日本人にはあまり馴染みがない?アメリカ留学に必須のTOEFLとは?

留学の種別がたくさんあることと同様に、皆さんが習得、または強化していかなければならない英語スキルも多種多様です。留学や英語に興味のある皆さんは、第一に英語試験といえばTOEICを思い浮かべるかもしれません。

皆さんの英語力を証明する試験として、多くの教育機関や企業が取り入れていますので、かなりメジャーな存在かと思います。費用も5000円程度と比較的リーズナブルであり(英語試験としては安い)、英語を少し勉強したところで腕試しといった使われ方もします。

しかし、正規留学または交換留学を志す方にとっては、どれだけ高いTOEICの点数をもっていても、受け入れ先に定められている英語の出願基準として認定されていないため、使えないケースがほとんどかと思います。一部のカレッジなどでは受け入れているようですが、少数派でしょう。

そこで登場してくる英語試験がTOEFLやIELTSなのですが、この試験スコアを向上させて、入学要件を見たとしてもそれで英語マスターというわけではありません。正規留学、交換留学では会話、エッセイ、卒業論文という数々の壁が待っています。

このような壁を乗り越えるために、日本でしておくべき事前学習や心構え、現地事情について解説していきます。

イギリスの大学院に進学し、筆者が感じたこと、日本で事前にしておけばよかったことについてまとめていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

日本でしておくべき事前学習と心構えとは

1、専門分野を変える場合は事前学習をしておく

正規留学・交換留学を目指す方に伝えたいこと4選

筆者及び筆者の知り合いのMBA留学経験者の体験を元にしますと、事前学習を行うことは留学先でのパフォーマンスに直結します。

単純な話ですが、いくら日常での英会話がネイティブレベルに達していたとしても、専門用語のオンパレードである授業やディスカッションにキャッチアップしていくことは非常に難しいです。

理由としてはtechnical terminologies(専門用語)が多すぎて、そもそも重要な名詞や表現がわからないという事態に陥るためです。日本語でニュースや政治番組などを観ていると、全くわからない言葉やカタカナ英語がたくさん飛び交っていますよね。

その分野に興味のない日本人ならまず理解できない単語も多いですし、結局何が言いたいのかわからなかったなんてこともざらにありますよね。しかし、日本語であるため、ネイティブスピーカーである私たちはなんとか言葉同士を繋げて理解することはできます。

これが英語だとどうでしょうか?専門用語も知らず、専門知識も全くない、なおかつ英語力もネイティブレベルではないとなればどうなるかお分かりでしょうか。全く理解不能のまま授業を受けるという大変なロスを生み出します。

予習をしたとしても、日本語でもわからないものをどうやって英語で理解するんだ!という状況にしかなりません。さらにアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語で若干表現が変わるケースも多いです。

そのような場合、どのような日本語が適切なのか非常にわかりにくいといった事態も多々発生します。筆者はイギリスの大学院で経営学を専攻しましたので、会計の授業をとりました。日本でも会計について触れたことはなかったため、専門用語を覚えるために非常に多くの時間を費やしました。

さらに困ったこととしては、適切な訳が見つからないこと、そして見つかっても日本語での会計知識がないために、それが正しい表現かわからないこと。多くの和訳はアメリカ英語もしくはアメリカの会計基準をもとにした訳のために、ニュアンスがイマイチ違うといったことがありました。

最近では日本でも会計用語でBS(バランスシート)やPL表(損益計算書)などと表記することがありますが、イギリス英語ではPL表(profit and loss statement )をIS(Income statement)と表現します。

国が違うので、表現が違うことも当たり前なのですが、専門知識や予備知識がなければ、ISとはなんぞや、あぁIncome statementの略か、ところでIncome statementって何ですか?といった状況になります。

そこから専門用語を覚え始めて、、、と続くわけですから授業スピードについていくにはとんでもない時間を要します。

もしみなさんが以前の専門と違うことを留学先で習う場合は、少なくともどのようなことが授業で話されるか、事前学習として何をすべきかを把握し、専門用語にざっと目を通しておきましょう。

留学中に専門用語を全て辞書を引いて、覚えるなんてことはできませんから、予習は非常に大切です。

2、EAPについて知ろう

image02

交換留学や正規留学を目指している方なら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。EAPとはEnglish for Academic Purposeの略称で学術的な英語表現を指します。これは海外の大学で授業や課題をこなしていく際に求められる英語のことです。

これはノンネイティブに限ったことではなく、ネイティブ学生も必要とされる表現がです。授業でHey what’s up, mate!とプレゼンテーションをはじめるわけにはいきませんよね。求められるのはアカデミックなライティング、リーディング、リスニング、スピーキングというわけです。

総じてこれをEAPと表現しているわけです。交換留学や正規留学を目指している方であれば、IELTSやTOEFLを受験していく過程で少しずつフォーマルな表現を練習していくことになりますが、それが実際の留学の基礎とはなっても、そこから発展させていくことは非常に難しいものです。

EAPに関しては独学で身に付けることはほぼ不可能といってもいいですし、日本人講師に教わることも非常に難しいでしょう。

実際に、イギリスやオーストラリアへの正規留学を斡旋している業者ですと、TESOL(英語を第2言語とする人のための英語教授法)資格をもつ講師が講座を開講し、受講を勧めているケースがあります。

このようなコースでは、現地でどのようにエッセイをかけばいいのか、文献の引用方法はどのようにすればよいか(正規留学においては最重要項目)、どのようなプレゼンテーションをすべきかといったことに焦点が当てられています。

わかりやすく言えば、授業にスムーズに入っていくための準備講座ですね。無理に習う必要はないとは思いますが、やはり留学先現地でEAPクラスもしくは母国でEAPクラスを受講していた生徒はスムーズに授業に入っていました。知っていると知らない人では大違いですから、留学前に一度はチェックしてくださいね。

3、英語力◎=頭いいでは決してない

正規留学・交換留学を目指す方に伝えたいこと4選

知識量は問題ない、勉強量も問題ない、でもクラスにはなかなかついていけないなんてことは、日本人留学生によくあることかと思います。理由としては自分の英語力に自信がないために、ついつい遠慮しがちな学生になるというケースです。

本当は自分の意見があるにも関わらず、まぁいいか、しゃべっても聞き取ってもらえなかったらどうしようと悪循環に陥る学生もいます。あぁ、あいつは英語力が高くていいなと筆者も他人を羨んでいた1人です。最初のうちは仕方のない現象かもしれません。

しかし、留学生活に慣れるうちに皆さんは少しずつ気づきはじめるかもしれません。「あれ、こいつ英語はしゃべれるけど、頭がいいわけじゃない!」といった具合です。留学した当初は周囲がものすごく頭が良く見えたり、すごい英語が上手だからこいつはできるやつだと思い込みがちです。

しかし、皆さんも留学先に選ばれた能力のある学生であることを忘れてはいけません。みんな同じ土俵で勝負しているので、英語力以外は文化の差で、頭の良し悪しは意外とないのではないかと気づくことになるでしょう(もちろん中には天才のようなやつもいますが)。

英語力が高い=頭いいという図式が勝手に出来上がっているケースが多いですが、そんなことはないんだということは頭に入れておきましょう。

留学に行くときは自信過剰くらいがちょうど良いです。周りを見回して、英語力だけで凹むのではなく、学友と競い合ってくださいね!英語力よりもアイディアを出す創造力のほうがよっぽど重宝されますよ!

4、提出課題や試験の文法チェックは厳しい?

image03

さて、日本で英語を勉強してきた皆さんなら必ず気になるところといっても過言ではないのが、現地で自分の文法や表現が通用するのかということでしょう。もし自分の文法が間違っていたら、この表現が理解してもらえなかったら、と考えはじめると初めてエッセイを提出した夜なんて眠れたものではありません。

IELTSでどれだけ点数を取れても、文法が正しかったかまでは判定してくれませんので、実践でどれだけ評価されるのかは未知数です。そうなると自由に自分で文を作っていかなければならないエッセイでは、自分の英語力は大丈夫かと疑心暗鬼になってきます。

そうなりますと、知りたいことは文法の正しさによって自分の課題の評価は変わるのかということでしょう。あくまで筆者の経験則ですので、絶対とはいえませんが教授(点数をつける人)には2つのタイプがあります。

タイプAは文法や表現については寛容で、アイディアをベースとして採点してくれるタイプです。多少の文法間違いや表現の違和感に関しても、意味が通る範囲なら大丈夫かといった具合です。法学や言語学、教育学系以外の分野では比較的アイディアに基づいた採点が行われるケースが多いでしょう。

エビデンス(証拠)を用いてアイディアを発案立証して行くという流れが、実際にビジネススクールの採点方式では多かったです。

タイプBは文表現について厳しく、それによって各実に評価をさげてくるタイプです。もちろんタイプAのマーカーも評価基準表(課題発表時に提示されます)に照らし合わせて文法項目も勘案しているとは思いますが、あくまで人それぞれのさじ加減なので、曖昧さがあることを覚えておいてください。

もちろんアイディアが良くて、文法も問題ないことが一番です。エッセイはじっくり考えて、できる限りの文法チェックや表現を確認することが可能です。問題となるのが、プレゼンテーションでしょう。

フォーマルなプレゼンテーションはあなたを評価する場合ですので、態度から言葉遣いまで細かくチェックされます。スラングに普段の生活で慣れている留学生の方は特に気をつけていただきたい点です。

プレゼンテーションでは、We would like to present that……と始めることは問題ありませんが、We are gonna talk about…., we wanna, we gottaといった話調で話すことはNGです。イメージとしては教科書に載っている英語と同じくらい硬い英語を使いましょう。

普段は年上の人とであってもカジュアルに話しているケースが多いので、あまり気を使うことがないかもしれませんが、英語にも敬語表現や丁寧表現はあります。 プレゼンテーションは普段の英会話とは違いますので、点はしっかりと気をつけましょう。

まとめ

いかがでしょうか?正規留学や交換留学を目指す方に知って欲しい情報をまとめてみました。留学先では知らなければ損することもありますし、知って入ればすんなりと留学生生活に慣れることができ、授業でも活躍していくことができるようになります。

どうしても新しいことを始める場合には、ウォーミングアップは必要です。そのウォーミングアップ期間を渡航前に終わらせておけば、スムーズに留学先でも勉強に励むことができますし、現地でどうしたらいいかわからない!!と騒ぎ立てる回数も少なくなるかと思います。

留学前に進学先の情報はネットまたはFacebookのコミュニティで得ることも可能な時代ですので、集められる情報は集められる、できる対策は全て行なって行くことが重要です。

無駄に不安になることはせず、人事を尽くして天命を待つといったoptimistになることも留学を成功させる一つの秘訣ですよ!

その他、正規留学に関してのその他の記事はこちらから。
▶︎【語学留学vs正規留学】どちらの留学を目指すべき?留学別メリット・デメリット
▶︎日本人留学生が苦戦するのはなぜか!?海外の大学での学習スタイルはこうすべき!4つの対策方法
▶︎【イギリス留学】学校選択から出願まで!現地到着までの7ステップ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

イギリスの大学院生
とあるイギリスのビジネススクールに大学院生として在籍。
英語学習歴(高校生以降の自主学習のみの期間)は6年ほど。

当サイトでは英語学習のみならず、独学で勉強してイギリス大学院への合格を取り付けた経験、イギリスでの生活の様子、イギリスで就職活動をし米系企業の日本法人への勤務を決めた経験などを活かした記事を寄稿予定。

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here