「5年で海外で働く!を叶える」某有名ファッションブランドのニューヨーク本社勤務を実現させるまで|俺のセブ島留学

始めに

はじめまして!ビジネス英語講師の愛場吉子と申します。

このたび、当サイトにて12回にわたり、英語学習と海外生活に関する記事を連載させていただくことになりました。

私は2011年春に社会人大学院生としてコロンビア大学の大学院を卒業し、その秋からニューヨークのCalvin Klein本社のライセンスビジネス事業部に勤務しておりました。

2014年3月に夫の帰任に伴い帰国、現在はIT企業や外資系製薬会社をはじめとする日本の企業で、ビジネス英語の講師として働いています。

日本生まれ、日本育ち、二十歳を過ぎるまで海外に行ったことがなかった私が、アメリカの大学院を卒業し、アメリカ企業に就職するまでには、それなりの時間や努力(時に悔し涙)が必要でした。

けれども、目標に向かって一つ一つそれを乗り越え、得られた達成感、そして広がった世界や人々との出会いは、まさに・・・

it made all the effort worthwhile!(努力の甲斐があった!)でした。

私のキャリアパスと、これまで実践してきた英語&異文化コミュニケーションスキルの学習方法をシェアすることで、これからセブ島留学を経て、いずれは世界に羽ばたきたいと思っていらっしゃるみなさんへのヒントとなれば嬉しいです!

Unlock your potential, and get excited about your future!!
皆さんへのエールを込めて。

この連載で発信していく内容

  • ドメスティックな家庭から海外を目指す。大学で交換留学
  • アメリカでインターン。「5年で海外に戻る!」を誓って日本で就職
  • 仕事を通じて気づいた想い、「日本の英語教育を変えたい!」
  • コロンビア大学大学院を経て英語スピーキングの講師に。伸びる学習者とは?
  • 再びニューヨークへ。アメリカで就職活動。Calvin Kleinニューヨーク本社に勤務。

ドメスティックな家庭から海外を目指す

二十歳を過ぎるまで、海外生活と縁のない家庭に育った私は、高校のころから海外に住むことへの憧れを膨らませました。

あまり体が強くなかったこともあり、捨てた教科は多かった一方、英語の成績だけは落としたくなく、最低限やっていたことは 1)定期試験の英語科目の勉強 2)NHKのラジオ英会話を毎日聴く の2つでした。

子供のころから音楽(ピアノ、ギター、ヴォーカル)をやっていたせいか音には多少敏感で、英語らしい発音になるよう、ラジオから聞こえてくるネイティブの声に合わせて音読をしていたのを覚えています。

ある日夕食の準備をしていた母親が、私の英語を聞きながら「すごく流暢に読めるのね~。いい発音ね」、とうっかり前向きなコメントを発言。

調子にのった私はその後もノリノリになって音読練習を続けることになります(笑)。いやはや、ポジティブフィードバックって大事ですよね。(母に感謝!)

もっと後になってからですが、私の英語の発音を聞いた人から、「帰国子女ですか?」と聞かれることが時々ありました。

これは、のちの留学の効果もありますが、まだ頭が柔らかい十代のうちに、自分なりに英語のオーセンティック(本物)な音を真似て話そうと練習していたことが起因していると思います。

せっかくなので「音読、センテンスリピート練習の効果」についてまとめます。

― 聞いたままの英語の音をそのまま受け入れられるので、カタカナ英語を防げる
― 連結や同化など、英語の発音の特徴をつかみ発話することで発音練習となる
― 自分で発話できる=聞き取ることができる → リスニング力強化につながる

大学入学、交換留学の切符を手に入れる

大学は運よく第一希望であった筑波大学の国際総合学類に入学しました。

筑波大の国際を選んだ理由は、授業の半分が英語で行われる、国立で授業料が安い 等ありましたが、最大の魅力は・・・

『2年次末の選考で選ばれれば交換留学生としてアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパなどの海外の提携大学に1年間行ける』

という点でした。

その目標の為に、サークルやバイトなどもそれなりに楽しみつつも、交換留学の条件の一つであったTOEFLの勉強は大学1年生のころから始めたのを覚えています。

当時はまだペーパーテストだったので、問題集を中心に取り込み、また英語での選考面接に向け、英文スクリプトを作ってアメリカ人留学生に面接練習をお願いしました。今思うと恥ずかしくなる様なお粗末な内容でしたが、交換留学の切符を何とか手に入れました。

留学先、授業で奮闘

留学先はオハイオ州の州都コロンバスにあるマンモス大学のOhio State University。

「5年で海外で働く!を叶える」某有名ファッションブランドのニューヨーク本社勤務を実現させるまで|俺のセブ島留学

Ohio State University

アメリカの中でも、スタンダードと言われるきれいな英語を話す人が多い州で、アメフトやバスケなどのスポーツも盛ん、アメリカらしい大学生活を経験するにはもってこいの環境でした。

覚悟はしていたものの、授業はやはり大変でした・・・。

交換留学生は、現地の学生と一緒に国際関係学、歴史学などの単位を取る授業に出席するのですが、始めの3か月は授業のスピードについていけず挫折を味わいました。

ディスカッションで発言できない自分に情けなさを何度感じたことか。どんなに受験英語でよい成績をとっても、アメリカの高等教育現場では何の意味も成さない現実・・・。英語の実践力を付けるため、ここから私の立て直しが始まりました。

主にやったことは3つ。

― 予習をする。授業で扱う教科書の範囲をしっかり読んでから授業に参加
― 講義は録音して復習
― レポートは早目にやって提出前にできるだけネイティブに見てもらう

とても基本的なことばかりです。

今の私だったら「聞きたい質問をまとめておく」、「クラスディスカッションやプレゼンで自分の意見を言えるようにリハーサルをする」の2つを加えるのですが、当時の私はついていくことに精いっぱいで、積極的にクラスで発信をしていく余裕はありませんでした。

ぐんぐん伸びる日常英会話力

一方、ある程度の期間留学していると、授業の英語とは別に、日々の暮らしで必要な英語や、パーティ等のソーシャルな場面で使う英語の力はみるみる身についてきます。

私の留学中、ルームメイトはニューヨーク州出身のアメリカ人と、オハイオで小・中学を過ごした日本人留学生と私の3人。

「5年で海外で働く!を叶える」某有名ファッションブランドのニューヨーク本社勤務を実現させるまで|俺のセブ島留学

2人とも今でもかけがえのない友人です♡(郊外なのでこちらで免許も取りました!)

「5年で海外で働く!を叶える」某有名ファッションブランドのニューヨーク本社勤務を実現させるまで|俺のセブ島留学

ルームメイトの結婚式。Bride’s maid に。

ネイティブランゲージが英語である彼女たちと、寝食を共にすることで学んだ英語は沢山あります。

朝起きて“Hey, can you turn off the alarm clock?”から始まり、授業からドミトリーの部屋に帰ってくると“How was the class?”、夕方になると“What are we gonna do for dinner tonight?”と夕食の相談をし、夜バスルームを使い終わった人が“It’s all for you.” と次に使いたい人に声をかける、といった日常表現、そしてアメリカのスラング、ジェスチャー、ジョークなどの表現がどんどん入ってきます。

最近、社会人向けにビジネス英語を教えていると、学習者が・・・

「会議や交渉の最中は、ビジネスに関することだから会話が成り立つけれど、仕事から一歩出たシチュエーション(例えばミーティングのあとの食事など)では、ちっとも話ができなくて困る。」

という声をよく聞きます。

そんな人には「留学して一度違う文化の人達と生活してみてください」と言いたいところですが、現実的には容易ではありません。

そんな場合は、ファミリー向け海外ドラマなどをよく見て表現を学んだりすることをお勧めしています。

私がよく見ていたドラマの中でのお勧めはFriends, How I met your mother, The Big Bang Theoryなど。
30分で一話完結するタイプのシットコム(Sitcom=situation comedy)がおすすめ!

授業での奮闘や、ルームメート達と過ごす時間が功を奏して、留学3か月を過ぎたころから、英語が自然に頭にす~っと入ってくるようになりました。

特に、常に英語に囲まれて暮らすことでリスニング力が向上したのを実感、留学が終わりに近づく頃には、社交的な性格もあり、友人との集まりやホームパーティなどでは、身近なトピックについては自分からもかなり発信できるようになっていました。

「5年で海外で働く!を叶える」某有名ファッションブランドのニューヨーク本社勤務を実現させるまで|俺のセブ島留学

ホームパーティの時の写真

これから留学を考えておられる方は、留学先でとにかく現地の人と多く時間を過ごすことを強くお勧めします!

さて、次週は「アメリカでのインターンを経て帰国、「5年で海外に戻る!」を誓って日本で就職」をお届けします!

No2 – アメリカでのインターンを経て帰国、「5年で海外に戻る!」を誓って日本で就職

愛場講師の記事一覧はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

Q-Leap Inc. Corporate Officer
(& Principal Lecturer)
http://q-leap.co.jp/

筑波大学第三学群国際総合学類卒業
コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得
アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Kleinニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。

2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

著書:『英語のプレゼン直前5日間の技術』(アルク)

<資格>
M.A. in TESOL (Columbia University)
TOEIC® 990点(満点)
ACTFL Proficiency Test – Advanced High Level
アルク社 SST/TSST スピーキングテスト試験官・評価官
厚生労働省認定キャリアコンサルタント資格(CDA)

<趣味>
歌、ファッション、ヨガ、旅行

愛場 吉子氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。