セブ島の動画

セブ島留学

セブ留学準備

セブ基本情報

セブ5大観光

セブの楽しみ

セブレストラン

マナビジン オンライン留学 自宅で英語留学!オンライン留学メリット・デメリットと学校一覧...

自宅で英語留学!オンライン留学メリット・デメリットと学校一覧リスト

新型コロナウイルスの影響により、現在日本国内では外出の自粛、まして海外への留学は難しくなってしまいました。

そこで、海外の語学学校が提供を始めた新しい留学のカタチが「オンライン留学」です。

文字通り、留学をインターネット上で完結できる留学スタイルです。日本の自宅にいながらも、在宅で海外留学と同じ効果を得ることが可能です。

この記事ではオンライン留学とは何か、またメリット・デメリット、おすすめオンライン留学スクールをご紹介します。

自宅で出来るオンライン留学とは

オンライン留学とは
オンライン留学は、多国籍のクラスメイトと「グループレッスンで国際感覚を磨き」、担当講師と「マンツーマンレッスンで英語基礎力を向上させる」学習スタイルです。

「留学」という言葉が入っている通り、オンライン英会話との最大の違いは外国人とグループクラスで交流する機会がある点です。また、授業時間も全く違います。

オンライン留学
・フィリピン留学の場合
実際にフィリピン留学をすると、1日8時間の授業、そして宿題や復習で+2時間は英語に触れる時間んがありますので、1日に10時間前後は英語勉強が出来ます。

例えば1ヶ月留学の場合、平日だけでもなんと220時間(22日×10時間)になります。ちなみに、土日は外にでかけて英会話の練習をする方も多いです。

・オンライン英会話の場合
対してオンライン英会話の場合は、1日25分が一般的、中には2コマ受ける方もいますが、仮に毎日平日も休まず受講+2時間を自習に当てても1日3時間なら66時間(22日×3時間)。約3倍の差です。

海外留学は何が良いかというと、英語の勉強を、生活の優先順位1番に持ってくることが可能な点です。そうすることによって決められた留学期間は多くの方が挫折することなく、英語勉強に触れることができます。また、これだけ大量の時間英語に触れることになるので、一気に英語脳に切り替わる点もポイントです。

逆にオンライン英会話は海外留学に比べて、同じ成果を出すためには長く勉強しなければなりません。加えて優先順位が英語ではありませんので、日本語脳のままです。

するとどうなるか!?

効果が出るまで時間かかるため、途中でやめてしまう方が多いのです(たとえ力が着実に上がっているとしても!)。

オンライン留学ではどうか?

ではオンライン留学はというと、自宅にいながらZoomやその他の専用アプリを使い授業を行うことで、実際の海外留学と同じ勉強時間を確保し、同じ効果を得ることが可能です。
これは単純にオンライン英会話のまま、量を増やすわけではありません。

平日朝から夕方まで授業があり、復習は必要ですし、宿題も出ます。留学生同士の交流もありです。

リアルな海外留学との違いは、現地で体験ができるかどうかという点でしょうか。

授業カリキュラムも、1コマ50分が基本で生徒のレベルや希望に合わせて、学校が授業をカスタマイズしてくれます。先生も基本的に固定なので、オンライン英会話とは全く別のスタイルです。

もう1点オンライン英会話との大きな違いは、外国人生徒とのグループクラスがあるということです。授業を通して、外国人はどのような考えを持っているのか知るチャンスですし、実際に友達になることも可能です。

日中にまとまった時間が取れないという方は、短時間のコースや夕方以降受講できるコースもあります。

オンライン留学、オンライン英会話、そしてフィリピン留学の違いを表にまとめました。

オンライン英会話VSオンライン留学VSセブ島留学

こちらの表の通り、それぞれの英語学習方法にはメリット・デメリットがあります。
以下ではオンライン留学のメリットとデメリットをご紹介します。

オンライン留学のメリットとデメリット

オンライン留学のメリット

オンライン留学のメリット

1. プロ講師に教わることができる

オンライン留学で授業をする講師は、実際にリアルな授業も行っているトレーニングを受けたプロの講師です。

一般的なオンライン英会話の講師はトレーニングをまず定期的に受けていません。なぜなら自宅で授業を行っており、リモートでトレーニングをする機会がほとんどないからです。一人ひとりの先生にそれぞれトレーニングをしていたら、今のような安い英会話は成り立ちません。

また、雇用も安定していないため(要は正社員ではないため)、それぞれの先生の定着率は語学学校の先生たちに比べれば、明らかに低いです。

そのため、オンライン英会話スクール側では生き残る優秀な先生だけを確保しています。もちろん、それはそれで一つの方法ですし、受講する側はどの先生が人気があるか分かりやすいメリットもあります。

しかしながらその結果、オンライン英会話の最大のデメリットの一つ、「人気の先生が予約できない」という問題も発生しています。

「好きな先生の予約が今日取れない。でも新しい先生と会話するのは大変だから、今日は諦めて、明日いつもの先生のクラスを受講しよう!」

こう思う方も多いと思います。でもそれだと1日分のお金も時間も無駄にしてしまいますよね。だからといって全く素人の先生と英語学習をしても思ったようにはかどりません。ここがオンライン英会話を受講する側のジレンマといえます。

その点、オンライン留学は語学学校の現場で教えている先生で、学校がそもそもレギュラーの先生を確保しています。だからこそ、忙しくない時は先生たちは自主的に研修をし、質の高い授業を展開できるように備えているのです。

また講師は固定制なので、オンライン英会話のように毎回違う講師で挨拶から始まるというような時間の無駄もありません。

2. 生徒のレベルや要望に合わせてカリキュラムを作ってくれる

実際の海外留学と同じく、オンライン留学でも生徒のレベルに合わせて担当の講師がカリキュラムを作成し、授業を展開してくれます。英語を話せるようになるように、プロの講師が効果的なカリキュラムを作成します。

日本人スタッフに勉強の仕方など、悩み事を相談できるようなシステムを作っている学校も多いです。

そのようなシステムの何が良いのでしょうか!?

それは生徒の長期的な計画やスポットの試験など、ニーズに合わせて、授業展開ができることです。

オンライン英会話は全てが単発になりますので、その生徒の中長期的な英語計画を実行するにはやや不安定です。毎回同じ先生が同じ時間帯に授業を空けているかは分かりませんし、その予約が取れるかもわかりません。

それに対して、オンライン留学であればその生徒を担当する全ての先生が、生徒が決めたゴール設定、授業の新着状況、生徒の英語力の進展を共有します。先生も生徒も迷うことなく学習を行えるはずです。

3. 授業時間が決められているので続けることができる

オンライン英会話では、自分の希望する時間に予約して授業を受けることができます。
しかし毎日予約を取り続けないといけないこのスタイルはデメリットでもあり、続かない人が多いのも事実です。

あなたは毎回先生を選ぶために、時間をかなり使っていませんか?

中々決断できない方は、実際に累計すれば相当な時間を「先生選び」や「教材選び」に費やしている人もいます。時間がもったいないですよね。

一方オンライン留学の場合は、先生は決まっており、授業時間やテキストも決められているため、無駄がありません(苦手な人がいれば担当を変更することも可能)。スケジュール化していますから、途中でリタイヤすることなく、英語の勉強を続けることができます。

4. リアルな海外留学に比べて安い

学校に支払う留学費用は、フィリピン留学と同じ授業数にしたとしても半分以下で済みます。宿泊費用が必要ないからです。

さらにフィリピンへの渡航費、保険代、現地での生活費なども含めれば、1/3、または1/4ぐらいの金額でフィリピン留学と同じ授業数を受けることができます。欧米留学に比べれば更に安く収まりそうです。

オンライン留学のデメリット

では逆にオンライン留学のデメリットは何でしょうか?

1. 街中や学校内で英語を使う体験ができない

フィリピン留学(セブ島留学)の場合、授業時間以外でも街中で英語を使ってフィリピン人とコミュニケーションをとることができます。

例えば、レストランで注文したり、寮のガードマンスタッフとお喋りをしたり、授業で習った英語を講師以外にも試せるのが、海外留学ののメリットです。


また多国籍な学校なら、土日は日本人以外の生徒と遊びに行くこともあります。その場合のコミュニケーションは英語です。海外留学で仲良くなる友達は一生の友だちになる事も少なくありません。

特に欧米留学では比較的自由な時間が多い分、自分で積極的に午後、街中に出かけることで様々な体験ができます。

オンライン留学ではあくまでオンラインですので、五感の全てで体感できる海外留学に比べると、一度に受け取る情報は少ないです。簡単にいえば聴覚と視覚。残りの3つは海外留学で手に入るものですので、この点は海外留学に比べた場合のデメリットといえます。

しかし国際交流の点においては、外国人の生徒とも話す機会が作れるようにグループクラスや、授業時間以外に自由にオンラインで話せるルームを提供している学校もあります。

授業という枠内ではありますが、積極的に他の生徒との交流を図ることで、外国人の友達を作って英語で話すことは可能です。

2. オンライン英会話よりも、様々な犠牲が必要

オンライン英会話は空き時間に勉強する、いわゆる隙間学習的な役割があります。
忙しい社会人の方のために作られた英会話学習法といえ、毎日コツコツ学習することで英語を習慣づけることが出来るのが強みです。

日々変動するスケジュールに合わせて、最適な時間に英語が学べます。

それに対して、オンライン留学は1日最低3時間から8時間ぐらい、英語学習にコミットしてもらう形になります。

コミット型の英会話学習といえばライザップイングリッシュやプログリッドなどが有名ですが、あちらはどちらかというと、自習スケジュール+コーチングのスタイル。社会人は日々の仕事をしつつ英語学習にも力を入れるパターンです。いわば優先順位でいうと「仕事」があって次に「英語」という形です。

関連記事:全額返金保証付き!コミット型レッスンの英会話スクール5選〜東京都内からオンライン英会話まで〜

オンライン留学はそれらとは異なり、海外留学のように英語自体を第一優先におきます。そのため、留学までとはいきませんが、以下のオンライン留学を開催している学校のスケジュールを見ればわかるように、かなり多くのものを犠牲にして英語勉強をする必要があります。

「そこまでして英語を学ぶ必要あるんですか?」

私は「英会話を確実に身につけるなら、YES」です。

というのも、英会話の習得は私達が思っているより、はるかに習得が難しいからです。

一例を上げると、、、、

私は過去、フィリピン留学をしたときに一緒に入学した仲間に京大、早稲田、慶応などの超一流現役留学生たちがたくさんいました。

フィリピン留学は1日8時間英語学習をします。そのほぼ全てが英会話です(といってもそのクラスの中でフリートークをするわけではありません。文法やリスニング、ディスカッション、発音など様々な勉強を何から何まで英語でします)。

実際に私が通ってた時も1日8時間(週40時間)行われ、、1ヶ月で約160時間の勉強をしました。しかしながら、そんな現役大学生でさえ1ヶ月後、160時間の英会話中心の学習で流暢に喋れるようになったかといえば、、、、そうではなかったのです。

いったいなぜ!?

160時間といえば25分のオンライン英会話(約30分とします)を約10ヶ月間(320日)、休みなく続けた量です。結構すごいです。

基礎力があって効率よく学習できる秀才たちが、こんなに勉強しても英語を喋れるようにならないなら、私は一体どれだけ勉強すればいいのか、と当時悩みました。

欧米留学でも1年以上かかる
しかしながら、よくよく考えてみればどんなに優秀でも1ヶ月で身につかないのは、全く不思議ではない事に気づきました。

欧米留学をしている学生を思い浮かべてください。

彼らの多くは、学校や寮、ホームステイで英語がしゃべれないことによって辛い思いをしながら(ときには泣きながら、徹夜しながら、ホームシックになりながら)、24時間えいご漬けの環境で英会話を身につけています。

そんな欧米留学生でさえ、ある程度喋れるようになり始めるのが、半年や1年後と言われていますよね。

そう考えると、いくらフィリピン留学がいくらマンツーマンを1日8時間しゃべるとしても、半年〜1年勉強している欧米留学の人たちと比較すれば、1ヶ月の英語学習ではどう考えても足りるわけがありません。

数ヶ月は続ける必要があります。

仮に3ヶ月としましょう。そうすると、約480時間の会話量。
1日1時間のオンライン英会話では480日、3時間でも160日で約半年。25分の授業なら2コマを約1年半以上、6コマを半年以上、1日も休むことなく受講し続ける必要があります。

「480日間、オンライン英会話を毎日2コマ、受講し続けることができますか?」

もし厳しいのであれば留学のように、色々な日常生活を犠牲にして圧縮する必要があります。

そうでもしない限り英語を身につけるのは難しい、と念頭に入れて決断する必要があるのです。

個人的には英語を中途半端に勉強するぐらいなら、まずは仕事にガッツリ打ち込んで成果を出し、その後に自由に使える期間を数ヶ月用意してから、英語に打ち込む事をおすすめしたいです。もしくは大学生であれば休み期間、社会人でも転職の間でしょうか。

きっと英会話を身につけた方は国内であろうと、海外であろうと、どこかのタイミングで英語を優先順位の1番にした(人生=英語の)時期がきっとあったはずです。

どうせガッツリやるならオンライン英会話より、オンライン留学がおすすめです。
それは上記のメリットで書いたとおり、オンライン英会話にはない強みがいくつもあるからです。

以下では、そんなオンライン留学サービスを提供しているスクールをご紹介します。

おすすめオンライン留学スクール

QQ English オンラインキャンパス

QQ English オンラインキャンパス
セブ島留学日系最大手のQQEnglishが運営しています。QQEnglishは、元々セブ島留学以外にオンライン英会話も運営しており、授業はもちろん、オンラインでのレッスン提供のノウハウも豊富に持っています。

関連:国【QQEnglishオンラインキャンパス】とは?話題のオンライン留学を徹底調査

■特徴
・カスタマイズされたプログラム
留学同様に、集中してレッスンを受けれるプラグラム。プロの教師陣が適切な指導を交えながら生徒をサポート。英語でコーチング、学習指導受ける時間が定期的にあるため、勉強方法に迷いません。

・ホームワーク
各プランに合わせて、教師から毎日ホームワークが与えられます。音声に合わせたシャドーイング、ディクテーション等、ブラウザ上で行えるホームワークをこなします。

・日本人カウンセリング​
オンラインキャンパスならではの特典で、週1回日本人カウンセラーによるカウンセリングサービスを利用できます。英語学習に関する相談からオンライン英会話に関する疑問も相談できます。英語だけでなく日本語でもカウンセリングがあるため、長期的な計画や試験対策もたてやすい。

・生徒同士の交流
オンラインキャンパス在学生が英語でディスカッションしたり、英語プレゼンテーションを練習できる時間あり。
また、リアルなセブ島留学同様にオンラインキャンパス上でも、アジアやロシア人など世界中の英語学習の仲間を作るチャンスがあります。

■コースと料金
QQEnglish

その他「ビジネスコース」「TOEICコース」「IELTSコース」もあります。

■問い合わせ・申込み
公式サイトはこちら:https://qqenglish.page/onlinecampus/

classLive for Kids(クラスライブ for キッズ)

class-live
今まで海外留学でしか体験できなかった英語留学プログラムと、海外でしか体験できなかったグローバルスキルプログラムのオンライン化をしたスクール。

セブ島で日系語学学校を運営している株式会社ジージーが提供しています。
関連記事:お家で海外留学!手軽にオンラインでジュニアキャンプが楽しめる「Class Live」とは

クラスライブの様子 オンラインジュニアキャンプ
オンライン上にキャンパスを構え、小学校5年生〜高校3年生までを対象としたジュニア向けオンライン留学を提供しています。

金額は1週間7,700円からで、授業時間は3時間程度。更に午前中、午後、夜と3つの中から好きな時間帯を選ぶことが出来ます。

公式サイトはこちら:https://class-live.com/jr-online/

11talk

11talk
フィリピンでの学校運営のノウハウを活かして運営する、完全マンツーマンのオンライン英語教育サービスです。運営元はフィリピン留学の老舗である、韓国系語学学校Pines International Academyと、Cebu Blue Ocean Academyです。

■特徴
・担当講師制なので積み重ねが可能
講師が弱点を正確に把握することができるので、貴重な授業時間を自己紹介などに時間を割くことがありません。また、講師と距離が縮まりやすく、質問がしやすくなります。

・長年のノウハウに基づく授業
トレーニングを積んだPINESまたはブルーオーシャンの講師が授業を担当します。オンラインクラスに合った教科書を利用でき、画面共有やテキスト送信も使いながら勉強することができます。

■コース
・Speaking & Discussion
・IELTS Export Teacher
・Junior Speaking
など

■料金
・1クラス/日(平日)4週間、12,800円から
・2クラス/日(平日)4週間、22,400円から
・3クラス/日(平日)4週間、32,000円から

■問い合わせ・申込み
公式サイト:http://11talk.net/ja/

Kredo IT留学オンライン

Kredo IT留学オンライン
セブ島でIT留学を提供している語学学校「Kredo(クレド)」がオンラインにて、プログラミング×英語授業を提供スタート。

多くの卒業生が有名IT企業や外資系IT企業への転職、起業、フリーランスなど世界中で活躍しており、そんなKredoの授業をオンラインで受けることができます。

<おすすめの方>
プログラミングを習得したい、英語を習得したい方の中でも特に、

・ハイキャリアなエンジニアを目指したい
・人気のIT企業、大手IT企業、海外IT企業を目指したい
・エグゼクティブ層、キャリアアップを目指したい
・常に最先端の技術を使えるようにしたい
・世界中から案件を獲得できるようになりたい
・グローバルに活躍したい

という、通常よりも目標が高い方におすすめのオンライン学習サービスです。

[授業形式]
Kredo:◎ 毎日対面リアルタイム授業でみっちり学習
テックキャンプ:△ 基本的には自習で授業は週1回のみ
YouTube/Udemy:× 講師やメンターなどの人間を介さないためモチベーションが続かない

[授業内容]
Kredo:◎ 英語で学ぶ、フィリピン政府公認カリキュラム
テックキャンプ:△ 日本語で学ぶ、オリジナル教材
YouTube/Udemy:× 日本語、英語で学ぶことができるが、クオリティは保証されていない

[ゴール]
Kredo:◎ 最先端エンジニア、エグゼクティブIT人材
テックキャンプ:△ 国内IT企業へのエンジニア就職
YouTube/Udemy:× 独学のみでのエンジニア就職はかなり厳しい

■特徴
・“英語で”プログラミングを学び、卒業後は海外の開発拠点へのインターンにも挑戦できる
・他のプログラミングスクールとは違い、講師から手取り足取り直接指導してもらえる
・プログラミングと英語を同時に学ぶことで、最先端のエンジニア、エグゼクティブIT人材を目指せる
・1レッスン999円〜とリーズナブルな価格で受講することができる

<ほとんどの生徒がプログラミング、英語初級者>
・グループクラスは少人数で同じITレベル、英語レベルの生徒と構成
・いつでも日本人スタッフがチャットでサポート
・ITに特化した英語表現を最初に学ぶからIT授業も安心
・授業動画を保存し、いつでも復習し放題

■コース
2週間完結でWebページを作ることができるようになるWebブートキャンプコースがおすすめです。
その他、JavaScript、PHP、Ruby、Pythonなど、目的にあったプログラミング言語を学ことができます。

■クラス
社会人や学生など、日中に予定がある方は「夜間・土曜クラス」、転職活動中など、日中に時間がある方は「日中クラス」など生活スタイルに合わせ授業を受講することができます。

■料金
料金は1レッスン999円〜と、リーズナブルな価格帯で授業を受けることができます。

■問い合わせ・申込み
公式サイト:https://kredo.jp/online/lp/primary

ミライズ(MeRISE)

ミライズ(MeRISE)
レッスンは全て講師との1対1のマンツーマンレッスン(50分)です。月曜日から金曜日の朝10時から17時まで、平日は授業があります。

■特徴
・「フルオーダーメイド」レッスン
特定の教科書だけに沿うような授業は行いわず、現状のニーズや英語を使用されるシーン、弱点などにあわせてオリジナルのカリキュラムを作成してくれます。

・ビジネス英語が習得できる
講師は外国人に英語を教えるTESOLの保持し、定期的な勉強会やトレーニング等で常に最新の英語学習法を身につけています。

・日本人トレーナーの徹底サポート
学習方法や自習管理などの悩みを日本人トレーナーがサポートしてくれます。自己学習課題の設定や学習の継続状況を確認しながら、無理なく続けられる学習量の中で英語学習をサポートしてくれます。

■コース
・日常英会話コース
・ビジネス英語コース
・TOEIC/IELTSコース

■料金
・1週間集中プラン(30時間):60,000円(税抜)
・2週間集中プラン(60時間):110,000円(税抜)
・3週間集中プラン(90時間):160,000円(税抜)
・4週間集中プラン(120時間):210,000円(税抜)

※別途、入学金(30,000円税別)が必要です。

■問い合わせ・申込み
公式サイト:https://ryugaku.merise.asia/online2/

オンライン留学に関するまとめ

現時点ではこのモデルで提供している学校はあまり多くありませんが、今後増えていくことが予想されます。

また増えてきましたら随時更新して、リストを増やしていければと思います。

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。

私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

0
初心者向けのオンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中でご自身...