HOME英会話の始め方何から始める結局、英語は何をすれば話せるようになるのか!?

結局、英語は何をすれば話せるようになるのか!?

follow us in feedly

follow us in feedly

結局、英語は何をすれば話せるようになるのか!?

世の中には、英語を社会人になってから身につけて、人生を楽しんでいる人たちがたくさんいます。

一方、色々な教材、スクール、セミナーなどに多額のお金と時間を使っても、失敗を繰り返してしまう方々も多くいるのが現状です。
私も散々失敗してきました。。。

先日Amazonで調べてみたのですが、英語関連の書籍は4万冊以上出版されていました。

英会話のジャンルに絞っても4000冊以上です。
アマゾンにこれだけ書籍があるわけですから、「英語の学び方は書籍の数だけある」といっても過言ではありません。

英会話を学ぶ方法はこれだけある!

しかし、考えてみると不思議です。
英語は「ペリーが来航」してきた江戸時代から、学んできたはずなのに、どうして誰も決定的なやり方を提案できないのでしょうか?

TOTEIC990点、英検1級、帰国子女、勤務歴30年以上の英語講師、プロ通訳者などなど、アマチュアからプロまで数多くの方が様々な媒体で情報を提供しています。

英語勉強法も時代に合わせて最新のものに常にアップデートされています。

それでも誰一人、「これをやれば話せるようになります!」という決定的なやり方を伝えれる人はいません。

不思議ですよね。。。私も不思議に思います。

で、私は思いました。

なぜできないのか?

その答えを知るためには、成功者に聞くのが一番ではないかと。

そこで今回、英会話が流暢に話せるようになった160人にアンケート調査をしてみました。
英会話ができる160人にアンケート調査

まず、こんな質問をしてみました。

あなたは海外留学やワーキングホリデーの経験はありますか?
「あなたはワーホリや海外留学の経験はありますか?」と。

すると・・・

英会話の上級者160 人に聞きました

YESが76%!
海外留学やワーホリ以外にも、海外生活をしていた人たちも合わせると8割以上です。

統計とった私も信じられない数字です。

でもよく考えてみるとこの統計は必要ないぐらい、もっと身近な例があります。

ご自身の周りのお友達や同僚、上司などで英会話ができる人を5人探してみてください。

どうでしょう。
5人中、3人は海外留学や在住を経験した人たちではありませんか?

もし海外同様に国内でも英会話を身につけれるなら、統計結果はほとんど留学しない人たちのはずです。
なぜなら、海外留学する人たちは、日本人全体からすると圧倒的に少数派ですから。

しかし、ランダムに英会話ができる人をピックアップすると、半数以上が海外留学を経験しているのです。

こんな衝撃的な事実、なぜ今まで誰も言ってこなかったのでしょうか?

今回の統計結果を裏付ける他のデータもご紹介します。

英会話の情報を提供しているブロガー、YouTuberのプロフィールを読んでみてください。

私が英語学習系でグーグルで上位表示しているブロガー23サイトを調べたところ、13人が留学経験あり、5人がなし、5人がプロフィールが不明という感じでした。
13/18=72%です。

youtuberの英語学習系の人気登録者ランキング、トップから順に20名、30名調べてみましたが、日本人および、ハーフの方のみに絞っても、同様に7割〜8割が海外経験組でした。

実際、あなたが好きなYouTuberやブロガーは、海外留学経験やそれに準ずる体験をされている方ではありませんか?

更にこんなデータもあります。
ダイジョブドットコム 最も役に立った英語学習
転職サイト「ダイジョブドットコム」が、「英語力がビジネスレベルの方」300人に聞いたアンケートでは、圧倒的に海外留学や長期滞在が効果があったというデータもあります。

つまり、このことから分かるように英会話の勉強法において、、、、

「統計上、留学は最も成功確率が高い英会話習得法」

といえます。

ここまで読むと

「なんだ、所詮、海外留学じゃなければ英会話は身につかないのか〜」

と思ってしまうかもしれません。

ですが、ちょっと待ってください!

この記事を閉じる前に、せっかくですから2割の国内で英語を身につけた人がどんな風に身につけたか見てみませんか?

その結果はこちら

半分は独学、残りの半分は学校と仕事で身につけた人たちでした。

学校とは中学〜大学までを対象。インターナショナルスクールや、国際学科の大学のような、英語中心の環境で身につけた人たちのことを指します。
仕事とは外資系や上司が外国人など、こちらも英会話をしなければいけないような環境にいた人たちです。

ここまでで先程の海外組と合わせると約9割。

つまり、国内外問わず、、、

英会話が流暢になった人たちの9割が、そもそも「英会話」を喋ることが当たり前にある環境で、英語を身につけた。

ということです。

ぶっちゃけましょう。

この統計からわかることは、もしあなたが「英会話」をする環境を整えることを無視して、独学で(要はほとんど誰とも喋らず)、電車通勤や空き時間などを利用して、シャドーイングやリピーティングのような自習ばかりを行なっているなら、

大げさに言えば、あなたの成功確率は1割です。

誤解のないようにいうと、自習は必要ないという事ではありません。

実際に海外留学している組も程度の差はあれ、自習もしていた回答は見受けられました。しかしながら、自習は成功するための共通の答えではありませんでした。
少なくともアンケートからは、自習が一番の成功要因と答えた人はごく少数でした。

つまりどうすればいいか?
 

成功法則その1
英会話が当たり前にある環境を作る!

これが英会話を話せるようになる上で、最も重要なことです。

繰り返します。

英会話を身につけるには、学習テクニックや教材、集中力、体力、スケジューリング力、効率的な英語学習メソッドなどよりも、圧倒的に「英会話を毎日できる環境を整えること」が大事だということです。

「じゃあやっぱり留学なのか・・・」

しかしながら、ここで一つ疑問が湧いてきます。

そうなんです。

上記の統計はあくまで英会話力が「中級者以上になった人たちの約8割が海外組」なだけであって、「海外組の約8割が中級者以上」なわけではありません。

実はこの点でも今回の統計データでわかりました。

英会話が話せるようになった人と、そうでない人の違いに明らかな傾向があったのです。

160人に再び聞きました。

「人生で英語を1番に優先したことはありますか?」

するとその答え・・・・

YESが8割!

何と英会話を身につけた人たちの8割の人が、自分の人生の中で一時的にでも英会話の優先順位を1番にもってきた経験があるんです。

1番とはどういうことか?
具体的な口コミ2つを見てみましょう。

海外留学の成功事例
8ヶ月間、ロンドンに短期語学留学をしました。

午前中は英会話学校のレッスンに通い、クラスメイトとともに政治やビジネスに関係するディスカッションを毎日行っていました。午後はレッスンの復習や、クラスメイトと出かけたり、美術館や博物館に行って作品のキャプションをなるべく早く読むトレーニングをしました。

また、インターンシップや美術館のイベントなどにも積極的に参加し、自らを英語を話さなければならない環境に追い込みました。滞在していたアパートの大家さんやその家族ともほぼ毎日話す機会があったので、人生で一番多くの人と出会い、英語でコミュニケーションを取っていた時期ではないかと思います。ロンドンでは日本人と出会う機会も多かったですが、日本語では極力会話しないようにしていました。
(フリーランス こむぎさん)

海外にただ留学しただけではなく、自分自身で様々な人達に出会い、英会話をする機会を増やしながら、かつ日本語を使わないようにご自身で努力されたことが伺えます。海外留学の非常によくある失敗事例は「日本人同士で仲良くなりすぎてしまう」事です。

こむぎさんはそれを避け、英語の優先順位を1番にしていた事が伺えます。

続いて、国内で英会話を中級者以上まで持っていった方の事例をご紹介します。

国内学習の成功事例
リーマンショックの時に当時勤めていた職を失いました。
仕事の幅を広げていくために、外資系企業で働くことを希望していましたので、事務作業で困らないくらいの英語力はあったものの、会話をする機会がほとんどない状態を払拭するべく英語で話す力を強化することに努めました。

期間は新しい職に就くまでの半年間、集中的に。以前、社会人対象の大学主催の講座でお世話になった先生と連絡を取り、英会話のレッスンをお願いしました。
またスマホに英語ニュースアプリを入れて聴いたり、文章を見ながら発音練習を繰り返し地道に毎日少しずつ行いました。そこで学んだ言い回しや疑問点は英会話レッスンで出し教えて頂くようにしていました。
(会社員 nonpymamaさん)

職を失ったことを機に、英語に集中して取り組んだ方の事例です。英語の優先順位を1番に持ってきている事が伺えます。
その甲斐あって転職に成功し、新しい職場では仕事で英語を使用していて、外国人同僚と話す日々を送っているようです。

このように成功者たちの体験談を見てみると、英語の優先順位が非常に高かったことが窺えます。
海外留学やワーホリなどの海外組の優先度が高いのはうなずけますが、国内で英会話を習得した方々においてもその傾向が見られます。

また、優先順位が一番というと「1日の中で1番英語に時間を使う必要がある」と思われがちですが、必ずしもその意味ではありません。

例えば、あなたが無類のゲーム好きであれば、そのゲームをプレイする時間を確保するために、仕事を逆算してさっさと終わらせようとするのではないでしょうか。
それが優先順位1番ということになります。

統計データで8割の方が「英語を身につける事を優先順位1番においた」という意味は、まさにこの考え方です。具体的には以下です。

国内成功事例
会社で外国人の研修生を雇い入れるようになり、英語を喋る機会が増えたため、英会話を身につけることにしました。学生時代にしか英語に触れていない状況だったので、とりあえずは英会話スクールに通い、あとは自宅での勉強として毎日英単語を覚えるようにしました。おそらく英会話スクールが無い日は、平日土日問わず1日3時間くらいは勉強していたと思います。

学んだ英語で外国人の研修生と会話して、実戦練習もしっかりとしました。そうしたら次第に英語力がアップして言った感じです。だいたい9か月ほど努力して、外国人の会話がわかるようになり自分でも話せるようになりました。
(42歳会社員 たけっちさん)

たけっちさんが話せるようになったのは、英語の優先順位を9ヶ月間以上、1番にし続けた事例です。
外国人と英会話をしなければいけないくなったため、ご自身で英会話スクールに通われ、かつ仕事現場で実践もして英語を身につけています。

つまり、こういうことです。

成功する人たちは英語を身につけるまで、優先順位が高いままなんです。

グラフにするとこちら↓↓

逆に言えば、失敗する人はこのグラフのように優先順位が途中から急降下しちゃっています。

最初の数日は毎日数時間学習していたのに、1週間後、2週間後、気づいたらサボっていた・・・

あなたも経験ありませんか?

英会話が中級者以上の人たちの76%が海外留学か、ワーホリ経験者だった理由もこれでうなずけます。

国内にいればぶれやすい優先順位も、海外にいることで優先すべき選択肢が極端に減るため、優先順位がブレにくくなるのです。

海外留学でよくある失敗例は「日本人と海外で交流しすぎてしまうこと」が挙げられますが、まさに英語が人生で1番の優先順位ではなくなってしまった状態ですね。

あなたが今英語を勉強しているなら、ぜひ自問自答してみてください。

「私は今、英語を人生でいちばんの優先順位にしているだろうか?」

もしその答えが「はい」なら、あなたは英会話が出来るようになる可能性が高いと言えますし、「いいえ」なら英会話を身につけれない可能性のほうが高いといえます。

成功法則その2
英会話習得の優先順位を1位にする

まとめ

今回は英語が喋れる上級者たちがどのような共通点を持っていて、何を意識していたのかについて、統計データを元にお伝えしました。

英語が喋れるようになりたいと願うなら、教材よりもメソッドよりも、自習よりも英会話の環境づくりを最優先にしてみてください。

ご参考になったら幸いです。

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

blank
斉藤淳 / マナビジン編集長
マナビジンの編集長

TOEIC300点台、英会話力ほぼゼロの超初心者から、さまざまな試行錯誤した果てに2012年にフィリピン留学にたどりつき、4ヶ月の留学でやっと英会話力が伸びるコツを会得しました。

その後「英語が伝わる楽しさを、一人でも多くの方に知ってもらいたい!」という想いのもと、2013年から海外留学の魅力・英語勉強法・英語を使った仕事(英語の活かし方)などをテーマにしたこのサイトを立ち上げ、業界のプロフェッショナルとともにお届けしています。

英会話を習得してなんといってもよかったことは、人生が英語習得前より、はるかに豊かになったことです!

当サイトを通じて一人でも多くの方に、外国人とのコミュニケーションをする楽しさ、英会話の可能性を感じてもらえたら幸いです。

------
・株式会社reminisce 代表
・マナビジン、俺のセブ島留学の編集長
・フィリピン英語留学協会 会長
・セブ日本人会 理事

俺のセブ島留学もよろしくおねがいします!

斉藤の更に詳しいプロフィールはこちら

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

spot_img

【先着30名限定】マルタ留学応援キャンペーン
人気の留学エージェント《スマ留》では先着30名様限定で最大40,000円の割引キャンペーンを実施中!⇒詳しくはこちら

おすすめ記事

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

勉強!経営者におすすめアマゾンプライムで見れるビジネス映画16選

企業で働くビジネスマンや経営者が観たい映画といえば、やはりビジネス関連の映画ではないでしょうか。 そして、海外出張...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

トロント留学完全ガイド 基本情報から費用・おすすめ観光スポットまでご紹介

そもそもカナダってどんな国? カナダといえば、寒い・メープルシロップ・大自然というイメージが強いですが、知らないことの...

メルボルン留学徹底解説!魅力、費用、留学エージェントの選び方まで

「世界の住みやすい都市」として何度も上位に選出されているメルボルン。そんなメルボルンは留学先としても魅力的な都市なんです...

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly