とコメントをお願いします。
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

海外出稼ぎ特集

編集長おすすめ記事

ワーホリ特集

ワーキングホリデー26ヶ国一覧表《2023年》費用・期間・年齢・ビザ条件などまとめました

数日から1~2週間の海外旅行では物足りない、長い期間海外に住んで現地の人と交流したいと感じる人にとってもおすすめしたいの...

海外出稼ぎならオーストラリアが今アツい!月収30万確定の円安留学とは!?

経済の影響で、海外に出稼ぎに行く人が増えています。その理由としては、「日本より稼げる」や、「出稼ぎからそのまま海外就職に...

ワーキングホリデーできない40代・50代【海外で働く】7つの方法

40代・50代の方は子育てなどのライフイベントが一段落し、新たなチャレンジを海外でしてみたいとお考えの方もいるのではない...

オランダワーホリ【2023年版】申請方法、条件、費用、メリット・デメリットまで完全ガイド

コロナの入国制限などもなくなり、海外へ行きやすくなってきました。海外旅行や一定期間海外に滞在してみたいという方も増えてい...

ワーホリエージェントおすすめ【10社】失敗しない選び方をご紹介します!

4年間オーストラリアへ留学&ワーキングホリデーをしていた私が、実際ワーホリエージェントに依頼して分かった失敗しない選び方...

関連記事

フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ21社【2023年版】

フィリピン留学・セブ島留学エージェントを利用すれば、プロのカウンセラーに相談しながら希望の学校に留学することができます!...

カナダ留学エージェントおすすめ【29選】ワーホリ、Coop留学も対象

「カナダに留学したいんだけど、どこのカナダ留学エージェントがおすすめ?」 「ワーホリに強いカナダ留学エージェントはどこ...

アメリカ留学エージェント30社【徹底比較】無料・有料含む

この記事では手数料無料・有料含めた「アメリカ留学エージェント」を30社リストアップし、徹底比較! その中で、おすすめの...

【まとめ】マルタ留学エージェント11選とマルタ留学メリット・デメリット

マルタはイタリアの南、地中海に浮かぶ小さな島国です。 ここ数年、語学留学先にマルタを選ぶ人が増えています。その魅力...

【語学留学vs正規留学】どちらの留学を目指すべき?留学別メリット・デメリット

皆さんがまず留学を考えた際に、まず思いつくものが英語を学びに行く「語学留学」が多いと思います。海外で様々な国から来た人た...

マレーシア留学エージェント15選 マレーシア留学の費用、メリット・デメリットもご紹介

「マレーシア留学にかかる費用ってどれくらい?」 「マレーシアに留学して英語を学ぶってどうなの?」 「マレーシア留学経...

【まとめ】イギリス留学エージェント20選&人気都市ランキング

英語を学ぶ場所として、世界で最も人気のある国とされているイギリス。 毎年約60万人もの留学生が、英語を学ぶためにイ...

オーストラリア留学エージェント32社【徹底比較】

「オーストラリア留学したいけど、何から始めればいいの?」 「オーストラリア留学の費用はどのぐらいか?」 「オーストラ...

セブ島留学解説#01 フィリピンセブ留学とは? 期間・効果・費用をイラストで解説

フィリピンセブ島留学とはどんな海外留学なのか? あなたはフィリピン留学、特にセブ島留学という言葉を、最近どこかで聞いた...

【まとめ】ニュージーランド留学エージェント28選&人気都市ランキング

雄大な自然と穏やかな気候に恵まれ、語学留学先として昔から変わらぬ人気を誇るニュージーランド。 ニュージーランドの人...

最新記事

英会話習得は留学から始めるとうまくいく!その理由とは?

あなたは今まで、英会話を身につけるために懸命に努力を重ねてきたけれども、残念ながら挫折した経験をもってはいませんか? ...

「DeepL Write」は何が違う?人気翻訳ツールを徹底解説!アプリ版もあり

昨今、ITの進化に驚きを隠せません。とくに言葉や文字に関する技術は日々進化しており、波に乗らないとあっという間について行...

ChatGPTで英語学習!添削・翻訳・英会話練習のための使い方13選

2022年11月にChatGPTというサービスがローンチされました。このAI、我々の仕事も根底から変えるくらい破壊力があ...

語学留学って意味がない?留学のメリットと、留学を無意味にしてしまうNG行動を解説!

突然ですが、語学留学って意味がないと思いますか? さっさと結論から言います。 語学留学は意味がない・・・なん...

ワーホリはないけど働ける!?魅力たっぷりアメリカ留学と就労事情

アメリカを舞台にした90年代の映画作品に、『グリーンカード』というロマンチックコメディがありました。 フランスから...

最近のコメント