マナビジン英会話英語フレーズ集NY在住ソムリエが教える、海外Fine Diningのための...

NY在住ソムリエが教える、海外Fine Diningのためのワイン英語フレーズ集とマナー【記念日に使える】

follow us in feedly

follow us in feedly

旅先のレストランで、ワインを頼んでみたいけど、英語でどう頼めばよいか分からない・・・という方に、NY在住のソムリエ資格を持つ筆者が、海外で楽しくワインを飲む際に役立つ英会話やちょっとしたマナーをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ワインにまつわるサービスやリクエストを英語で言うには?

海外旅行中に記念日を迎えるなど、ワイン好きの方なら、海外でFine Diningに出かけてワインを楽しみたいですよね。今回は、Fine Diningでのワインのサービスや、ワインの持ち込みをしたい時に使える英会話フレーズをご紹介します。

予約時にワインについて聞く

まず、事前に質問がある場合は、予約時に聞いてクリアにしておきましょう。また、レストランのHPなどにもPolicyなど詳細が書かれていることが多いので、予約電話の前に確認しておくと良いですね。

高級なお店でワインを持ち込みたい時は、その理由を伝えるとより良いでしょう。

It is my wife’s birthday. May I bring the special wine to celebrate it?
(妻の誕生日なのですが、特別なワインを持ち込んでもいいですか?)

It’s our 10th wedding anniversary. Is it acceptable to bring some special wine?
(結婚10周年なのですが、ちょっと特別なワインを持ち込むことは可能ですか?)

May I bring the wine bottle in advance?
(事前にワインを持っていって良いですか?)

Could you store the bottle to settle for a few days before I come in?
(私が来るまでの数日間ワインを保管して落ち着かせていただけませんか?)

Could I see the wine list online?
(HPでワインリストは見れますか?)

Could I order wine by the glass?
(グラスワインで頼めますか?)

(Can I ask) how much is the Corkage fee?
(抜栓料はおいくら(か聞いても良い)ですか?)

Do you have Dom Pérignon?
(ドンペリニョンはありますか?)

レストラン予約時に関する英単語
Corkage fee/Corkage charge・・・抜栓料金(持ち込み料金)
Store the wine・・・ワインを預ける
Settle the wine・・・ワインを落ち着かせる
In advance・・・事前に

ワインの持ち込み文化、BYOについて

レストランにお酒を持ち込みすることを、”Bring Your Own (wine)”で、”BYO”と言います。アメリカやオーストリアなどでは昔から馴染みのある文化ですが、抜栓料を払えば好きなワインを持ち込みお店で飲むことができるので、最近では日本でも人気のサービスです。

ただ、お店側からすると、お店のワインが売れなくなるので一度に何本も持ち込むのはあまりスマートではないので、注意してくださいね。

また、高級店ではワインリストが充実している場合が多いので、お祝いの席などで特別なワインを持ち込みたい際に利用しましょう。必ず事前確認とチップを支払うこともお忘れなく!

店内でワインのサービスについての英会話フレーズ

さて、レストランにやってきました。折角ワインを飲むなら、完璧なシチュエーションで飲みたいですよね。その為には、ワインをサーブしてくれるソムリエの人とうまくコミュニケーションが取ることが必要です。

基本的には、「Could you~?」を使って、リクエストを簡潔に伝えましょう。

Could you open the bottle 1 hour before the main dish?
(メイン料理の1時間前に抜栓してもらえますか?) 

Could you serve the white wine around 12°?
(白ワインは12度くらいでサーブしてもらえますか?)

Could you leave the bottle on the ice?
氷の上(アイスクーラー)にボトルを置いておいてもらえますか?

It’s delicious, but it’s a little warmer than I would like.
(美味しいですが、好みより少し温度が高いです)

It’s a little harsh, so could you decant this wine?
(ちょっと硬いので、このワインをデキャンタしてもらえますか?)

Could you check the wine before you serve it?
(サーブする前にワインの(ブショネ)チェックしてもらえますか?)

This wine is corked. Could we take a look at the wine list?
(これはブショネでした。ワインリストを見せてもらえますか?)

Could I get another glass for the next wine?
(次のワイン用に別のグラスをもらえますか?)

Could you give us new glasses for red wine?
(赤ワイン用に別のグラスをいただけますか?)

Do you have a bigger wine glass?
(もっと大きいグラスはありますか?)

Could I have the largest glass for red wine?
(赤ワイン用に一番大きいグラスをいただけますか?)

What is your house white/red?
(白ワイン/赤ワインのハウスワインは何ですか?)

Could you recommend a glass of white wine?
(白のグラスワインのおすすめはどれですか?)

レストランでは、ワインボトルを開けたら、まずホストのワイングラスにワインが少量注がれます。これはワインの状態が良いかどうかをチェックする為のものです。まず香りを確認し、少量口に含んで健全なワインであるかどうかを確認します。

もし、問題なければ、

That’s fine, thank you.
(大丈夫です、ありがとう)

It’s delicious.
(美味しいです)

などと答え、そのまま全員にサーブしてもらいましょう。もし、おかしいな?と思えば、遠慮なくソムリエに言いましょう。

This may be something wrong with this wine, could you check it?
(ちょっとおかしい気がするのですが、確認してもらえますか?)

I think it might be corked. Could I try another one?
(ブショネかもしれません。他のを試せますか?)

もし、持ち込んだワインがよくない場合は、
This might be corked. I’ll have another wine from your list.
(これはブショネかもしれません。リストから別のものを頼みます。)

ワインのデキャンタについて

若いワインの香りを開かせるためや、酸素に触れさせてまろやかにする為に、ワインをガラス容器に移し替えることをワインをデキャンタ(デキャンタージュ)すると言います。

お店のワインをオーダーする場合はソムリエがデキャンタの有無を判断すると思いますが、持ち込んだワインのデキャンタをして欲しい場合は、事前に伝えておきましょう。また、飲み始めてから頼んでも問題ありません。

ワインのサービスに関する英単語
Carafe・・・カラフェ
Napkin・・・トーション /ナプキン
Pour・・・〜を注ぐ
Drip・・・〜に一滴落ちる
Decant wine・・・ワインをデキャンタする
Sip・・・ちびちびのむ/一口のむ 
Swell・・・(香りを開かせる為にグラスを)まわす

ワインの状態に関する英単語
Corked・・・ブショネのこと。コルクの成分に由来するワインの欠陥。
oxidized・・・酸化している
clear・・・澄んでいる
cloudy・・・もやがかかっている様な感じ
harsh・・・硬い
opened・・・(香りが)開いている
closed・・・(香りが)とじている
length/finish・・・余韻
balance・・・バランス

会計時の英会話フレーズ

さて、楽しい食事が終わりました。もし、持ち込みワインなどをした場合は、きちんとお礼とチップを払って最後まで英会話も楽しみましょう。

Thank you for your wonderful service. We had a really good time.
(素晴らしいサービスをありがとう。とても良い時間を過ごせました。)

We haven’t finished this bottle yet. Could we take it home?
(まだワインを飲み終えていないのですが、持って帰ってもいいですか?)

Could we get a label of this wine? We’d like to keep it as a memory of this trip.
(このワインのラベルをもらえますか? 旅の思い出としてとっておきたくて。)

I’d like to make a reservation for next time.
(次回の予約を取りたいのですが・・・)

Do you accept Apple pay?
(アップルぺイで支払えますか?)

Could I pay the corkage fee separately?
(抜栓料は別で払えますか?)

ワインのサービスは誰から?

日本だと、宴会で女性がビールを注ぐ・・・なんていうシーンも、まだ見かけることがあるかもしれませんが、ワインはとてもレディファーストな飲み物です。

レストランでは、まず主役がいれば主役に注ぎ、その後女性から順番にワインが注がれます。男性の上司がいるからといって、このボスから・・・なんて言わないようにしましょうね。またFine Diningで手酌は厳禁。基本的にはソムリエがサーブしてくれるのを待ちましょう。

いかがでしたでしょうか?
今回は、レストランでのワインに関するサービスについての英会話フレーズをご紹介しました。ぜひ、海外でワインと英会話のどちらも楽しんでくださいね!

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

blank
Yukiko
大学を卒業後、大手ワイン輸入商社にて法人営業を担当。2019年よりアメリカ、ニューヨーク在住。 ・日本ソムリエ協会、ソムリエ ・WSET LEVEL3

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

ピックアップ

オンラインで受講可能なTOEIC講座【20選】短期集中TOEICスクール 2021年版

手っ取り早くTOEICの点数を上げたいと思ったら、TOEIC専門スクールの短期集中講座で学ぶのが、ほとんどの方にとって最も効率がよい勉強法です。 しかし、...

カテゴリー

人気記事ランキング

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly