SIM フィリピン
http://netafull.net/sim-free/052707.html

皆さんはフィリピンに行った際の通信はどのようにしていますか?

「海外に行ってまで携帯は触りません!」ですか?フリーWiFiを利用していますか?日本からポケットWiFiを借りていますか?日本のキャリア携帯の海外パケット通信を利用していますか?

色々な方法でお使いのことだと思います。

私も最初は日本からポケットWiFiを借りていきました。5日間で8000円前後ですかね?1日980円ぐらいなのですが、保険を入れてしまうと高いですよね。WiFiの電池の持ちも気になるところです。

たまに、海外1日パケ放題を使ってみたり、フリーWiFiのみを利用してみたりと…色々と試してきました。でもちょっと面倒ですし、値段も高いのがネックでした。

そして現在は、プリペイドSIMに落ち着いています。

プリペイドとは、前払い式という意味です。自分で事前にチャージ(入金)した分だけお支払いに使えるカードです。

フィリピンではWiFiがとても普及していて、どのレストラン・ショッピングモール、はたまたバスの中までWiFiが至る所にあります。

フリーWiFiだけを利用してもいいのですが、やはりいざというときに通信ができるような環境でいたいです。

タクシーの中でgoogleマップを見たりとか。←ここ重要!

タクシーに道を案内するときにはかなり使います。

というわけで、今回はハードルが高くない?と思われがちな海外でのプリペイドSIMカードですが、案外簡単なので、皆さんにご紹介したいと思います。

持ってる?SIMフリースマホがないと始まらない!

肝心な話を忘れていました!皆さんSIMフリースマホはお持ちでしょうか?これがないと始まりません!

ちなみに私のスマホは3台共すべてSIMフリースマホです。海外によく行く人はSIMフリースマホは当然だと思いますが、あまり行かない人にとっては、馴染みがないのではないでしょうか?

ですが最近、格安SIMが普及してきたので、SIMフリースマホを持っている人も多くいると思います。まずはSIMフリースマホについて簡単なご説明をしていきます。

SIMフリースマホとは?

日本では皆さんは、docomo、au、SoftBankなどといったキャリアの携帯をお持ちだと思います。SIMもそこから発行されていて、他のキャリアのスマホでは利用できないようにロックがかかっています。

http://netafull.net/sim-free/052707.html
http://netafull.net/sim-free/052707.html

かなり昔のスマホはSIMロック解除できないかもしれませんが、最近のスマホはキャリア発売のスマホでもSIMロック解除ができるようになりました。ただし、半年以上利用の場合など規約があります。

一度、お使いのキャリアのお店にいって、持っているスマホは解除できるのか尋ねてみてください。ちなみにロック解除には手数料がかかります。docomoでは3,000円くらいです。

このSIMロックを解除すると、他のキャリアから発売されているSIMを使うことが出来ます。docomoの携帯でauのSIMだったり、楽天などの格安SIMだったり、そしてフィリピンなどの海外のSIMだったり。

iPhoneなどキャリアから買っているものはロック解除できない場合があります。特にiPhone6は出来ないみたいです。アップルから直接買っているものは最初からSIMフリーです。

私も全部アップルから直接買っているのでSIMフリーです。キャリアを捨てて1年。月のスマホ代は1500円ぐらいです。皆さん、SIMフリーは良いですよ!おっと、話がそれましたね。

私が超絶おすすめする!SIMフリースマホを紹介

http://pssection9.com/archives/ocnmobileone-zenfone2-handling-start.html
http://pssection9.com/archives/ocnmobileone-zenfone2-handling-start.html

まだSIMフリースマホを持っていない方。新しく買うならZenFoneシリーズがおすすめです!台湾製のスマホです。このスマホはDual SIMといってSIMカードが二枚入ります。

よく、日本の電話はとらないと仕事上まずいという人がいます。そういう場合はこのスマホを持つと便利です。

ただし、SIMスロット2は、2G専用なので、日本では2Gの電波は入っていないので意味がありません。ですが、海外では2Gの電波があるので、海外へよく行く人にはおすすめのスマホです。

日本のSIMをスロット1に、フィリピンのSIMをスロット2に入れています。常にスマホにSIMが入っているのでSIMを無くす心配もありません!機種にもよりますが、カメラの画素数も高く、画面も5インチ以上と使い勝手がよいです。

そしてテザリングも使えます!日本の格安SIMでもテザリング可能です。ちなみに、日本の格安SIMは端末によってテザリング不可の端末が多いんです。

とりあえず、スマホをSIMロック解除しましょう。またはアップルから直接iPhoneを買うか、ビックカメラなどでAndroidスマホの端末のみを購入しましょう。

フィリピンSIMの大手キャリアはこれ

http://philippine.cebuedu.com/cellphone/
http://philippine.cebuedu.com/cellphone/

・スマート
・グローブ
・SUN

です!この3つを押さえておけば大丈夫です。特にスマートとグローブがおすすめです。SUNはどうやら現地フィリピン人に人気のようです。安さで勝負しているらしいですね。電波は弱い場合が多いのであまりおすすめしません。

電波を考えるなら、日本人は断然スマートかグローブを選びましょう。私はグローブのSIMを常に利用しています。今回は主にグローブでの話になりますので、ご了承ください。

プリペイドSIMは空港で買える!

ではSIMカードは一体どこで買えるのか?その答えは現地空港です。現地空港で問題ありません。

Jpeg

スーツケースを受け取り、外へ出る扉の前にカウンターがあります。このように「プリペイドSIM!」と、声を掛けているので、欲しい方はここで買いましょう。最近では出口を抜けてベンチが並んでいる場所でもカウンターがあります。

その他として、大型ショッピングモールなどでも買えます。ただし、空港で買ったほうが早くて便利です。

プリペイドSIMの種類とプラン

実はこれ、種類とプランがありすぎて紹介しきれないんです。本当にプランが多すぎてスタッフも把握していないらしく、情報は錯誤するばかり…なので、私がわかっている範囲でご紹介したいと思います。

空港で買うのが断然おすすめの理由

空港で買う場合はあらかじめプランがいくつか用意されています。

3日間定額通信や7日間定額通信など。旅行者に合わせて何日間と決められていて、それを買うとその日分の定額通信ができます。

sim

こちらが空港で買えるsimの定額通信のプランです。こちらはスマートの会社です。

sim

こちらがグローブになります。グローブの方が選べる選択肢が少ないようです。

*これは2016年に撮影したものです。今ではプランが変わっている可能性がありますが、おおむね同じです。

注意してほしいのは、この何日間定額通信SIMはデータ通信専用です。電話番号が書いてありますが、電話はできませんので注意です。データだけで問題ない方はこれを買いましょう。

電話もしたいという方は、通話もできるやつと伝えてください。

だいたいSIMと定額通信料合わせて200P、500Pなどと書かれています。現金のみなので、ペソを用意していってください。

SIMの大きさも通常の大きさから、nanoSIMまでバッチリ揃っています!

そしてなにより空港で買うのをおすすめする理由は、全てやってくれるからなのです!購入、SIMの差し替え、ロード、アクセスポイントの設定など、お任せできます。

スタッフに渡す前に言語を英語に設定してあげてくださいね。

ちなみに、セット販売ではなくSIMカードだけでも買えます。40Pほどで買うことができます。プリペイドカードのみも100〜500Pまで揃っています。

*SIMの設定が終わると、たまに画面がタガログ語(フィリピン語)になったりします。言語を日本語に戻す必要がありますので、言語設定の場所は予め確認しておきましょう。

LTEや4GなどSIMによってつかめる電波が違う

SIMによってLTE対応だったり、3Gのみだったりします。ですが、LTEが入るところと入らないところがあります。LTEのSIMを買っても、3Gしか入らない地域にいる場合、意味がないのでご注意を!

プランについて

プランが多すぎてどうしようという話なのですが…。

実はフィリピンのSIMは、フィリピン人向けに作ってあって、1日単位の定額通信でも30Mまで、70Mまで、1ヶ月とかだと、1Gまで、3Gまで、5Gまで等々…。

細かすぎる!イライラしてきちゃいます。ですが、日本でも通信量を選べるから同じことですね。

私はグローブしか使ったことないのでグローブのプランを一部ご紹介します。

グローブはsupersurfという定額プランで1日、5日、30日と選べます。1日で50P、5日で200P、30日で999Pです。それ以外の日にちはあるか不明です。一応スタッフにはないと言われていますがあると思います。。

ちなみに今回紹介したのは、supersurfというやつですが、グローブには他にもGO SURFと呼ばれるものもあるみたいです。公式サイトではsupersurf載っていませんでした。今ではGO SURFが主流のようです。私が使い始めた頃はsupersurfだったので、今でもそちらを利用しています。

グローブの通信プランはこちら

sim2

sim

スマートの通信プランはこちら

スマートは、容量を使いきっても低速での通信が可能なALWAYS ONと、容量が多いが使い切りのタイプBIG bytesがあるそうです。

Big Bytesだと、7日、10日、15日プランもあるみたいです。15日で500P、3,5G使えるみたいです。スマートに変更しようかなと調べながら今思っているところです(笑)

sim4

どれがいいかは本当に人それぞれです。マクタンやセブシティなど、どこで使うかによっても変わってくると思います。電波の入りやすさはスマートとグローブでちょっと違います。

また、キャリアが同じ同士だと通話が無料・テキスト無料などがあるらしいので、長期滞在の場合はよく考える必要があるかもしれません。

また、SIMを買うときは必ず、プランと日にちと容量と金額などの紙が渡されるので必ず保管しましょう。それを見て、期限が過ぎたらロードをしていきます。

プリペイドカード

SIMカードとプリペイドカードは別物です。短期旅行者の方は、空港でセットのやつを買えば特になにも心配はありません。ですが、長期滞在者や在住者などはプリペイドカードは必要です。

http://blog.casamanila.jp/日々のできごと/post-573/
http://blog.casamanila.jp/日々のできごと/post-573/

30日以上の長期滞在していると、定額通信のプランを更新する必要があります。つまりロードするという作業が必要なのです!そこでこのプリペイドカードが必要になります。

グローブやスマートのお店でスタッフがロードしてくれるところもあるので、近くにお店があるならそれが便利です。ただ、大抵混雑していて時間がかかります。

買える場所

プリペイドカードは、空港・ショッピングモール・サリサリストア(フィリピンの路上のお店)などで買うことができます。「プリペイドカードプリーズ!」と言えば大丈夫です!

種類があるので間違えに注意

プリペイドはいくつか種類があります。まず、グローブやスマートなどキャリア別のプリペイドカードを買いましょう。グローブのSIMなのに、スマートのプリペイド買っちゃった!なんてことにならないように。

そして次は値段です。100P、300P、500Pの三種類かと思います。プランに合った金額を買いましょう。

ロードの仕方

ここではロードの仕方を説明します。私自身グローブしか使ったことがないのでグローブでのロードの方法をご紹介したいと思います。簡単なのでマスターしてください。

①プリペイドカード裏面のスクラッチを削る

http://ameblo.jp/cebumdl/entry-12138374970.html
http://ameblo.jp/cebumdl/entry-12138374970.html

コインで銀色の部分を削りましょう。そうするとこのように番号が出てくると思います。

②電話をかける

次に電話をかけます。「223」に電話しましょう!そうすると英語でなにやら音声ガイダンスが出てきます。

③番号を打ち込む

まず最初に前半の数字を打ち込んで、終わったら♯ボタンを押します。そうするとガイダンスでなにか言ってくるので、その後に、後半の数字を打ち込んで、♯ボタンを押します。

④SIMにそのプリペイドの金額が入金される

これをやると、SIMにその金額が入金されます。おっと、まだ終わりではありません。あくまで入金されただけです。電話のみお使いの人はこれで電話ができます。通信も再開されますが、時間や容量制なのでガンガン減っていきます!

急いで定額にするようにSIMに指示をしましょう!

⑤テキストメッセージを送る

次にテキスト(iPhoneの人はメッセージというアプリ。要は電話番号でメッセージを送るショートメールのこと)で「8888」宛に、「SUPERSURF50」と打ち込んでください。大文字です。

そうすると、すぐにテキストで返信がきます。いついつまで、定額で開始しました!という文面が来たら完了です。

SUPERSURF50は1日のみの定額通信です。SUPERSURF200は5日間の通信、SUPERSURF999が1ヶ月です。ただし最近ではGOSURFが主流みたいですが、私はSUPERSURFを使っています。

 

注意事項

以上のロード方法は、グローブで、supersurfの定額でのロード方法でした。スマートの場合はわかりませんが、かける電話番号が違ったりする場合もあります。

また、定額プランの名前も今回はSUPERSURF50と大文字ではないと反応しません。ですが、プランによっては小文字だったりするかもしれません。

あくまで今回は私の場合のロード方法です。他のキャリアやプランをご利用の場合は、違った場合があります。SIMカードは一定期間利用がないとストップされて使えなくなります。長期間使っていなかった場合は買い直しが必要です(だいたい半年〜1年使ってないと使えなくなります)。

裏技

裏技として、自分の持っているチャージ金額を他の人に分け与えることができます!もしくは、一つのSIMに500P分を入れて、他のSIMに50Pだけあげるということも可能です。

これはテキスト(ショートメール)で、宛先をあげたい人の電話番号の0を取り、そこに数字の「2」をつけます。次に本文にあげたい数字「50」を入力して送るだけです。ただ、一回で送れる金額が決まっています。

確か、100Pぐらいだと思います。それ以上送りたい場合は、何回かにわけておくります。

この方法はグローブです。また、同じキャリア同士である必要があります。グローブからスマートへは出来ません。

次に受け取る側か送る側忘れましたが、「YES」とショートメールに送れば受け取れます。友達同士で分け合うのに便利です。

セブパシフィックで無料で配られるスマートのSIMカード

格安LCCのセブパシフィック航空を利用してフィリピンへ来る場合、飛行機内で外国人を対象に無料でSIMカードを配っています。スマートのSIMカードです。

両替するならセブそれとも成田・マクタン空港

こちらが実際に配られたスマートのSIMカードです。

中を開けてみましょう。

両替するならセブそれとも成田・マクタン空港

まずは2枚のチラシが入っていました。こちらはUberの50P分OFFのチラシ。Uberとは配車アプリです。かなり使えるアプリなので是非ダウンロードして使ってください。

両替するならセブそれとも成田・マクタン空港

こちらはフィリピンのムービーサイト1ヶ月間利用し放題ですかね?私たちには関係なさそうです。

両替するならセブそれとも成田・マクタン空港

こんな感じでSIMカードが入っています。SIMの大きさは通常からマイクロ、nanoまで対応していました。300MBまではActivateすれば無料で、その後3日以内に30ペソ以上トップアップ(チャージ)すれば、プラス700MBが追加され合計1G使えるようです。

両替するならセブそれとも成田・マクタン空港

一枚パンフレットが入っていて、詳しいプラン内容が記載されています。999Pで30日間通信プランや、299Pで1.5G使えるプランなどがあるようです。

足りない分はチャージする手間がかかりますが、無料でSIMを配るなんてすごいですね!セブパシフィックに乗る方はスマートのSIMを活用してみるのもアリかと思います。

まとめ

かなりごちゃごちゃと書いてしまいましたが、なんとなくおわかりいただけたでしょうか?

まとめとしては、まずSIMフリースマホを用意する!そして空港でグローブかスマートのカウンターでSIMを買う。旅行期間によって最適な日にちを選びましょう。

空港で買うとすべて設定をやってくれるので、もうその場ですぐに通信ができるようになります。

長期滞在の方は、定額通信が終わったらプリペイドカードを購入して、ロードをして定額通信を再開させます。

旅行者や短期の語学留学生などは特にそこまで考える必要はありません。とりあえず空港で買ってあと、必要があればロードしてください。在住者や長期滞在者の方は、LTEや容量など、何回か試してみて一番自分にあったSIMカード、容量を探してみてください。

また、現地在住者に聞くのが一番てっとり早いです。どのSIMやキャリアがいいですか?など、聞いてみましょう!キャリア同士だと通話が無料の場合もあるので、よく連絡を取る人と同じキャリアを選択するのもいいかもしれません。

SIMフリースマホだけではなく、SIMフリールータでも活用可能です。ルータは持って来ても、セブ島でも売っています。本体は1,000P前後です。ただし、空港では売っていなくショッピングモールで購入することになります。

関連記事はこちら
▶︎【7社徹底比較】海外旅行に行くならポケットWi-Fiをレンタル!成田・関空・セントレア・宅配で受取可
▶︎フィリピン・セブ島でワイファイ(Wi-Fi)の強い場所はどこだ!?仕事で使えるカフェ・ホテルをご紹介します。
▶︎海外WiFi【イモトWiFi】はセブ島でも使えるか?成田でレンタルし、主要5箇所で試してみました

▶︎マップで見るセブ島観光スポット

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
美穂

世界をのんびり旅しながら俺セブでライターの仕事をしています。プチノマドワーカー。

現在17カ国、42都道府県制覇。

スキューバダイビング好きで、ダイブマスター所持。

----現在訪れたダイビングスポット----
サイパン・グアム・パラオ・プーケット・バリ島・セブ島

沖縄本島・石垣島・宮古島・奄美大島・小笠原諸島父島・大島・神津島・三宅島・八丈島・御蔵島(スノーケル)・伊豆半島・葉山

などなど...タンク本数はトータル300本前後です。

私運営のセブ島情報HPあるのでよければ見てください。
http://tabi-jyoshi.com
http://tokyo-girls.top

3 コメント

  1. お読みいただきありがとうございます!

    SIMカードですが、その方法でもいいと思いますが、私は実際やったことないので不明ですが、すでに499ペソ分入ったSIMを街中で買えるかがわかりません。

    グローブの専門店に行けばもちろん出来ますが、お店は常に混んでいるので時間がかかります。また、グローブ専門店も大きいモールなどにいかないとありません。空港に行けばありますが、毎回空港に行くわけにもいかないと思います。

    私が街中のモールで売っているSIMを見ると、SIMカードのみか、プリペイドチャージ用のみです。なので、チェージをしていったほうがいいと思いますが、ルータとなると一旦スマホか別の機械に入れ替えないといけないのでそれも面倒ですが。

    また、ルータですが実際のところルータのほうが電波を拾いやすいとかそういったことはほぼないと思います。むしろルータ利用者のほうが、電波が悪いなどと言っているのを聞きます。

    スマホでキャリア以外のSIMでもテザリングが出来る機械をお持ちであれば私はスマホの方を強くおすすめします。

    • 早速の回答ありがとうございます。
      ルーターのほうが電波を拾いにくい可能性があると言う話には正直びっくりしました。
      やはりスマホSIMフリーを購入したほうが、無難そうですね。

      非常に参考になりました。
      ありがとうございます(^^)

  2. フィリピンのプリペイドSIM購入・ロード・利用方法を徹底解説!
    楽しく読ませて頂きました。そこで、2,3点ほど質問があります。
    良かったら回答頂ければ幸いです。

    セブに長期出張になる予定があり、SIMフリーのWIFIルーターを持っていこうと思っています。
    それをテザリングで自分のスマホを利用しようと思うのですが、WIFIルーターに差し込むSIMを
    例えばGROVEのGOSURF499 のSIMを購入した場合、使い切ったら、また同じGOSURF499を購入して
    差し替えるだけでいけますよね?
    プリペードチャージの選択肢もあるけど、その都度SIM購入で入れ替えで問題ないですか?
    結局WIFIルーターなので、SIMの電話番号が変わっても関係ないのかな?と思ったんで...

    それとも、WIFIルーターを購入せず、SIMフリーの携帯購入のほうが良いですか?
    WIFIルーターを持ってたらなんとなく電波の弱そうなところでも、ルーターが力を発するかな?とか
    素人考えを持っていて...

    実際どんな感じか教えてください。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here