「5年で海外で働く!を叶える」某有名ファッションブランドのニューヨーク本社勤務を実現させるまで|俺のセブ島留学

社会人から学生へ!

念願の教員養成の大学院、コロンビア大学ティーチャーズカレッジへの切符を手に入れ、2008年の初夏からTESOL Certificate Programがスタートしました。

No6 NYの熱い夏、学生に戻る。日本の英語教育は1世紀以上遅れていた!?|俺のセブ島留学

コロンビア大学のメインキャンパス図書館をバックに。映画でもよく使われるスポット

キャンパスは、マンハッタンのアッパーウェストサイド120丁目に位置し、当時住んでいたミッドタウンの自宅からは、地下鉄で15分ほどの便利なところにありました。

マンハッタンにいることをふと忘れさせるような広々とした敷地に、様々な学部や大学院の校舎や施設が並んでいます。

ティーチャーズカレッジは125年以上の歴史を誇り、その校舎も映画に出てくるような味のある建物です。中には教室やセミナーホールに加えて4階建ての図書館、ブックストア、カフェ、ダイニング、キャリア相談センターなど様々な施設が入っています。

私たちは月曜日~木曜日にかけみっちりと英語教授法に関する講義を受け、金曜日には教育実習を行いました。

課題と教育実習のレッスン準備の為、夜遅くまでクラスメートと図書館に残ることも多かったです。

ちなみに図書館は深夜11pmまで、テスト期間中は1amまで開いていました。

No6 NYの熱い夏、学生に戻る。日本の英語教育は1世紀以上遅れていた!?|俺のセブ島留学

125周年を迎えた歴史ある校舎(ティーチャーズカレッジ)

日本の英語教育は1世紀以上も遅れていた!? 

最初のクラスは“Classroom Practices & Practicum”で、レッスン計画、アクティビティの作り方、教材の評価の仕方、クラスルームマネジメント、フィードバック方法などを理論と実践で学べるクラスでした。

「最新の理論に基づいた、効果的なレッスンの実施方法を知りたい!」

と意気込んで臨んだにもかかわらず、自分自身が日本の学校で受けた英語の指導方法 ”Grammar-Translation Method(=文法訳読法)”が、アメリカでは主に17~19世紀に主流の古典的指導方法であったことが分かりガックリ…。

今日でも(日本を含め)この指導法が使われている国がありますが、この指導法だけに偏ると、その場で話したり、書いたりするアウトプットの練習が欠如する為、「英語を読めても、話せない、書けない」学習者が増えてしまいます。(どこかで聞いたような現状ですね?)

このクラスを受講することでよりコミュニカティブな英語指導方法の知識を得、それぞれの指導法の利点欠点も理解できたことは大きな収穫でした。

また、それを教育実習の場(以下の写真:Community English Program)で試す機会を貰えたことで、徐々に英語教師になる自信が持てる様になりました。

No6 NYの熱い夏、学生に戻る。日本の英語教育は1世紀以上遅れていた!?|俺のセブ島留学

教育実習したクラスの写真 (CEP=Community English Program)周辺地域に住むクラス様々な国籍の大人の生徒を対象とした英語プログラムを担当

多国籍、多様、多才なクラスメート

クラスメートにはアメリカ人、韓国人(←さすが英語学習大国!)が多く、その他、中南米、ヨーロッパ、日本からも少しずつ参加していました。

年齢層も幅広く、20代でこれから教師になることを目指す人もいれば、キャリアチェンジ、セカンドキャリアとして40、50代で参加している人もいました。

比較的同年代のクラスメートが多い日本の大学や大学院と比べ、文化や過去の経歴がまったく違うクラスメート達と一緒に学ぶ環境は、考え方の違いや表現の違いがとても面白く感じられました。

地元ニューヨーク出身のクラスメートはとてもディスカッションが上手で、私の多少「遠慮がち」な姿勢に対して突っ込んできました・・・

Yoshiko, what do you mean by “I understand your point…”? Speak like New Yorkers!(吉子、「あなたの意図はわかる」ってどうゆうこと?ニューヨーカーみたいに(遠慮せず)話しなよ!)」

5年半の日系企業生活で「傾聴」の姿勢をたたき込まれていたためか、「自分の意見をしっかり伝える」スキルが不足していたのかもしれません。

しかも沈黙を恐れるアメリカの文化では、間を取ることなく、畳みかけるように話にカットインすることが多く、タイミングを掴んで自分の意見をすかさず表現するスピード力も大事なスキルです。

短時間に自分の意見を素早く伝えるようになる為の練習

ストップウォッチを使って1分間スピーチをする。テーマは好きな映画についてでも、将来の夢でも、今気になっていることでもなんでもOK。

1分間、できるだけ止まらずに話し続ける練習を毎日やり、その都度録音。聞いてみて、文章が完全に崩壊して意味をなさない場合はやり直し。

この練習を継続することで、いいよどみが減る効果が期待できますよ。

英語力にある程度自信がある人は、今社会で起こっている事象に対する意見など、少し難しめのトピックにチャレンジしてみてください!

No6 NYの熱い夏、学生に戻る。日本の英語教育は1世紀以上遅れていた!?|俺のセブ島留学

クラスメートとキャンパス近くのバーにて

社会人経験を経て学生に戻る利点

日本では大学の学部を卒業後そのまま大学院に進学する人がとても多いですが、アメリカの場合はいったん社会に出てある程度経験を積み、そのうえで必要な知識や技能を深めるために大学院に進学するケースがとても多いです。

私自身5年半、社会人経験を積んだ上で進学したことで、大きなメリットを感じました。

何を学びたいか、なぜ学びたいか、学習目的が明確

経済的に親頼みだった学部時代と違い、投資対効果を真剣に考えて臨む(コミットメント!)

仕事の経験が、効率的な学習プロセスに役立つ*

*忙しい職場で優先順位をつけながら業務をこなしてきた業務プロセスや、ITリテラシー(ドキュメント作成力)、コミュニケーション力などが、大学院の課題やグループワーク、レッスンの準備などを進める際に役に立つ

多様な文化と経歴を持つ仲間と学んだプログラムを通じて改めて感じたこと。

それは「人は何歳になってからでも新しいことを始められる」ということです。

だから、初めに働いた会社で、「本当にやりたいこと」が他に見つかったら、そこから新しいやりたいことにチャレンジすることは大いにアリだと思います。

前の仕事が無駄になるわけではなく、その経験が次のステージでもきっと生きてくると思います。そして新しい夢を実現するために学生に戻って学ぶことが有効なら、それにもトライしてください。

It’s never too late to make a brand new start!

No5 –ニューヨークへ。英語教授法を学ぶべく、大学院進学を目指す

No7 – なぜ日本人は英語の発音が苦手?日本人の為の英語指導を学ぶ

愛場講師の記事一覧はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

Q-Leap Inc. Corporate Officer
(& Principal Lecturer)
http://q-leap.co.jp/

筑波大学第三学群国際総合学類卒業
コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得
アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Kleinニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。

2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

著書:『英語のプレゼン直前5日間の技術』(アルク)

<資格>
M.A. in TESOL (Columbia University)
TOEIC® 990点(満点)
ACTFL Proficiency Test – Advanced High Level
アルク社 SST/TSST スピーキングテスト試験官・評価官
厚生労働省認定キャリアコンサルタント資格(CDA)

<趣味>
歌、ファッション、ヨガ、旅行

愛場 吉子氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。