海外留学

ワーホリ

独学勉強

フレーズ

留学したいけど費用が高い...それなら!?
spot_img
留学マナビジン英会話スクール国内留学ニセコ留学の費用・評判は?国内留学先としておすすめする理由5選

ニセコ留学の費用・評判は?国内留学先としておすすめする理由5選

突然ですが、みなさん「ニセコ留学」ってご存じですか?

ニセコとは、北海道に存在する複数の山岳丘陵地域の総称するエリアのことを指します。留学と名のつくものの、国内であるニセコで英語の勉強が出来るということです。

そんなニセコ留学。爆発的に人気があるんですよ。

ニセコ留学という英語学習を選択する人々は、確実に拡大の一途を辿っています。

今回は、そんな魅力溢れるニセコ留学について「ニセコ留学経験者の私」が概要、費用、口コミ評判などをご紹介したいと思います。

↓リゾバをするならスマ留がおすすめ↓
リゾバの公式サイトを見る

「留学で英語喋れるようになりたいけど、海外はちょっと怖い・・・」
「ニセコ留学って、結局のところ何が良いの?」
「ニセコ留学より、やっぱり本場の海外留学には勝てないでしょ?」

上記のような不安や疑問から、ニセコ留学に対して懐疑的な人々が多いのもまた事実。
本記事では、「ニセコ留学の素晴らしいメリット」にフォーカスした情報をみなさんにお届けしようと思います。

今回の話を聞くことで、ニセコ留学に対する不安が払拭され、ストレスなくニセコ留学に臨むことができれば幸いです。

ニセコ留学とは?


さて、本題に入る前に「そもそもニセコ留学とは何なのか?」ということを軽く説明しますね。

一言で言えば、「国内であるにも関わらず、限りなく海外留学に近い環境で勉強できる留学」のことです。

▼留学のメリットについて詳しく知りたい方はこちら
留学は意味ない?約5800人を調査してわかった留学のメリット

ニセコという場所で最も容易にイメージされやすいのは、ウィンタースポーツを楽しめるリゾート地なのではないでしょうか?

なんならそもそも聞いたことないって方も多いでしょう。そんなニセコですが、特に外国人の方々に非常に人気のリゾート地なんです。

「日本なのに普通に英語圏」と表現しても全く過言では無いほど国際色が非常に強いエリアで、海外からニセコを訪れる人々が後を絶ちません。

・飲食店でのやりとりはもちろん英語。
・宿泊施設でのやりとりももちろん英語。
・スキー場でのやりとりももちろん英語。

基本的に英語です。

他の国際的な地域が、外国人観光客に対してちょっと英語でサポートする、なんてものとは次元が異なります。ニセコは、土台そのものが「英語」なんです。そんなニセコにて、英語を学ぶ目的で留学することを「ニセコ留学」と称します。

少しグレーで曖昧な部分ですが、語学学校に入学して勉強すること以外に、リゾート地でのアルバイト、つまりリゾートバイトをして英語環境に身を置いて勉強することも「ニセコ留学」と表現されます。

ニセコのリゾートバイトの様子です。しっかりとした施設で働くことができるので安心です。

要は学校に入るだけがニセコ留学では無いということです!

学校でも仕事でも、極めて実践的な英語に触れることが出来るという点では、なんら変わりはありません。

なんとなくのニセコ留学のイメージの解像度が上がってきたのではないでしょうか。

ニセコ留学の5つのメリット

さて、ここからは本筋であるニセコ留学のメリットについてお話ししていきます。

実践的な英語のインプットとアウトプットができる

ひとつ目のメリットは、「実践的な英語が話せるようになる」です。

ニセコ留学では、前述したように国内でありながら英語圏のように英語でコミュニケーションをとることが前提にして土台となっています。

そんな環境に身を置いて生活をすることで、独学での座学の英語学習とは比べものにならないほどの良質なインプットが可能になります。

ニセコに存在する語学学校は、国内でもかなりの高水準なレベルのカリキュラムを備えている学校が多いんです。

そして、ネイティブの講師陣が豊富なんですよね。語学学校の質に関しても海外留学に決して遅れを取るレベルではありません。

そして、特筆したい点は「英語でのアウトプット」にあります。

乱暴な言い方をしてしまえば、インプットはニセコ以外の国内での独学でも、努力と費用次第ではある程度成立させることは難しくないでしょう。

しかしアウトプット、つまり「英語を実践的にコミュニケーションツールとして使う練習」に関しては、国内ではニセコ留学に比肩するものは無いと言ってもいいでしょう。

ニセコで生活する以上、どうしても英語で話さざるをえないシーンが多々あるということですね。

そんな環境でこそ「実践的な本物の英語」を磨くことが出来る訳です。

リゾートバイトで勉強しながら収入が得られる

ふたつ目のメリットは、「リゾートバイトで勉強と仕事を両立できる」ですね。ニセコでのリゾートバイト、今めっちゃオイシイんです。

今、ニセコでは働き手の数が圧倒的に足りていません。

コロナ禍であるにも関わらず、ニセコの人気は本当に止まることを知らず、年々訪れる観光客の数は増え続けています。魅力あるニセコなので当然といえば当然なんですが、問題は働き手の数が大きく足りていないんですよね。

近年ニセコにはホテルやコンドミニアムなどをはじめとした宿泊施設が大量に作られているのですが、働き手が足りずに稼働できていないというところが数多く存在します。

ニセコが賑わっている証拠ですが、ワーカーが足りていないことには変わりはありません。何が言いたいのかというと、今ニセコでリゾートバイトをすることは「オイシイ」メリットが多いということです。

働き口が多いということはそれだけ選ぶ選択肢の数が多いということ。

つまり、自分の条件にあった仕事を見つけやすいんです。

一例を挙げると

「ニセコで仕事したいけど、英語全然喋れないし、採用されなさそう・・・」

こんな風に考えて、ニセコでのリゾートバイトに敷居の高さを感じてしまった場合です。確かに雇う側の正直な心理としては「多少は英語を話せる人が欲しい」でしょう。

しかし、働き手が圧倒的に不足している今、その英語力に関するハードルは大きく下がっています!

「英語話せなくたって、やる気のある人なら是非きて欲しい!」というスタンスの雇い主が増えているということですね。

そもそもニセコという場所は、外国人観光客の人気リゾート地であると同時に、「英語を勉強するために訪れる留学先」という「ニセコ留学」というイメージがしっかりと根付いています。

留学先、というブランディングがしっかりできている場所なんですよ、ニセコって。
なので、英語が下手という理由でリゾートバイトにネガティブになる必要はありません。

英語勉強のための踏み台、くらいにリラックスした方がストイックな日本人にとっては良いバランスかもしれません。

宿泊施設や飲食店などが大半を占めますが、探せば様々な仕事の求人があります。今だからこそ、ニセコでのリゾートバイトは旨味が大きいのでオススメです。

国内なので、不安やストレスが少ない

3つ目のメリットは、「日本国内なので、ストレスが軽減できる」です。

当たり前のことですが、人間は慣れない環境に強いストレスを感じる生き物です。

「英語ノイローゼ」なんて恐ろしい言葉があるくらいです。英語勉強という目標をストイックに追いかけるあまり、強いストレスを感じてしまうということです。

私も海外留学した際、正直かなりのストレスを感じたものです。

上達しない英語に、見えない将来、金銭面の圧迫、孤独・・・。

そういった不安からストレスを感じてしまうと、どうしても英語の上達の速度は落ちてしまいます。何よりせっかくの留学が楽しくないですよね。

いくら国際色の強い英語の街とはいえ、日本語が共通言語であることには違いありません。留学先で多くの人々に出会うと思います。海外の方もいれば、日本の方もいます。

何かあったら日本語で助けを求めることが出来る、という点は馬鹿にはできません。海外では本当にひとりのシーンが多いため、つい色々と溜め込んでストレスを感じてしまいがちです。

でも、ニセコ留学は違います。

ふっと息を抜いて、日本語と英語のバランスを取ることができます。塩梅というかバランスが秀逸なところが、ニセコ留学のメリットだと確信しています。

治安の良さも大きなメリットのひとつでしょう。日本は世界有数の治安の良い国です。
某国での私の留学先の知り合いは、暴漢に絡まれて警察のお世話になっていました、怖いですよね。

日本でも皆無とはいいませんが、確実に他国より安心できる国でしょう。

英語圏だけど海外じゃない、ニセコ留学はその点も強いですよ。

アクティビティを楽しむことができる

4つ目のメリットは、「ウィンタースポーツなどのアクティビティを楽しむことができる」です。

正直、こっちをメインにして英語学習をサブにしてもいいくらいニセコでのウィンタースポーツはオススメできます。実際そういう日本人の方々は少なくありません。

「スキー楽しみたい!それでついでに英語話せるようになれたら嬉しい」みたいな感じです。

そういった肩の力が抜けているスタイルの方が、案外英語と仲良くなれたりするものです。

語学学校や仕事の合間に一級のゲレンデでウィンタースポーツを楽しめるという点は、あまりにも大きなメリットですよね。

仕事先によってはリフト代などの費用の割引きなどの融通をしてもらえるケースも少なくありません。

私の知り合いは、期間中スノーボードとウェアのレンタル・リフト代など諸々タダで利用させて貰ったと言っています。レアケースだとは思いますが、仕事の種類によっては不思議ではないでしょう。

英語勉強のリフレッシュの手段として、アクティビティを利用することは素晴らしいことだと思います。そういった息抜きは、確実にあなたの英語学習の速度を上げてくれますよ。

海外留学やワーキングホリデーの高品質な準備になる

5つ目のメリットは、「海外留学やワーキングホリデーへ行くための良い準備になる」です。

海外へ進出する前にニセコ留学で英語を学んで準備したい、という人はびっくりするくらい多いんです。

ニセコ留学は、海外に比べて留学コストを大きく抑えることが出来ます。

リゾートバイトで得た収入を今後の海外での留学やワーキングホリデーでの資金にすることが出来るので、資金面でもニセコ留学は人気なんです。

英語の上達も同様に、海外へ飛び出す前にある程度は英語を話せるようになっておきたいですよね。海外留学やワーキングホリデー前に、最短距離で英語力を上げることが可能なニセコ留学。

良い準備になることは言うまでもありません。

しかし、私が特に良質な準備になると思う点は、「海外へ行くマインドセットを作れる」です。

一言で言うと、海外留学やワーキングホリデーを成功させるための心構えを作ることが出来る、ということです。

ニセコ留学先には、良質な「生きた」情報を持った人が多く存在します。海外留学やワーキングホリデー経験者など、海外に明るい人はかなり多いでしょう。

そういった人たちから話を直に聞くことは、ネットや人づてに得る口コミ程度の情報とは天地の差があります。情報の整合性以上に、「自分にとって」本当に役立つ情報を血肉に出来ることに価値があると考えます。

もうひとつは、海外へ飛び込む予定のある同士と知り合うことが出来る点ですね。

前述しましたが、海外留学やワーキングホリデーの準備としてニセコに訪れる人は多いです。同じ志を持った人間と知り合って話が出来るのって、想像以上に刺激になりますよ。

何より、楽しくて嬉しいです。

マインドという少々曖昧な種類の話ですが、非常に大きなメリットだと確信しています。海外留学やワーキングホリデーなどを意識している人は、是非ニセコで良質な準備をしてみてはいかがでしょうか?

「ニセコでのリゾート留学+海外留学やワーホリ」を検討している方は、留学エージェント「スマ留」への相談がおすすめです。格安プランを用意しています。
スマ留で無料カウンセリングを予約する
*カウンセリング時に「ニセコのリゾバも検討している」と伝えると話が早いです。

ニセコ留学をする際の注意点

最後は、ニセコ留学前に少し気を付けて頂きたいことについてお話しします。

ニセコ留学をする最初のステップとしては、「留学エージェントに相談する」というのが凡例で無難でしょう。

「ここの学校はどうですか?ここの仕事もオススメですよ?」と色々と相談に乗ってくれる訳ですね。

お部屋探しの不動産屋さんのようなイメージです。見積もりを出すまでは無料のところが多いので、是非利用してみてください。

気を付けて欲しいことは、ニセコ留学詐欺です。
要は、学校として全く体を成していないにもかかわらず「ニセコの語学学校だよ〜」と謳い、授業ですらない悪質な授業で金銭を騙し取る詐欺のことです。

悲しいですが、ニセコ留学の爆発的な人気に便乗してこういった悪質な詐欺が増えています。語学学校だけではなく、リゾートバイトも同様です。悪質な内容の仕事を強引に斡旋してくる業者は、昔から後を絶ちません。

そういった詐欺の対策としては、以下になります。

しっかりとプロの留学エージェントに相談して、プランする

王道にして最も安心感のある対策です。

相手は相談のプロです、まず間違いなくおかしな提示はしてこないでしょう。

独断で学校と仕事を決めて道を切り開いていくことも、もちろん立派なひとつの手法です。

しかし、少しでも不安や疑問を感じる方は、留学エージェントに相談することをオススメします。

きっとあなたの納得できるプランを一緒に考えてくれますよ。しかし、逆を言えば、あなたが納得できないものであれば首を縦に振る必要はありません。

留学エージェントの意見を盲信して実行するのではなく、しっかりとあなた自身の心の声に耳を傾けてあげましょう。それさえクリアできれば、あなたのニセコ留学はきっと成功しますよ。

まとめ

さて、本記事では「ニセコ留学の素晴らしいメリット」について情報をお届けしました。

簡単にまとめておきましょう。

  • ニセコ留学とは、北海道のニセコというエリアで英語を学習すること
  • 実践的な英語のインプットとアウトプットができる
  • リゾートバイトで勉強しながら収入を得ることが出来る
  • 国内なので、不安やストレスが少ない
  • アクティビティを楽しむことが出来る
  • 海外留学やワーキングホリデー前の良質な準備が出来る
  • しっかりと留学エージェントに相談してプランする

総評すると、ニセコ留学がかなりの数のセールスポイントを持っていることが明白になりましたね。

そんなニセコ留学、恐ろしくオススメです。英語を勉強したい、スキーを楽しみたい、海外の情報を得たい、など様々な目的を満たすことが出来るニセコ留学。

あなたもニセコ留学してみませんか?

本記事によってニセコ留学への不安が解消され、ニセコ留学の魅力が伝わればこれ以上ない喜びです。ニセコ留学が、あなたにとって素晴らしい経験になることを確信しています。

PS. ワーホリや留学を視野に入れて、貯金をしたい、英会話の練習をしたい方には「スマ留」のリゾバがおすすめです。
国内でバイトを紹介するだけでなく、ワーホリで渡航後の仕事も用意してくれるプランがあります。

スマ留で無料カウンセリングを予約する
*カウンセリング時に「ニセコのリゾバを検討している」と伝えると話が早いです。

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

円安でも安く留学するならスマ留

円安の影響で費用が1.25倍!? でもスマ留ならまだ安い!

円安の影響で2年前に比べて留学費用は1.25倍(120円→150円)になりました。多くのエージェントが値上げをする中、実はスマ留はまだ1ドル120円台の価格で申し込めます!(10月時点)
留学に興味がある方は、今すぐ以下のボタンをクリック。

\ 30秒で無料カウンセリング予約できる/

11ヵ国の留学費用がすぐわかります。

同じカテゴリーの記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ9選【2024年】

この記事ではおすすめの「フィリピン・セブ島留学エージェント」を独自に厳選してご紹介します。 留学エージェントは、あ...

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

ワーホリ特集

ワーキングホリデー26ヶ国一覧表《2024》費用・期間・年齢・ビザ条件などまとめました

ワーキングホリデーという言葉を耳にしたことはありますか?旅行ではなく、現地の人と関わりながら一定期間現地で暮らしてみたい...

ワーホリエージェントおすすめ10選【2024年】実体験を元に徹底解説

「おすすめのワーホリエージェントが知りたい」と考えていませんか。 特に初めての海外渡航の場合、エージェント選びは慎...

ワーキングホリデーできない40代・50代【海外で働く】7つの方法

40代・50代の方、子育てなどのライフイベントが一段落し、新たなチャレンジを海外でしてみたいとお考えですか? 海外...

オーストラリアワーホリ【2024年】費用・仕事・ビザがわかる

最近、円安と海外旅行の再開の影響で、ワーキングリデー(以下ワーホリと略)が再燃しています。 特にワーホリの行き先として...

カナダワーホリ【2024年版】費用、出稼ぎ方法をご紹介!

「カナダのワーホリってどれくらい費用がかかるの?」 「出稼ぎでカナダのワーホリをするなら、どれくらい稼げるの?」 「...

おすすめ記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

英語の略語・スラング【168選】チャットやメールで使われる短縮表現まとめ

外国人とチャットやメールのやり取りをしていると、たまに出て来る意味の分からない略語(短縮表現)やスラング。 今回は...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?

あなたが英語を学ぶ目的は何ですか? ・転職・就職のため ・昇進のため ・外国人の友達が欲しいため ・必要に迫...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

新着記事

夏休みの親子留学【2024年版】費用、おすすめ4ヵ国がわかる!

「留学」と聞くと、高校生や大学生など、ある程度大きくなった年齢の学生の方が1人で行くイメージが強いかもしれません。 ...

アメリカ留学保険はどこがいい?現地で実際どのように使うか、実体験とともにお伝えします。

私はロサンゼルスに今学期から留学中の社会人留学生です。 渡米前のさまざまな準備の中で、ともすると疎かになってしまう...

月間英語ニュース【24年2月】英語力の上がるメルマガ、英検問題形式リニューアルなど8選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

EFを通じて南アフリカ留学へ!私の留学エージェントの選び方

私は現在都内大学に通う女子大生です。大学では国際関係学や発展途上国の社会問題等を学んでいます。 2022年度は大学...

大谷翔平選手がアンバサダーのECC英会話、海外留学も強い理由とは?

日本だけでなく、海外で有名な日本人としても挙げられるメジャーリーガーの大谷翔平選手。先日のMVP授賞式では、流暢な英語で...

Duolingo English Testの概要と対策は?5000校以上の大学で利用している今注目のAIテスト

テレビCMでもよく目にするDuolingo。無料の教育ウェブサイトやアプリを提供している企業です。とくにアプリは気軽に英...

月間英語ニュース【24年1月】子どもに留学させたい小学生保護者は〇割!?など16選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

月間英語ニュース【23年12月】世界大学ランキング、春休み留学プログラムなど17選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

英検準一級ライティングの直前対策!今すぐできる効果的な学習法

英語のボキャブラリーを増やすのは大変な努力と時間がかかります。英検準一級の過去問を初めて見た人は、横並びになっている4つ...

大学院留学向けJASSO奨学金制度【2024年版】応募要項と書類作成のコツは?

大学卒業を間近にしている大学3年、4年生の学生さんは、2020年春からの「コロナ禍」で海外留学を諦めた人もいるでしょう。...