海外留学

ワーホリ

独学勉強

フレーズ

留学したいけど費用が高い...それなら!?
spot_img
留学マナビジンワーキングホリデーワーホリ体験談ニュージーランドワーホリで仕事が見つかる5ステップ!私がローカルカフェに就職できた方法

ニュージーランドワーホリで仕事が見つかる5ステップ!私がローカルカフェに就職できた方法

ニュージーランドでは、ワーキングホリデービザ所有者は就労の制限無く自由に働くことが出来ます。

そこで今回は、ニュージーランド現地で仕事を探すための準備や流れ、そして実際にどのようなお仕事に就けるかなどを詳しく解説していきます!

「ワーホリでニュージーランドに来たけど、仕事がない!」とならないようにするために、ぜひ、チェックしてみてください。

1. ニュージーランドのワーホリで経験出来ることは?自分の目標を設定しよう!

ニュージーランドを旅して自然を満喫

【まとめ】ニュージーランド留学エージェント28選&人気都市ランキング
ニュージーランドは小さな国なので、短期間での一周旅行も可能です。旅する若者のためのバックパッカーやホステルが充実しています。

国際免許があると便利ですが、バス旅(Inter City)でも十分に楽しむことが出来ます。

英語力を磨いて帰国後のキャリアに活かす

ワーホリに1年間行った人であれば、少し対策すればTOEIC800〜900取得は射程圏内でしょう。ただしそれは、本人が積極的にローカルのお仕事やコミュニティに飛び込む努力をした場合。

主体性を持った海外経験は、帰国後の就職・転職活動に大きく貢献するはずです。

ニュージランドならではの職種で働く

ニュージーランドは地産地消の国としても有名。そのためフルーツピッキングやファームジョブ、ワイナリーなど、季節労働の機会が豊富にあります。

大自然と動物達に囲まれながらの生活は、日本ではなかなか得られない貴重な体験となるでしょう。

ニュージランドの暮らしを楽しむ・のんびりする

現地での暮らしや人々との交流を存分に満喫するのも、立派な楽しみ方のひとつ。豊かな自然環境で生まれ育ったネイティブは寛容で優しい人が多いです。

のんびりとした時間が流れるこの国に身も心も溶け込んでみてはいかがでしょうか。

あなたがやりたいことは何ですか?小さなことでも良いので目標を持つと、あなたの海外生活がより充実したものとなるでしょう。

2. どうやってニュージーランドで仕事探しを始めればいい?

それではいよいよ、具体的な仕事探しの手順を見ていきましょう。

まずはレジュメの準備

フォーマットは自由!

海外のレジュメ(=履歴書)は日本の形式的なそれとは異なり、決まったフォーマットが存在しないのが特徴です。

作成はパソコンで、なるべくA4サイズ1枚に収まるようにしましょう。

私は現地に住む友人に頼んで、実際に彼女が企業に採用された際のレジュメを見せてもらい、レイアウトの参考にしました。また、海外では年齢、性別、顔写真などの個人情報は一切記載しません(それらの事項は差別に繋がる可能性があるため)。

おおげさなくらいの自己アピールがちょうど良い?

日本では謙虚さが美徳とされますが、海外では通用しません。控えめな態度は消極的と判断されてしまいます。なので、その企業に役立つと思われる自分の強みやスキルは、主張すべきアピールポイントとしておおげさなくらい堂々と書きましょう。

レジュメを直接配りに行く

断られても気にしない

レジュメの準備が出来たら、いよいよお店に配りに行きましょう!アポなしで突撃なんて、日本ではあまり見ない光景ですよね。最初は不安かも知れませんが、場数をこなしたら必ず慣れます。

経験者のみを雇っているお店も多いので「断られるのがデフォ」くらいに思っておくのが良いでしょう。お店側も求職者の対応には慣れています。

採用の可能性を上げるためには

訪問した際は、出来るだけ雇用主orマネージャー(採用の決定権を握っている人物)に直接会って渡せると、あなたの人柄も伝わりますし、読んでくれる確率も上がるのでベターです。

Is your manager available right now? I’m currently looking for a job.
(仕事を探しているのですが、マネージャーにお会いできますか?)

と尋ねると対応してもらえます。

面接 / トライアル開始

雇用主と会ってレジュメを渡せた場合、その場で面接→採用となるレアケースもありますが、通常は後日連絡と伝えられます。そして運良く連絡が来たら、日取りを決めて面接あるいはトライアルという流れになります。

トライアルは実際に職場で働いてみて適性を確認する試用期間のようなものです。働いた時間分のお給料もきちんと出ます。

ここでの立ち振る舞いが採用を左右するので、全力を出しましょう。

合格すれば晴れて採用です!

その他の採用方法

レジュメを直接配りに行く以外では、求人サイトから応募する方法もあります。

また、ジャパニーズレストランや日系企業を希望している場合は、現地の日本人向け掲示板に求人が載っていることが多いですのでチェックしてみましょう。

まぁ、何よりも手っ取り早いのはコネなんですけどね・・・。

ニュージーランドは圧倒的にコネ社会なので、現地の友人や知り合いからの紹介があれば、あっさり採ってもらえるでしょう。縁故に勝るもの無し。

真面目な日本人は海外で評価されやすい?

きちんとしている、丁寧、真面目といった点で、日本人はただ普通に働いているだけでも割と評価される傾向があります。そのあたりをアピール出来れば、採用の可能性はより上がるはず。

日本で当たり前とされている衛生観念やモラルは、海外のスタンダードでは無いのです。母国で培ったアドバンテージを存分に活かしていきましょう。

3. 現地で採用された際の注意事項

契約書を必ず受け取る

雇用契約書を交わし従業員がそのコピーを受け取ることは法律で定められています。書面が無く雇用条件が曖昧だと、後々トラブルに繋がる可能性があります。

従業員の権利を学び、把握する

最低時給(2023年4月以降は22.7NZD)やホリデーペイをはじめ、従業員としての権利が自分にきちんと与えられているか確認しましょう。

雇用法の詳細に関しては、ニュージーランド政府のホームページに全て明記されています。

こちらが移民であるからといって、理不尽な扱いや搾取をされないようにしましょう。自分を守るためには、自発的に知る姿勢が大切です。

4. ニュージランドの仕事の種類を解説!おすすめの仕事は?

ここからはニュージーランドで就ける主な職種をご紹介します。

クリーナー

ベットメイキング
必要な英語力★☆☆

ホテルの客室やゲストハウスの清掃業務。接客業に比べて英語を使う機会が少ないのと、常に人手不足の業界なので移民でも採用されやすいです。

ファームジョブ

ファームステイ
必要な英語力★☆☆

農業。仕事内容は牛のお世話からフルーツの箱詰めまで様々です。バックパッカーの掲示板で募集していることも多いですが、すでに働いている人からの紹介が一番確実です。

時間給か歩合制かは会社によって異なります。勤務が朝早いのが特徴です。

レストラン・カフェ

バリスタ
必要な英語力★★☆

飲食店でのサーバーやキャッシャーのお仕事。接客英語を身に付けられて、英会話力の底上げがしやすい職種です。

現地のお客さんとのコミュニケーションを通して、リアルな英語を学ぶことが出来るでしょう。まかないで食費が浮くのも嬉しい。

オーペア

オーペア
必要な英語力★☆☆

住み込みで子供の世話をする仕事。具体的にはご飯の準備、片付け、遊び相手、寝かしつけなど。子供相手なので簡単な英語でOK。

部屋が提供され、食事も出るので、生活費がほとんど掛からないのがメリットです。

時間給では無いので給料は出ません(お小遣いが貰える場合あり)。ホストファミリーとの共同生活を通して、現地の文化を肌で学べます。

5. 私のニュージーランド仕事体験記〜ローカルカフェ編〜

実際にニュージーランドで仕事を見つけた方法、それは・・・

お店に直接レジュメを配りに行くという方法です!

実はこういった原始的な方法は、意外とみんなやっていなく、また直接こちらの熱意が伝わるのでおすすめです。
そして、見事採用されました。

トライアル&接客英語を猛勉強

当時は人手不足だったようですぐにトライアルに呼ばれて仕事が始まりましたが、お客さんが言っていることが見事にちんぷんかんぷん・・(滝汗)
渡航後に語学学校へ3ヶ月通ったとはいえども、当時の英語力はまだまだ。

そこで私がやったのは「ひたすら暗記」です。

帰宅してから夜寝るまで、多い日は5時間位、フードとドリンクのメニュー、接客で使う英語をひたすら調べて暗記しました。

その結果、比較的スムーズに仕事内容に慣れることが出来て「覚えが早い」と褒められるまでになりました。

コーヒー作成&ラテアートにも挑戦

キャッシャーなどの基本業務に慣れてきた頃、オーナーに頼んで憧れていたコーヒー作りをやらせてもらえることに。YouTubeを使って独学し、お店で練習を重ねるうちに簡単なラテアートも出来るようになりました。

私がこの仕事を通して学んだことは「いかに準備が大事か」ということです。準備をすれば出来なかったことが出来るようになるし、チャンスも巡ってくる。

それはその後の人生の在り方にも大きく活かされています。

ワーキングホリデーは主体的に動けば動くほど自分を成長させられる絶好の機会です。そのためには、最初の一歩をエイッと飛び込む勇気を持つことが大事。

皆さんも現地で納得のいく仕事選びが出来ることをお祈りしております!

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

1週間7万円台で留学するならスマ留

例:マルタ1週間79,800円(授業料・宿泊費込み)
スマ留の体験談
スマ留で英語留学2
スマ留で英語留学3

留学エージェント「スマ留」を利用すれば、アメリカ、オーストラリア、カナダ、フィリピン、マルタなど人気11カ国に激安で留学できます。費用は「授業料+宿泊費+α込み」で1週間7万円から!しかも選ぶ学校によって費用が変わらないから安心です。
少しでも留学やワーホリに興味がある方は、以下からチェックしてみてください。

\ 30秒で無料カウンセリング予約/

\登録で英語フレーズ集をプレゼント/

こちらの記事もおすすめ

独学英語勉強法

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

勉強!経営者におすすめアマゾンプライムで見れるビジネス映画16選

企業で働くビジネスマンや経営者が観たい映画といえば、やはりビジネス関連の映画ではないでしょうか。 そして、海外出張...

新着記事

夏休みの親子留学【2024年版】費用、おすすめ4ヵ国がわかる!

「留学」と聞くと、高校生や大学生など、ある程度大きくなった年齢の学生の方が1人で行くイメージが強いかもしれません。 ...

アメリカ留学保険はどこがいい?現地で実際どのように使うか、実体験とともにお伝えします。

私はロサンゼルスに今学期から留学中の社会人留学生です。 渡米前のさまざまな準備の中で、ともすると疎かになってしまう...

月間英語ニュース【24年2月】英語力の上がるメルマガ、英検問題形式リニューアルなど8選

この記事では英語教育・英語学習に関連する情報をマナビジン編集部がセレクトし、コメントとともにお届けします。 ...

EFを通じて南アフリカ留学へ!私の留学エージェントの選び方

私は現在都内大学に通う女子大生です。大学では国際関係学や発展途上国の社会問題等を学んでいます。 2022年度は大学...

大谷翔平選手がアンバサダーのECC英会話、海外留学も強い理由とは?

日本だけでなく、海外で有名な日本人としても挙げられるメジャーリーガーの大谷翔平選手。先日のMVP授賞式では、流暢な英語で...