まるわかり。知っておきたい、欧米英語留学とフィリピン英語留学の違い

以前もここで紹介しましたが、2015年に約5,800人を対象に行われた「グローバル人材育成と留学の長期的なインパクトに関する調査」という調査統計があります。

この調査では留学経験で向上した能力、留学帰国後の就職やキャリアの影響、価値観・行動の変化、人生の満足度などについて留学経験者4,489人、非留学経験者1,298人に調査しています。

今回は留学経験で、その後の人生に大きくインパクトを与える価値観や、人生観がどう変わるのかについて統計を基に解説したいと思います。

日本には自分に自信が持てない人が多い

私は留学カウンセラーとして、30年にもわたって多くの留学希望者と話をしてきました。また、大学や地方自治体からの要請で、学生向けに講演も多くしてきました。

ある日本トップレベルの国立大学で、グローバル人材と留学というテーマで講演をして、日々グローバル化するアジア諸国の例を説明した後に「まず一度短期語学留学でもいいからして海外を見てみましょう」と訴えました。

講演の後、真面目そうな学生が「こんな私でも語学留学ができるのでしょうか?」と真面目に質問した国内最高峰レベルの国立大学のその学生を見て、現代の日本の若者の自己肯定感の低さを痛感しました。私の経験から、総じて他の若い人たちも同じように感じられます。

生まれた時から日本の不況が続き、大企業の倒産や大規模なリストラ、増加するニートや非正規社員などを見て育ったからでしょうか?出るものにはふたをする日本人のメンタリティのせいでしょうか?

ただ、バブルを経験した私たち世代が若かった頃は、若者ならではの理由もない自信を持つ人間が結構いた気もします。終身雇用が当たり前だった時代に、会社を辞めてアメリカの大学に留学した自分もその一人だったようです。

留学すると自分の可能性を再発見できる

私は、若いうちは自分にある程度の自信を持つべきだと思います。自信があれば勇気が出ます。勇気があれば行動することができます。行動すると成功や失敗の経験ができます。そしてその経験が自分を成長させるのです。

つまり自信がなく、勇気が持てず、行動できなければ自分を成長させることはできません。

前置きが長くなりましたが、この調査では留学が与える価値観や人生観へのインパクトについての調査があります。

【統計で検証】人生が変わる?留学のインパクト

【統計で検証】人生が変わる?留学のインパクト

【統計で検証】人生が変わる?留学のインパクト

上の調査結果からわかるように、留学の結果、どのような意識が高まったかという質問に対して、自己効力感(自分はやるべきことを実行できるという意識)が高まったとか答えた人が、留学経験者の場合、「強くそう思う」21%、「そう思う」53.3%で、留学非経験者は「強くそう思う」5.2%、「そう思う」35.0%になっています。

また、自己肯定感(自信)が高まったと回答した人は、留学経験者で「強くそう思う」21.5%、「そう思う」50.2%で、留学非経験者は「強くそう思う」4.7%、「そう思う」32.0%になっています。

留学経験者は非経験者より自信が強まり、行動するという意識が高くなっています。つまり留学によりその人の自己肯定感が高まって、より積極的に行動できる自分になれる人が多いということだと思います。

私のこのマインドセットの変化は、その後のその人の人生に大きなインパクトを与えるものだと確信しています。

本当の留学の成果ってなんだ?

留学して英語力がアップする、海外生活体験をして異文化を知り日本を外から見る、外国人の友人を作るなどなど、留学で得られる経験や成果はたくさんあります。でも、自分の人生の長さを考えると、留学期間よりその帰国後の人生の方が長いのです。

その長い帰国後の人生で、自分に自信が持て積極的な人生を送れる人と、自信がなく何事にも消極的な人生を送る人では、大きな違いが生まれのではないでしょうか?

だからこそ、留学したことによって生まれる自分への自信に対するマインドセットの変化は、その後の人生を大きく変える、留学の最大の成果だといえるかもしれません。

皆さんも思い切って留学を実行して、自信と実行力のある自分に変身して、自分の人生を変えてみませんか?

国際教育事業コンサルタント 
星野達彦

同じ筆者のその他の記事はこちらからどうぞ。
▶︎フィリピン希望者も必読!なぜアメリカ留学は一番人気なのか?
▶︎【留学生の数】文科省発表の倍以上!実は多かった日本人留学生の数
▶︎衝撃の【英語能力】調査結果!中学レベルが過半数!?日本人の英語力の実態とは

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
星野 達彦

国際教育事業コンサルタント
1960年東京生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどので講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。

著書に「こうすれなれる留学カウンセラー」、「英語はアジアで学べばうまくいく」がある。

2013年 厚生労働省委託事業「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」委員長
一般社団法人JAOS留学協議会事務局長
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
国際教育事業コンサルタント ライジング・スター代表 

ブログ:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ
http://ryugakuth.blog.fc2.com/
詳しいプロフィール

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here