海外留学

ワーホリ

独学勉強

フレーズ

留学したいけど費用が高い...それなら!?
spot_img
留学マナビジン海外留学アメリカ留学ワーホリはないけど働ける!?魅力たっぷりアメリカ留学と就労事情

ワーホリはないけど働ける!?魅力たっぷりアメリカ留学と就労事情

アメリカを舞台にした90年代の映画作品に、『グリーンカード』というロマンチックコメディがありました。

フランスから仕事を求めてやってきたジョージと、ニューヨークで単身のためアパートに入居できない独身女性のブロンティが、出会って書類だけの(偽装)結婚をするという、外国人永住権(グリーンカード)をめぐる恋愛ドラマです。

就労ビザが手に入らないと外国人は働くことが出来ないアメリカの就労事情。

この映画の結末はどうなったでしょうか?

それは記事の終わりに読んでいただくとして、まずアメリカの就労事情をざっと知っておきましょう。

グリーンカード=米国で発行される労働許可証、入国許可証のこと。これをとっておけば米国への出入国は自由で、滞在にも期限がなく、職業も自由に選択できる。スタート当初のカードがグリーン色であったことからそう呼ばれる。現在は白色。

アメリカで就労ビザをとるのは至難

アメリカのビザ
アメリカには米国籍の親族がいる場合や、企業のインターンシップ、駐在員、調理師などの資格を持っているなど、企業のサポートが入ったり、特別な能力(専門性や資格)がある場合を除いて、個人で就労ビザを取得するのはとても難しいという事情があります。

ざっといえばグリーンカードが映画の題材となるくらい、アメリカで働くのは至難のことなのです。

参考までに、アメリカの就労ビザには以下のような種類があります。

  • Eビザ 商用・管理職ビザ(企業貿易、投資など)
  • Hビザ 専門職・就労ビザ(広い範囲の労働)
  • Jビザ 職業研修・インターンシップビザ

ほかにも、スポーツ、芸能など特殊なビザ(Pビザ)や、短期商用ビザ(Bビザ)、企業内転勤ビザ(Lビザ)などがあります。さらにはグリーンカードのような永住を目的としたビザ、短期・長期出張用ビザ、配偶者ビザなどがあってとても複雑です。

では、日本の若い世代に人気の就労ビザともいえる「ワーキングホリデー(ワーホリ)」ならどうなっているでしょうか。実はこの便利な制度も、今のところアメリカとの間には存在しないのです。

知恵を絞れば法律の範囲で働く余地はある

困りましたね。アメリカ留学には渡航費や滞在費、それに毎日の生活費がかかっています。この負担を少しでも少なくしたいのは誰もが考えることでしょう。

大丈夫、知恵を絞れば法律の範囲、つまり合法的に働ける余地があります。

費用で足りない分は働きながら通学することを考えましょう。まず前提になるのは、学生ビザで働くことは禁止されているという事実ですが、それでも一定の条件を満たしていれば働くのは許されているのです。

いわば抜け道ですね。

学生ビザで働ける方法とは?

① 学校の中でアルバイトを探してみる

学生ビザで働ける「オンキャンパスワーク」と呼ばれる働き方です。一定の条件を満たしていればキャンパスの中なら留学中の就労が可能なのです。

学校内のアルバイトであれば条件付きで就労が許されているわけで、合法も合法、しかも学生ならではの健全な働き方です。一定の条件というのを見てみましょう。

・在籍して1年以上経過していること
・週に20時間まで
・カフェテリアや売店の店員、図書館のスタッフ、留学生オフィスといった学内の施設の 

ほか、チューター(教授のアシスタント)で働くことも含まれます。

② インターネットで仕事する

エンジニア
ネットを使って日本から来る仕事をするのも学生らしい働き方ですね。日本の仕事を請け負うのなら資格も必要なく、一番手軽なアルバイトになります。

すでに日本で働いているなら、その仕事をアメリカでも継続しながら勉強を続ける。

最近はビジネスマッチングのサイトが増えていますから、そこに登録して都合のいい時間にデザインやプログラム関係の仕事で稼ぐという方法があります。

③ OPTを取得して卒業後も働く

学生ビザ(F-1)では、アルバイトができるのは大学やカレッジのキャンパス内での仕事に限られ、キャンパス外で仕事をすることはできません。

しかし例外があります。それがOPTです。

OPT(Optional Practical Training)は卒業後に学位をとって最長12ヵ月間、一定条件を満たせば働けます。

インターンシップの立場で給料を得て就労するのです。職種が専攻科目に関係のある内容であることが条件となります。

ワーホリは現在29の国。アメリカとは制度化されていない

ここでワーキングホリデーの話に戻りましょう。

ワーホリは働きながら現地の生活を体験し、観光を楽しんで、仕事も出来る制度。日本のワーホリは、1980年にオーストラリアとの間で始まりました。

現在は29の国と、30歳までの若者を対象としてワーホリ協定が結ばれています。(※2021年9月1日現在)

29の国はどこも日本人学生にとって魅力のある国々であり、自分の夢や目標に合わせて行きたい国を選べばよいのですが、しかし、世界でもっとも親しい国といえそうなアメリカと協定がないのは不思議といえますね。

※コロナ対策のような事情で現在受付を停止している国もあります。早めに各国大使館や関係機関に確かめておきましょう。なお協定交渉中の国にはベルギー、イスラエル、ラトビア、マルタがあります。

人気のワーキングホリデー国

①オーストラリア
ワーホリで年間1万人も行く人気NO.1の国。カフェ大国なのでその関係の資格があると働くチャンスも多い。
オーストラリアワーホリ2024年版 費用・申請・仕事探し完全ガイド

②カナダ
治安が良く、現地の人の人柄も日本人には馴染みやすい。美しい自然を堪能するアクティビティーが魅力。
カナダワーホリ【2024年】費用、ビザ申請、仕事、条件など完全ガイド

③ニュージーランド
人間よりも羊の数のほうが多いとも言われている自然豊かな国。語学習得やアルバイトをしながら、ストレスフリーに過ごしたい方はぜひ候補に入れてみては?

④イギリス
就労期間の制限なし!仕事の種類もさまざま。若者たちの流行の発信地であり、多様なカルチャーを心ゆくまで楽しめる。
イギリスワーホリ【2024年】費用、ビザ申請、仕事、条件など完全ガイド

⑤ハンガリー
2017年からワーホリ協定に仲間入り。美術や音楽などの芸術好きにはたまらない国。地元民の交流の場として温泉もあるから要注目。ビザ発給数はまだ少ない。

ワーホリに関して詳しい内容はこちらをチェック!
>>ワーキングホリデー26ヶ国一覧表《2024年》費用・期間・年齢・ビザ条件などまとめました

ワーホリがなくてもアメリカが人気のある理由

アメリカニューヨーク
とにかくアメリカは、外国人が働くのを嫌う国だということは知っておいたほうがいいですね。

これにはいくつも理由があって、トランプ大統領の時代に国境に壁を築いた例があるように、移民国家という国の成り立ちからして違法移民は許さない、そのくせ歴史的にも違法移民による犯罪が多いこと、また同時多発テロの後遺症など、それらがミックスされて学生ビザも、就労ビザも近年例がないほど厳しくなっているのです。

この国にワーホリビザが導入されない傾向は、今後も続くと思われます。

それでもアメリカが留学先として人気があるのはなぜでしょうか。そして、それでもあなたがアメリカに留学する意味はどんなところにあるのでしょうか。

それはなによりも、どの国よりも高水準の教育制度が整っていることです。

アメリカに行けば最先端の知識と技術が学べるのは間違いありません。

将来アメリカの企業で働く夢があったり、語学力を身につけて世界中でビジネスチャンスを見つけたい人には申し分のない国、働くのは難しいが、留学先としてはピカイチ!それがアメリカなのです。

語学力や高度な知識、資格を身につけてよその国でワーホリする

アメリカには他のワーホリ協定国(日本を含む)にもない授業や専門資格を学べる環境があります。

そこでおすすめしたいのは、アメリカをステップにしてよその国で働くというコースを選択することです。

つまり、アメリカでしっかりとした語学力と専門資格を学び、その成果をよその国で使う。ワーホリを使って海外で働くメリットを最大限に活かすのです。

ステップアップの場所としてアメリカを利用するのは、日本の学生の一部にはすでに流行しているようで、たとえばオーストラリアのワーホリでは専門資格を評価されて就職した結果、月収80万円、100万円を稼ぐという学生の例もニュースになったことがあります。

また、MBA(経営学修士)をとっておけば、客観的に自身のスキルを明示できるため、世界共通の資格として就職や転職活動に大いに役立つでしょう。

J-SHINE(小学校英語指導者資格)があれば、教員免許を取得しなくても先生として子どもたちに授業ができます。海外ではもちろんですが、日本に戻ったあとも英語学校や幼稚園などの就職にも有効といえます。

そのほかにも国際弁護士、デザインやファッション、永住権看護師、PE(プロフェショナルエンジニア)などアメリカ特有の資格が多数あります。

以下に、アメリカで取得できる資格でワーホリ就職に有利な資格をあげておきましょう。

認定ベビーシッター、CPR(一次救命処置資格)、ファーストエイド(応急処置資格)、ハンディキャップ児童教員免許、ビジネスライティング、ベーシックイングリッシュ、イングリッシュスピーキング

まとめ:映画「グリーンカード」その結末は?

さて、映画の話に戻りましょう。2人は慌ただしく結婚証明をすませると、握手をして右と左に別れていきます。

努力の甲斐あってブロンティーはアパートの入居資格を手に入れ、ジョージは作曲家というふれこみでウェイターとして働くことになります。

だけど、その後もハラハラドキドキが続き、あるとき移民局の調査が入ったのをきっかけに、2人はグリーンカードを保証する証拠固めに共同作業に熱中していくことになります。

そこから観客の予想通り、2人は恋に陥り、結局はハッピーエンドで終わるのですが、ネットの映画レビューでもっとも多かったのは「アメリカの移民局は大変だね」というコメントでした。

↓アメリカ留学するなら留学エージェントもチェック!
>>アメリカ留学エージェント【30選】人気都市ランキング

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

円安でも安く留学するならスマ留

円安の影響で費用が1.25倍!? でもスマ留ならまだ安い!

円安の影響で2年前に比べて留学費用は1.25倍(120円→150円)になりました。多くのエージェントが値上げをする中、実はスマ留はまだ1ドル120円台の価格で申し込めます!(10月時点)
留学に興味がある方は、今すぐ以下のボタンをクリック。

\ 30秒で無料カウンセリング予約できる/

11ヵ国の留学費用がすぐわかります。

同じカテゴリーの記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ9選【2024年】

この記事ではおすすめの「フィリピン・セブ島留学エージェント」を独自に厳選してご紹介します。 留学エージェントは、あ...

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

ワーホリ特集

ワーキングホリデー26ヶ国一覧表《2024》費用・期間・年齢・ビザ条件などまとめました

ワーキングホリデーという言葉を耳にしたことはありますか?旅行ではなく、現地の人と関わりながら一定期間現地で暮らしてみたい...

ワーホリエージェントおすすめ10選【2024年】実体験を元に徹底解説

「おすすめのワーホリエージェントが知りたい」と考えていませんか。 特に初めての海外渡航の場合、エージェント選びは慎...

ワーキングホリデーできない40代・50代【海外で働く】7つの方法

40代・50代の方、子育てなどのライフイベントが一段落し、新たなチャレンジを海外でしてみたいとお考えですか? 海外...

オーストラリアワーホリ【2024年】費用・仕事・ビザがわかる

最近、円安と海外旅行の再開の影響で、ワーキングリデー(以下ワーホリと略)が再燃しています。 特にワーホリの行き先として...

カナダワーホリ【2024年版】費用、出稼ぎ方法をご紹介!

「カナダのワーホリってどれくらい費用がかかるの?」 「出稼ぎでカナダのワーホリをするなら、どれくらい稼げるの?」 「...

おすすめ記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

英語の略語・スラング【168選】チャットやメールで使われる短縮表現まとめ

外国人とチャットやメールのやり取りをしていると、たまに出て来る意味の分からない略語(短縮表現)やスラング。 今回は...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?

あなたが英語を学ぶ目的は何ですか? ・転職・就職のため ・昇進のため ・外国人の友達が欲しいため ・必要に迫...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

新着記事

夏休みの親子留学【2024年版】費用、おすすめ4ヵ国がわかる!

「留学」と聞くと、高校生や大学生など、ある程度大きくなった年齢の学生の方が1人で行くイメージが強いかもしれません。 ...

アメリカ留学保険はどこがいい?現地で実際どのように使うか、実体験とともにお伝えします。

私はロサンゼルスに今学期から留学中の社会人留学生です。 渡米前のさまざまな準備の中で、ともすると疎かになってしまう...

月間英語ニュース【24年2月】英語力の上がるメルマガ、英検問題形式リニューアルなど8選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

EFを通じて南アフリカ留学へ!私の留学エージェントの選び方

私は現在都内大学に通う女子大生です。大学では国際関係学や発展途上国の社会問題等を学んでいます。 2022年度は大学...

大谷翔平選手がアンバサダーのECC英会話、海外留学も強い理由とは?

日本だけでなく、海外で有名な日本人としても挙げられるメジャーリーガーの大谷翔平選手。先日のMVP授賞式では、流暢な英語で...

Duolingo English Testの概要と対策は?5000校以上の大学で利用している今注目のAIテスト

テレビCMでもよく目にするDuolingo。無料の教育ウェブサイトやアプリを提供している企業です。とくにアプリは気軽に英...

月間英語ニュース【24年1月】子どもに留学させたい小学生保護者は〇割!?など16選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

月間英語ニュース【23年12月】世界大学ランキング、春休み留学プログラムなど17選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

英検準一級ライティングの直前対策!今すぐできる効果的な学習法

英語のボキャブラリーを増やすのは大変な努力と時間がかかります。英検準一級の過去問を初めて見た人は、横並びになっている4つ...

大学院留学向けJASSO奨学金制度【2024年版】応募要項と書類作成のコツは?

大学卒業を間近にしている大学3年、4年生の学生さんは、2020年春からの「コロナ禍」で海外留学を諦めた人もいるでしょう。...