英会話勉強法ならマナビジン オンライン学習 オンライン留学【QQEnglishオンラ...

オンライン留学【QQEnglishオンラインキャンパス】とは?英語勉強方法や効果を徹底調査

皆さん、英会話は今までどんな方法で学んできましたか?

自習型でいえば参考書、youtube、ポッドキャスト、スタディサプリのようなアプリがありますし、英会話スクールで言えば、NOVAのような駅前留学、オンライン英会話、最近ではライザップイングリッシュのような自習+コーチング系もあります。

どのやり方が好ましいかは人それぞれだと思いますが、肝心なのは続けることですよね。

でも日本国内での英語学習を続けるには、誘惑がかなり多いのも確か。。。

「いや〜今日も残業が」
「家族と出かけないと」
「恋人とのデートが」
「大事な飲み会が」

本来、自習、オンライン英会話、英会話スクール、どれも続けることができれば効果があるに違いありませんが、海外留学ほど刺激的で面白い毎日をおくれるわけでもなく、強い縛りがあるわけではありません。挫折してしまう方が多いのが現実。

縛りといえば、コミット型のコーチングスクールに通う手もあります。
しかしながら、新型コロナウイルスの影響で通学は難しいですし、自学自習がメインの学習は楽しさより苦痛を伴います。加えて他の学習法に比べて高めなのもネックです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001742.000002581.html

実際にこちらのDMM英会話が行った「英語学習に挫折した理由」のアンケート調査によれば、「お金がかかる」「楽くない」「実践できない」「暗記(自習)が苦痛」などが挫折の大きな要因になっている事がわかります。

ではどうしたら英会話は上達するのでしょうか?

ズバリ、おすすめなのが

英会話を短期間で大量にこなすことができ、かつ周りの誘惑を自己ロックダウンできるぐらいコミットできる学習法です。

しかも、それなりに楽しくなくてはダメです。でなければ、次第に英語よりも楽しい事や私生活に影響することに移ってしまうからです。

「英語学習は辛いもので、楽しく学習なんて無理に決まってる・・・」

いえいえ、実はあるんです。

英語学習が苦痛の連続なんて、一体誰が決めたんでしょうか?

海外留学するように楽しく学びながら、かつ実践力もつけられる、それが「オンライン留学」という新しい英語学習スタイルです。

オンライン留学とは?

文字通り、語学留学をインターネット上で完結させてしまうというものです。
オンライン留学はある一定期間、基本的に時間固定でレッスンを受けるもので、実際の海外留学と同様にクラスを作って取り組むのが特徴です。

オンライン英会話や海外留学と何が違うのか

「オンライン英会話とオンライン留学は同じでは?」

似ているように思えますが、大きく違っている点がいくつかあります。

こちらの図でまとめましたのでご覧ください。
オンライン留学とは?

端的にいえば、オンライン留学は多国籍のクラスメイトと「グループレッスンで国際感覚を磨き」、担当講師と「マンツーマンレッスンで基礎力を向上させる」学習スタイルです。

オンライン英会話との最大の違いは、オンライン留学はあくまで「留学」という言葉が入っている通り、外国人とグループクラスで交流する機会がある点です。

ちなみに、オンライン留学はあくまで最近出来た造語のため、英会話スクールによって捉え方がまちまちですが、マナビジンでは上記のように定義しています。

今まで海外留学や一部の場所でしか、外国人と交流する機会がなかった英会話体験を、ネット上で気軽に出来るようになるサービスです。

今までの英会話スクール(オンラインでも駅前でも)、外国人の生徒同士で交流をする機会はありませんでした。なぜなら日本企業が日本で生徒を集めるため、日本人しか集まらないからです。

しかしながら、海外にある英会話スクールは、そもそも多くの国籍を受け入れてきた実績があり、それをオンラインに移行する事で「ネットでの多国籍な環境」が可能なのです。表記の「EFライブ」はその一例です。

グループクラスに外国人が入っているだけで、交流の楽しさ、深さは全然違います。そのため、一般的な英語学習に比べて、続けやすいといえます(恐らく、飲み会より楽しいはずです)。

また、プログラムもオンライン英会話に比べ「ガチ」な内容といえるでしょう。

今回ご紹介するのは、そんなガチなオンライン留学の中でも特にガチさ重視のもの。

その名もQQEnglishがリリースする「スパルタ式オンラインキャンパス」です。

筋トレ
*写真はイメージ、筋トレはしません。

QQEnglishスパルタ式オンラインキャンパスとは?

QQEnglishのスパルタ式オンラインキャンパスは、海外留学さながらの英会話レッスンを短期間で受けられるというものです。

ざっと特徴は、

・期間:1週間〜4週間程度(それ以上のプランもあり)
・マンツーマン基本ですが、グループクラスで生徒同士(外国人含む)で交流ができます。
・ビジネス、TOIECなどに特化したプランがある(試験直前の追い込みに最適)
・講師はプロの英語講師、しかも専属コーチつき。
・日本人講師とカウンセリングあり

といったところが挙げられます。

1. 学習プログラムは学校側が作成

オンライン留学では、最初に生徒のレベルチェックを行い、学習プログラムを立てて学習していくというのが主流です。

一般的に学習プログラムは、生徒と講師で相談して決めていくものが多いのですが…
このスパルタ式オンラインキャンパスでは、学習プログラムは学校側が作成します。

レベルチェックの結果をもとに、生徒が最短の時間で確実にレベルアップしていく最適な手段を学校側が作ってくれます。

2. レッスン時間は1日最低でも6時間

次にレッスン時間ですが、スパルタ式オンラインキャンパスでは1日最低6時間の学習時間を確保する必要があります。

下記に、1日あたりのスケジュール例をご紹介します(8時間の例)

QQ Englishオンラインキャンパスのスケジュール例
流れは「50分のレッスン×複数回 → 自習時間 → フィリピン人の専属コーチによるアドバイス → 再びレッスン」
まるで通常の学校に通っているかのようなスケジュールです。

3. ホームワークは毎日

上記のスケジュール内にも記載していますが、ホームワーク(自習時間)が設けられています。
ここは課題を担当コーチから与えられるもので、これも基本的に毎日こなさなければなりません。

勉強
適宜休憩時間はあるものの、ほぼ一日英語学習をしている感覚になるでしょう。

4. リフレクションタイムで弱点を徹底克服

自習時間のあとは「リフレクションタイム」。

ここでは課題の結果をコーチと共有し、英会話における自分の弱点を明確にします。いわゆるパーソナルコーチでですが、フィリピン人のため、ここでも英語で話す必要があります。
そしてその弱点を克服するためのアドバイスを得るのです。

勉強風景
そしてそのアドバイスをもとに、すぐ再びオンラインレッスンを実施。

と、こんな日々を繰り返していく形です。
オンライン英会話とは比較にならないほどハードな内容であることがわかりますね。

ただ、コーチがしっかり学習状況をチェックしながら進めてくれるため、無駄なく最短経路でスキルアップしていけるでしょう。

5. スパルタなだけでなく、週1回の日本人カウンセリングサポートもあり

上記を見て、ついつい身構えてしまった人もいるかもしれません。

「これ、果たしてやり切れるのだろうか・・・」

ご安心ください!スパルタ式オンラインキャンパスは、ただ厳しいだけではありません。
なんと週1回、日本人カウンセラーによるカウンセリングを受けることができるのです。

学習に関する質問はもちろん、進め方についての悩み相談のほか、どんなことでも相談OK。

決められたレッスンスケジュール、ハードな学習時間、濃い学習内容に音を上げてしまいそうになっても、丁寧にサポートしてくれる体制が整っています。安心ですね。

6. グループクラスで国際交流ができる

マンツーマンの授業やコーチング、カウンセリングなどで英語力を伸ばしていくのはもちろん、グループクラスを通じて国際交流ができるのもこのオンラインキャンパスの魅力です。

元々QQEnglishはセブ島留学で、日系でありながら様々な国籍の生徒がおりました。その集客力を活かしてオンラインクラスでも国籍を豊かにしていきます。
記事半ばでも書きましたが、日系企業でありながら、生徒の国籍を豊かにできる英会話サービスは、現時点ではほとんどありません。なぜならほとんどの英会話サービスは日本人だけをターゲットにしていたからです。

QQEnglishはオンライン英会話を日本人以外にも提供している、数少ない英会話スクールです。

オンラインキャンパスの価格

さてスパルタ式オンラインキャンパスの概要は理解いただけたかと思います。

それでは価格について一例をご紹介します。
いくつかプランがありますので、一覧にまとめました。ご参考にしてください。

QQEnglishオンラインキャンパスの価格

「スーパーライト」でも1日5時間レッスン…。他のサービスとの基準の違いを感じますね。

1時間あたりに直すと、4週間×1日5時間コースで、635円!(76,300円/120h)、自習時間を勉強しないとしても1時間あたり763円。

毎回、固定の先生をつけることができ、パーソナルコーチやカウンセリングも受けることが可能な事を考えると、だいぶコスパは良いです。

更に何と言っても通常のオンライン英会話では難しい、留学生同士の交流がグループクラスで楽しめるのはこのオンライン留学のスタイルだけです。

まとめ

今回はQQイングリッシュのスパルタ式オンラインキャンパスの概要と費用等をご紹介しました。

今までの自習や英会話レッスンではイマイチ効果を実感できなかった人も、これなら楽しみながら学習できるのではないでしょうか。
また英語関連試験の直前で集中して追い込みをかけたいという場合にも有効な手段になると思います。

ところで、このオンラインキャンパスは朝から夜まで行われます。そのため、

「日中仕事があるから私は難しいかな〜」

と思われた方もいるのではないでしょうか。

そういう方はどこかのタイミングで1ヶ月〜3ヶ月間、ガッツリ英語に集中する時間を作って、英会話力を急上昇させる事を強くおすすめします。

英会話を学ぶ上で、忘れてはいけないのが成長曲線です。

引用元:https://ymaxfree.com/real-rowth-curve-and-effort-line/

私の考えるところでは、英会話がある程度流暢になるまでに必要とされる時間は、どんなに少なく見積もっても500時間前後の英会話量が必要になります(根拠は別の機会に)。

そうなるとブレイクポイントは恐らく300時間〜450時間ぐらい。仮に300時間としても1日1時間のオンライン英会話では300日かかってしまうので、挫折してしまう可能性が高いです。

逆にブレイクポイントまで英会話が上達すれば、あとはオンライン英会話にその後戻ったとしても、メンテナンスをしつつ、少しずつ更に向上が見込めます。大変ではありますが、英会話が出来るようになった人は、大抵どこかのタイミングで集中的に英語を学んでいます。テレワークが推奨される今だからこそ、うまく対応して時間を作ってみてはいかがでしょうか。

QQEnglishオンラインキャンパスの公式サイトはこちら

斉藤 淳
斉藤 淳
マナビジンの編集長
セブ島留学を通じて自身が感動した「英語が伝わる楽しさ」「外国人とコミュニケーションをする楽しさ」を一人でも多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げる。

サイトはセブ島留学や英語学習を軸に、オンライン英会話に関するコンテンツや、フィリピンの政治経済なども提供。 単に英語を伝えるのではなく、文化的な背景や日本とのつながりをご紹介しながら、読者皆さんにお役に立てるコンテンツの提供を目指してまります。

留学経験はフィリピン、ハワイ、オーストラリア。

斉藤個人へのご質問、ご意見、ご要望がありましたら、jun@reminisce.jpへご連絡ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

イベント情報 / 8月22日開催

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...