2022年 1月29日 土曜日

「英語で夢を見る」は英会話習得の前兆か!?統計でわかる英語力と夢の関係性

Author

Categories

Share

英語で夢を見ることができれば、それはもうすぐ流暢に話すことができるようになる前兆かもしれない!?

私は2012年初めてフィリピン留学をした際、2ヶ月終わった頃に英語で夢を見ました。その後からグッと英会話力がアップした記憶があります。
そのことを周りの人たちに話すと、一定の割合で同じような経験を持つ人がいることがわかりました。

英語学習の成長曲線・ブレイクスルー
彼らに共通していたのは、「昼も夜もえいご漬けだった」という回答と、「最初は全然できなかったけど、(数ヶ月して)気づいたらできるようになっていた。」という回答です。

学習曲線が比例であれば日々の英会話力の進歩に気づくことができるはずです。しかし、現実はほとんどの人は気づくことができないことから、実際の成長はやはり、このグラフのようになると思われます。

となると、どこかで傾斜が変わり始める、ブレイクポイントなるものがあるはずです。

そして、そのブレイクポイントとは、ずばり英語脳の獲得です。英語脳という言葉自体はなんとなく曖昧な気がしますが、要は英語で無意識に物事を考えている状態です。
私たちは無意識化では日本語で物事を考えています。でももし、これが英語に切り替わったら急成長すると思いませんか? 

実際海外留学をして英会話を身につけた人の多くが、英語で考える英語脳を獲得しています。

ではその英語脳を獲得している状況というのは、どうやって把握すればよいのでしょうか?

そこで私は、このブレイクポイントを確認する方法の一つとして、「英語で夢を見る」がそのシグナルになっているのではないか? という仮設をたてました。
なぜなら夢は無意識下ですので、英語脳に切り替わっていたら、夢も英語で考えたり、喋っている可能性が高そうありそうだからです。

今回、英語で夢を見たことがある98人の方にアンケートを依頼し、初めて夢を見たときの英語環境や勉強方法、そして英語力との関係性を伺いました。

もし英語で夢を見ることが一つのシグナルなら、あなたも英語で夢を見ることを一つの目標にしてもよいかもしれません。

では実際の結果はどうだったのでしょうか。

アンケートが語る「英語で夢を見る」ことの真実

アンケートについての詳細は次のとおりです。

調査目的:英語で夢を見ることと、英語脳獲得やその後の英語力の伸びとの関係性
実施日時:2020年6月
調査対象:男性(28名)女性(70名)、計98名
調査方法:クラウドソーシング(ランダムで募集)
対象条件:英語で夢を見たことがある方かつ、しっかり初めて英語で夢を見たときの自身の環境を説明できる方

*当時の勉強環境、英会話環境を具体的に描写してもらい、回答が具体的でないものは調査対象から外しました。

アンケートに答えていただいた方たちの当時の英語学習環境は、以下の通りです。
・留学または海外生活経験者:36人
・英語学習に多くの時間を費やしている人:21人
・仕事で英語を使う人:10人
・洋画や海外ドラマが好きな人:12人
・その他・不明:19人

アンケートの質問内容

流暢に英会話がこなせ、なおかつ英語で夢を見たことがある方98人に、以下の2つの質問に答えていただきました。

Q1.英語で夢を見ることと、英語力の成長は関係性があると思いますか? 以下の選択肢からひとつを選んでください。

・大いにあると思う
・それなりにあると思う
・あまり関係ないと思う
・全く関係ないと思う
 
Q2.英語で夢を見ることができた理由は何だと思いますか?
初めて英語で夢を見たときの状況を教えて下さい。

アンケート結果

アンケートの結果は以下のとおりです。

Q1.英語で夢を見ることと、英語力の成長は関係性があると思いますか?

英語で夢を見ることと、英語力の成長は関係があると思いますか?

「おおいにある」と「それなりにある」を合わせると、実に 80.6%もの人が「関連性がある」と考えていることがわかります。「関係ない」と考えている 19.4%の人を大きく上回る結果となりました。

この結果からは明らかに、英語で夢を見たことがある方の大半は、夢を見ることと英語力の間に相関関係があると感じている実態が見えてきます。

もちろん、夢は潜在意識の支配する世界であるだけに、英語に関する夢を見たからと言って、その全ての夢を英語脳が誕生する直前のシグナルだと解釈するのは早計すぎます。

ですが共通していることは、海外留学など英語漬けの環境に身を置きながら英語学習に没頭する過程で見た「英語の夢」には、どうやら意味があるらしい、という事実です。

アンケート結果をもっとわかりやすくするために、回答者の英語学習環境ごとの回答についてまとめるたのが次の図表です。

英語で夢を見た方の当時の英語学習環境や勉強法

この結果を見ると明らかなように、「英語を日常的に使っている」「英語を集中的に勉強している」人ほど、英語力と英語で夢を見る体験との間に関連性があると考えていることがわかります。

では、それぞれの体験談を、もっと深く掘り下げてみましょう。「関連性がある」と感じているのはなぜなのか、「関連性がない」と考えているのはなぜなのか、その理由に耳を傾けることで多くの示唆(しさ)を受け取れます。

Q2. 英語で夢を見ることができた理由は何だと思いますか?

1. 「大いに関係あると思う(32%)」と回答した人の理由

共通点1:留学や仕事で海外生活経験のある人が多い。
共通点2:仕事や受験など集中的に英語していた時期が多い。

声1
英語だけの環境下に置かれたことが大きな要因だと思います。アメリカに留学した時、幸運にも日本人が一人もいない寮に入ることが出来ました。
そのおかげで英語漬けの日々が続き、初めは頭の中で日本語で考えてから英語に直して発言をしていましたが、2か月ほど経つと自然と英語で物事を考えるようになりました。そしてある晩、夢の中で家族と話している自分が全て英語を使っている姿を見て驚いて飛び起きました。
このように環境が変わって、その環境に順応してしまうと思考回路が変わってしまうことを感じ、また英語力が成長したことを感じました。
声2
アメリカに住み始めたことで、英語を話して生活をしている環境にあることが、一番大きな理由です。アメリカに引っ越して半年ほどが過ぎ、日常会話だけでなくニュースや音楽、書類関係も何もかも英語が当たり前になり、意識して英語を話そうとしなくても済むようになりました。
声3
最大の理由は、留学中で英語を話すということが当たり前になり始めた時期で、自分の中で脳が日本語モードから英語モードに切り替わるような時だったからではないかと思います。

2. 「それなりに関係あると思う(49%)」と回答した人の理由

共通点:「大いに関係がある」と同じく、海外留学や仕事、学生として英語の勉強をしている方が多い。

声1
英語で夢を見れた理由は、その頃の日常が英語漬けに近かったからだと思います。当時は外国人の恋人と付き合っていたので日常的に英語でコミュニケーションをする必要があり、とにかく英語で考えている時間が長かったです。
声2
英語で夢を見るようになったのは、ちょうど外資系の会社へ転職し、オフィス内に外国籍で日本語が話せない人もいて、しかも海外の取引先と英語でやり取りしなければならない環境に身を置くことになった頃からでした。 
英語ペラペラになりたいという願望はずっとありつつもなかなか上達せず、でも毎日英語は目に触れるし、どうしても使わざるを得ない環境だったので、必然的に通勤時間やお休みの日に英語の勉強をするようになりました。それが良くも悪くもプレッシャーになったのか、夢にまで英語が出てくるようになりました。
声3
英語で夢を視ることが出来た理由は、そのときの環境にあると思います。初めて英語での夢を見たときは、海外に住んで2ヶ月ほど経ったときのことでした。内容は詳しく覚えていませんが、フレーズははっきりと覚えています。It doesn’t matter.
朝になり起きたあとに、この言葉を発していた記憶があり、同じ部屋で休んでた友達が「夜中に英語でブツブツ言っていたよ」と夜中の様子を話ししてくれて 確信を持ちました。「あっ!夜中に夢の中で英語で会話していて It doesn’t matter を連呼していた」と。
日本にいたときにも大学で毎日英語の講義を受けて、帰宅後も英語の勉強。それなりに生活の中で英語に浸かっていたのに、日本では英語の夢は見たことがありませんでした。それが、海外で生活を始めて2ヶ月くらいで英語の夢を見るようになったのは、やはり環境の違いなんだろうなと感じました。

3. 「あまり関係ないと思う(16%)」と答えた人の理由

共通点:英語のドラマや映画を観た後、また仕事で英語を使った時という回答が多い。

声1
その日は映画館で日本語字幕の映画を観て、その後立ち寄った飲食店で、近くで何かイベントがあったのか、外国の人が多く訪れており、店内の会話のほとんどが英会話に聞こえる状況だった。そのため、なんとなく自分の脳に英語の会話の雰囲気が残っていたのだと思う。
夢の中ではペラペラと、あらゆる人と意見を交わしていたのだが、起きたら英語で話している夢だとは思ったが、何について自分が話したのかわからず苦笑してしまった。
声2
英語の夢を見れた理由は、英語を勉強していたことに加え、英語の環境に熱中していたことだと思います。私が英語の夢を見たのは、「プリズンブレイク」という海外ドラマにハマっていた時期です。
毎回ハラハラする展開、主人公の悲しい生い立ち、度重なる苦難に立ち向かう姿にのめり込んでいました。これはただ勉強していたという状況ではありえないことだったと思います。大した会話はできていなかったと思いますが、主人公の仲間の一員として会話していました。
声3
仕事で国際系の現場に入った時、自分と同じスタッフも来場者もほぼ全員が5日間通してほぼ英語で会話していた。
もちろん自分も困らないように事前にQ&Aを作成して翻訳サイトに入力して発音を勉強し、分からない時は英語の堪能なスタッフに聞いたりして慣れないながらも必死で英語で会話をしていた。そんな状態で2~3に日経った時、いつものように英語まみれの仕事場から帰り疲れが溜まった状態で眠りについたら夢の中での会話も英語でした。

4. 「全く関係ないと思う(3%)」と答えた人の理由

共通点:海外旅行の思い出として夢に現れた。
共通点:憧れや話せなければならないというプレッシャー。

声1
初めての海外旅行に行ってからそんなに日が経っていないときに夢を見ました。夢を見れた理由は、海外旅行に行ったときのことをまだしっかり覚えていて、自分が海外にいることに違和感を感じていない時期だったからではないかと思います。
また、海外旅行に行った時の出来事が当時の自分にとってはかなり印象的で、簡単には忘れられないものだったので、夢の中でも英語での海外が出てきたのではないかと思います。
声2
子どもの英語教室の先生がやっているという1時間500円の英会話カフェに行った日の晩に、英語でしゃべる夢を見ました。
ちなみに私はほぼ英語がしゃべれなかったのですが、そのカフェに一緒に行ったママ友はびっくりするくらい英語がペラペラでした。カフェにいた外国人の方とも英語で盛り上がり、ママ友は大いに楽しんでいました。
そんなママ友の姿に大いに刺激されたせいで、英語でしゃべる夢を見たのだと思います。夢の中で私は流暢に英語を話していました。
声3
ホテルのフロント業務をしている私が、多くの外国人観光客を相手に流暢な英語で話をしている夢を見たことがあります。
当時、都内のホテルに転職したばかりの私は会社の指示により、毎日のように仕事が終わると英語学習をしていました。恐らく、日々の慣れない学習にストレスとプレッシャーを感じていたため、そんな夢を見たのかもしれません。
ちなみに、その時点での私の英語能力は中学生レベルにも及ばないもので、日常会話などとても出来る状態ではありませんでした。英語力の成長と夢は全く関係がないようです。

以上、 「英語で夢を見ることができた理由は何だと思いますか?」との質問に対する回答のいくつかを紹介しました。

98人の全コメント

*初めて英語で夢を見たときの状況を教えて下さい。

性別名前英語で夢を見ることと、英語力の成長は関係性があると思いますか?reason
男性nobuo大いにあると思う2011年からアメリカの大学に進学していました。 渡米してから約4カ月たった1つ目のセメスターが終わるころ、初めて夢の中にアメリカ人の友人が出てきて、英語を話している夢を見ました。

このころには映画を字幕なしで見られるようになっていましたし、日本語に触れる時間も減っていたので、脳内が無意識に英語を使うようになっていたと思います。

もちろん毎日英語の夢ではありませんが、その頃から週に1~2回は英語の夢を見るようになりました。
男性タクト大いにあると思う英語が特別な言語ではなくなり、自分にとって身近な言葉になりつつある瞬間から英語の夢を見るようになりました。

さらに分析して具体的に言えば、おそらく外国人と会話するときに日本語→英語の変換がなくなり、英語で何を言おうか考えられるようになった時からかなぁ、と考えます。

もちろん、毎日そう言った夢を見るのではなくまだごくたまにですが。 特に仕事関係で英語を使う頻度が増えるに伴い、英語の夢を見る機会も増えていっています。
男性マツイ大いにあると思う高校生2年生だった3年前に、通っていた私立高校の提携校であるアメリカのサンフランシスコにある高校に留学することになりました。留学制度があることは知っていましたが、自分では希望していませんでした。予定していた同級生が家庭の都合で行けなくなり、急遽私が行くことになりました。

出発までは3か月余りしかないので、マンツーマンの英会話教室に通うことにしました。平日の3日は2時間、土曜日は4時間の特訓を受けました。通学の電車の中でもレッスンテープを聞き続ける毎日を送っていたら、ある日、アメリカのスーパーマーケットで欲しかったナイキの靴を買うために店員と英語で話す夢を見ました。

夢の中では十分なコミニュケーションが取れていました。自分の英語力に自信が持てた瞬間でした。一生懸命に打ち込んだことが英語で夢を見ることに繋がったと思います。
男性JS大いにあると思う英語だけの環境下に置かれたことが大きな要因だと思います。アメリカに留学した時、幸運にも日本人が一人もいない寮に入ることが出来ました。

そのおかげで英語漬けの日々が続き、初めは頭の中で日本語で考えてから英語に直して発言をしていましたが、2か月ほど経つと自然と英語で物事を考えるようになりました。

そしてある晩、夢の中で家族と話している自分が全て英語を使っている姿を見て驚いて飛び起きました。このように環境が変わって、その環境に順応してしまうと思考回路が変わってしまうことを感じ、また英語力が成長したことを感じました。
女性BM大いにあると思う家族の都合でアメリカに住まなくてはいけなくなり、現地で語学学校へ通い英語の勉強を毎日して、外国人の友達もできました。テレビも英語で見て一日中英語漬けでした。最初は、話したいことを日本語で考えて、英語でどう言うかを翻訳してから話していました。

そのうちにだんだんと物事を英語で考えるようになり、夢も英語でみたりするようになりました。

自然と頭の中で英語で考えるようになると夢も英語で見るようになると思います。
女性marurin大いにあると思う映画の夢を見た当時、仕事で外国為替の部署に配属になって仕事が慣れてきた頃でした。毎日英語の文章ばかり目を通して、必死で勉強して仕事を覚えたり、英語での電話対応などをしていたから夢を見たのだと思います。

夢では外国で同じような仕事をしていましたが、もっと英語が上手くなりたいという潜在意識があったのかもしれません。

私の場合自分から英語に関わる仕事についた訳ではなく、決められた配属によるものでしたが、日々英語に接することで、自然と英語の環境が身体に染み込んでいきました。

英語を当たり前のように使っていたその夢を見た後は、さらに仕事と英語の勉強を頑張ろうという気分になりました。
女性ぺりかん大いにあると思う留学先で英語の夢を見ました。早く英語を覚えたくて毎日色々な国の人とコミュニケーションをとっていたので、頭の中で日本語よりも先に英語で変換されるようになった頃でした。

日本人もあまりおらず、日本語を使う機会も少なかったので英語での会話が自然になっていたのだと思います。

元々英語は苦手で、初対面の人と話すのも得意ではないのですが、英語を覚えないと自分の気持ちを伝えられないので知らないことを恥ずかしがらずに聞き、友達の輪にも積極的にはいるということが成長に繋がったのだと思います。
女性Orange大いにあると思うアメリカに住み始めたことで、英語を話して生活をしている環境にあることが、一番大きな理由です。アメリカに引っ越して半年ほどが過ぎ、日常会話だけでなくニュースや音楽、書類関係も何もかも英語が当たり前になり、意識して英語を話そうとしなくても済むようになりました。

また、日本人コミュニティとは限りなく離れて暮らしている環境も、英語で夢を見た一因だと思います。

少しでも日常の中に、日本人との会話やコミュニケーションが入っていると、バイリンガルとしてのコミュニケーションが増えてしまい、英語だけで暮らしている人よりは、英語で夢を見るほどになるには時間がかかるのだと思います。
女性小籠包大いにあると思う私が英語で夢を見れた理由は、受験期に英語漬けになるほど英語の勉強をしていたからだと思います。高校2年から3年にかけて、私は受験にために特に英語に力を入れて勉強していました。

そのおかげで、ある程度なら海外ドラマも字幕なしで見ることができ、英文を日本語に訳さなくても英語のままで理解することもできていました。

この頃の英語力が私の今までの人生の中で一番高かったと思うのですが、この英語力があったからこそ、英語で夢を見ることができたのだと思います。
男性みもみもう大いにあると思う当時、ニュージーランドに留学中で学校でも私生活でも、周りに日本人がほとんどいなかったので、英語を使用していたためだと思う。

今ほどネットを使用したユーチューブみたいなサービスもなかったので、ヒマな時間も現地のテレビ番組を見ていた。私が留学していた先は結構田舎で、アジア人差別も結構あり、私も白人からからかわれることがあり、それが忘れられず夢に出てきた。

それ以外はあまり覚えていないが、当時は普通に英語でも日本語でも夢を見ていたと思う。
女性もぐもぐ大いにあると思うアメリカに2ヶ月語学留学をした際、日本人も少ない環境だったので朝から晩まで英語漬けの生活でした。授業についていくのも必死だったのですが、友達やホストファミリーと英語で会話する様に心がけていました。

夢の中では、英語を使って一生懸命、友達と学校で話している様子で、目が覚めたときに英語で夢を見ていた!と気づきました。

毎日英語漬けの生活だったので、徐々に脳が英語に慣れてきたのかなと思い、嬉しかったのを覚えています。
男性mars_15大いにあると思う数年前に初めてアメリカに留学したときに英語で夢を見られました。英語で夢を見られたのは、英語と留学先に慣れてきて、徐々に友達ができてきたタイミングでした。

友達ができるとリスニングやスピーキングの練習ができ、英語の上達速度が加速するように感じ、その結果が夢にも反映されていたのだと思います。

それまで夢の中に出てくる登場人物は、全員日本語を話していましたが、英語で生活をしていると夢の中の登場人物が全て英語話者になるため、自然と夢の中でも英語で会話したりしていました。
男性ひろ大いにあると思う35歳の時にオンラインで英会話を学び始めたのですが、ほとんどゼロからのスタートだったので最初はとても大変でした。

一か月ほど受講して英会話が楽しくなってきた時に、なぜか職場の人が全員外国人になっている夢を見ました。話している言語はもちろん英語で、自分も含め職場の人全員が英語で話をしていました。

夢の中での話なので全く違和感はなく、それが当たり前という感じでした。書類なども全て英語で書かれていて、起きた時に思い出し笑いをしてしまいました。きっと、英会話を学び出して英会話の楽しさを体感することができていたので、英語の夢を見たのだと思います。
女性ルミ大いにあると思う仕事の関係で、海外からいらっしゃったクライアントの滞在中のお世話をすることがあるのですが、そういう時に英語の夢を見やすいです。

仕事の説明はもちろん、観光案内をするなど英語で会話をする時間がとても長くなるので、英会話の記憶が強く残ったためだと思います。

まだ英語を習いたての頃はあまりみなかったのですが、英語に関する理解力や会話力が上がるにつれて、夢を見る回数は増えると思います。しかも、より鮮明に英語の夢を見るようになりました。
男性猫も杓子も大いにあると思う夢に出てくる出来事は脳が記憶した情報を処理しているという説をどこかで聞いた事があります。

日常的な経験や、無意識に見たり感じたりした情報を夢で再確認?再考?したりしているのかもしれません。

私の場合は視覚的な情報などが夢に出てくることが多く、ミックスされたようなストーリー展開になるものばかりです。

また記憶に残る様な夢だと色々な考え方や価値観が生まれたりもします。

疑似的体験による学習ともいうのでしょうか、私の場合は夢によって学べたり気づきを与えてくれるモノだと考えています。

これに違いもので言えばVR体験だったり、ゲームだったり、映画だったりと、夢と同じく疑似的体験をしているものだと位置づけています。
女性くうすけ大いにあると思う私が英語で夢を見たのは留学中のことです。その当時はカフェで働いており、同僚に日本人もいたのですが仕事場では絶対に英語というルールも作って生活の90%は英語でした。

自分で話すのはまだまだだったのですが、一日中ネイティブの英語を聞いて、仕事の通勤時間にも録音した英語のドラマを聞いたり歌を聞いたりととにかく耳から入る音は英語というようにしていました。

なので夢の中でも周りの音は英語なのですが自分は英語を話そうともがいているという感じでした。
女性みつき大いにあると思う普段から英語を使っていて英語のリスニングやライティングを日常的に行なっています。英語を使用するにつれて脳内の思考自体も英語で行うようになっており、それに付随して英語能力も上達しているように感じていました。

その思考が英語で行われるようになった際に英語の夢を見ることが多くなりました。また、映画を英語で何本も見た日はよく英語で夢を見ることがあります。

英語をインプットだけでなくアウトプットを頻繁に行うことが英語で夢を見ることの理由かと考えています。
男性ジュン大いにあると思う社会人になって海外のプロジェクトを担当し実際に現地で多くの外国人と日々仕事をする環境にあったことが大きな要因だと思います。

業務上の言語は基本的に会話もメールも全て英語で行い、英語が使えないと全く仕事が出来ない状況は当たり前ですが、日本で生活していくのとは比べ物にならないほど大変な経験ではありましたが、ふとした日に夢の中でも英語で会話をして英語で物事を考えている

自分がいたことに驚いて朝起きたことがあるのを覚えています。
女性ジャック大いにあると思う英語を学んでからが、夢の世界でも英語を使っていたり耳にしたりするきっかけだと感じます。初めて、英語の夢を見たのが忘れもしない留学前でした。

その夢が予知夢だったと気づいたのは留学中でもあったのですが、なぜか、語学学校の教室に自分がいて、色黒の女性から英語で授業を受けていたんです。その場面が夢を見た数ヶ月後に実現してからは、どんどん夢の中の言語が変わっていたんです。

もちろん、登場する人達もグローバル化していったので笑えてきます。リアルの中で、英語に触れれば触れるほど、夢の中の言語が英語に変わっていく経験から、実際と夢の関係性はつながっている部分もあって面白いです。
女性ami大いにあると思う中学生の頃、英語が苦手だったので少しでも成績をあげるために、ハリウッドセレブのインタビューのCDを起床時のアラーム代わりに流していました。

何度も朝から流していると、聞き取れる箇所が出て来て英語に親しみを持つようになりました。

ある時、夢の中で外国人の男性に道を聞かれて、堂々と英語で答える夢を見ました。夢の中の私は片言の英語ではなく、ネイティブのような発音でスムーズに答えていました。

毎日、ネイティブの英語を流し聞きしていたので、英語のリズムを自然と覚えて、英語の夢を見たのだと思います。
女性めい大いにあると思う私が英語で夢を見るようになるきっかけは海外での留学経験でした。留学してスムーズに周りとコミュニケーションを取れるようになった頃から英語で夢を見始めたように思います。

帰国してずいぶん経ちますが、当時の友人やホストファミリーなどと今も交流が続いており、SNSを通じてコンタクトを取っていることもあり、今も留学していた時のことを夢に見ることがたまにあります。

英会話力、コミュニケーション力の持続や身近に英語を話せる、使える環境があり、フラッシュバックするほどの思い出があることがおおきいと思います。
女性らむ大いにあると思う最大の理由は、留学中で英語を話すということが当たり前になり始めた時期で、自分の中で脳が日本語モードから英語モードに切り替わるような時だったからではないかと思います。

その夢の中で私は、アメリカ在住の中国人の方に中国語(当時英語と並行して学んでいた第三外国語)で何かを説明しようと頑張っていたのですが、途中で難しくなって諦め、結局英語に切り替えて説明を続けていました。

ちなみにそれ以降、英語を話すことに完全に慣れてしまってからは1度も英語(及びその他日本語以外の言語)を話す夢を見た記憶がないので、母国語以外の言語で話す夢を見るのは、集中的かつ意識的にその言語を学ぼうとしているときなのかもしれません。
女性べっく大いにあると思うそういえばしばらく日本語で話していないな...という時に英語で夢を見ることがあります。

個人的に、夢は基本的に日頃頭で考えていることが現れると思うので、「英語で夢をみる」というのは、いかに普段の生活と思考が英語漬けかどうかが如実に現れると思います。

つまり、日本で生活している場合でも、英語で考え、英語で物を読み書きし、英語で会話し(独り言でも)、英語のテレビや映画だけを見て...等を徹底すれば、そのうち英語で夢をみる時があると思います。
女性まろん大いにあると思う当時アメリカ留学を始め半年程たった頃だと思います。渡米した頃は英語が分からず、発音も馬鹿にされ、悲しいことや苦しいことがたくさんありました。

そこから毎日勉強し3ヶ月を超えたところから周りが何を言っているのか聞き取れるようになりました。そして半年程たったくらいの頃から英語で夢を見るようになりました。

夢の詳細は覚えていませんが日本人の友人が英語で喋ったり、アメリカ人の友人が日本語を話していたり、今思い返すと言語に関連づいていたんだなと思います。

その後1年の留学を終え、大学も4年間アメリカに通いました。現在帰国して4年経ちますが未だに英語で夢を見ます。
男性bf109大いにあると思う留学を経験し、様々な国の外国人の友人ができコミュニティーションが取れるようになりそれを日常としてしばらく経験することができたからだと思います。

今でも頻繁に連絡を取り合うサウジアラビア人とニュージーランドの友達と留学した際にとても仲良くし、いつも一緒にいました。

英語で夢を見た記憶は僕はないのですが、母が今日寝言で英語でぶつぶつ喋ってたよと教えてくれました。日々、日常的に英語で生活し話して続けていたので英語で夢を見ることができたと思います。
男性タクト大いにあると思う英語圏の人と会話をするときに、日本語→英語に変換してから会話するのではなく、「英語ならどのように言うか?」を考えて、そのまま日本語に変換することなく会話できるようになった瞬間から英語の夢を見るようになります。

英語に慣れないうちは、なんて会話すべきか日本語でまず考え、それを英語で訳すると・・と考えますが、そのような思考で動いているうちは英語の夢はまず見ないと思います。

このような理由から英語力の成長があってこそ英語の夢を見るのだと分析しました。
女性めがね大いにあると思う毎日英語で生活しているから。

基本的に日本語は日本人としか喋らないのだが、日本人の知り合いがほとんどいない中、旦那や職場で英語しか喋らないことが多く、日本語を常習的に聞くのはYotubeのみというような環境で、自分の日本語が退化してくのが体感的に感じられていたというのが大きいと思う。

(たまに日本人の友達や家族と話した時に日本語が出てきづらくなる:読み書きは普通にできるが、物事を説明する時に単語や漢字が抜ける)
女性mimi大いにあると思う40代にもなってから海外生活を始めた頃、現地で英語学校に通いました。

まず生活するにあたり、住む場所の物件探しや交渉ごと、銀行口座の開設やガス、水道、電気、インターネット開設など朝から晩まで初めての経験ばかり、慣れないことをやってまさに英語漬けの毎日でした。

学校も自分の子供くらいの年齢の若いクラスメート達についていきながら、課題を提出するのに必死で頭をフル回転して考えていたので、脳が完全に英語モードになっていたせいだと思います。
女性ayapin大いにあると思う私自身が、日常生活50%程英語を使用しているのと、英語をはじめとした言語の勉強をしているため、夢でも英語がでるかと思います。

また、韓国語と英語が混ざった寝言を言っていると家族からは言われます。お友達と遊んでる際の夢などは、英語でコミュニケーションしているのも一つの理由だも思われます。

比較的、日本語と同様に英語は英語のまま脳で翻訳をしているため比較的英語で夢る事が多いのかなと思います。英語で見る際は、楽しい夢がほとんどです。
女性まりえ大いにあると思う日頃から英語に触れ、読む、書く、聞く、話すを心がけている。

日本で生活し、日本語を使って日常生活を送る中でも、機会を作り、常に英語の力を高められるよう意識している。

例えば、SNSで何か発信する際、日本語ではなく英語で投稿することにより、自身の英語力の訓練になる他、英語を使う世界の人と交流することが出来る。また、ほんのちょっとした独り言をつぶやく時でも英語を口にすることでかなり英語力が高まる。

こうした日々の心がけが潜在意識にあるため、夢の中でも英語が使えたのだと思う。
女性クロロ大いにあると思う小さい頃に父親の仕事の関係で、イギリスに2年間ほど住んでいたことがあります。日本人学校ではなく普通のイギリスの学校に通わされました。

最初は大変でしたが、必要に迫られるとなんとか適応できるものだと思います。半年くらいで日常生活には困らない様になりました。

その頃から夢も英語でみるようになったと思います。一年くらい経つと、姉と英語で喧嘩をしたりするようになり、簡単な日本語の単語が出てこない事がありました。やはり日常的に使うことで夢にも出てくるのかなと思います。
女性さくらもちそれなりにあると思う英語で夢を見れた理由は、その頃の日常が英語漬けに近かったからだと思います。

当時は外国人の恋人と付き合っていたので日常的に英語でコミュニケーションをする必要があり、とにかく英語で考えている時間が長かったです。

また同時に英語や英会話の勉強にも力を入れていたので、1日の中で英語を浴びている時間がかなり長く、そんな中で気づいたら英語の夢を見るようになっていました。

おそらく英語漬け状態だったことで、自然と頭の中に英語脳のようなものが出来上がったのが理由だと思っています。
女性Ninaそれなりにあると思う私は海外在住者ですが英語圏ではなく、また、日本で生まれ育った生粋の日本人です。

英語はゼロから学び、ビジネスで使用できるレベルになりましたが、決して超上級者レベル(教えられるレベル)ではありません。

また、日頃は日本語を使用して生活していますので、頭の中の考え事などもすべて日本語です。

日頃は何語で夢を見ているのかなどは覚えておりませんが、英語で夢を見たとハッキリわかったその日は、日中に英語ネイティブ相手にウェブ会議があり、英語を酷使しました。その会議の後も余韻が残り、頭の中が英語だったのを覚えています。

コンフォートゾーンを抜けたレベルで英語を使用したことを脳が覚えており、それが夢にまで影響したのだろうと思います。
男性ダイサンそれなりにあると思う一時、TOEIC試験対策で毎日英語のスピーキングやリスニングに励んでいた時期があり、その時には「英語で物事を考える英語脳を養う」ことを意識して、日常生活の中でもできるだけ目に見えるものを英語で想像するような生活をしておりました。

当然ながら、他人との会話でも、後で「英語で表現すると?」ということを考えるのが癖になりました。

そして寝る前が最も効果があると思っていましたので、寝るときはYouTubeの英語学習を聞きながら寝落ちる毎日でしたので、必然的に夢でも出てきたのではないかと思います。

英語を話す夢を見た時は「英語脳が育まれてきている」と喜びました。
男性せいざいそれなりにあると思う私は高校時代に1カ月間ハワイで短期留学をしました。そこではホストハウスの犬の散歩が日課だったのですが、英語で犬に話しかけていました。

その様子を日本に戻ってきて夢で見ました。英語で犬に指示している夢です。この理由は多分散歩が有意義だったことから来ているものと思っています。

その時自分の家でも犬を飼っていたので、そのあたりも影響があった可能性はあるとおもいます。

その後、それから30年以上経ちますが、英語で夢を見ることはありません。多分、英語に色濃く仕事で関与していればこの可能性はあるかと思います。
女性Tomateそれなりにあると思う初めて英語で夢を見たのは留学に行く直前、必死で英語を勉強していたときのことだったと記憶しています。

その頃はだまだ会話にあまり自信がなかったので、できるだけスラスラ言葉が出てくるように普段から全てのことを考えようと試みていました。

その日あった出来事を振り返るとか、テレビに向かってコメントを入れるとか、脳内で独り言を延々と英語で言い続ける感じです。

見た夢は英語の先生とご飯を食べに行くという大した内容ではなかったのですが、初めて英語で見た夢だったので、目が覚めて驚いたのを憶えています。私の場合は日中に英語で長いこと考えていたことがきっかけだったのかなと思います。
女性ぴーやそれなりにあると思う初めて英語の夢を見たのは、台湾へ語学留学をしていた時期です。私は英語の読み書きは少しできるものの、聞く話すは苦手なレベルでした。台湾で中国語を学び始めた時は先生が英語で説明をしてくださいました。

そのおかげで少しずつ英語を聞く能力は身に付きました。その頃に英語で授業を受けている夢を何度か見るようになりました。夢の中で先生が話している英語を理解している感覚がある時、自分の理解力以上の英語を聞いている感覚、どちらもありました。

日常的に英語に触れている環境だったため、英語の夢を見たのだと思います。
女性さくらそれなりにあると思う海外留学中で毎日英語を話していたからだと思います。留学中はホームステイをしていたので英会話ももちろん必須でしたが、それよりも大変だったのが学校でのライティングの授業でした。

試験によりその授業を取らなければいけない事になったのですが、授業内容がかなり厳しくて1タスク書き上げるのが本当に大変でした。

来る日も来る日も現地の先生にダメ出しされ、折角時間をかけて書いたものでも書き直しの連続で泣きそうになりながらやっていました。そんな毎日でしたので夢の中で英語で必死に先生に説明をしていました。

そしてその自分の必死の英語での説明で目を覚ましました。英語を日ごろから話すチャンスのある人は英語の夢を見る事も有ると思います。その後もたまに英語での夢を見ます。
男性AOBAそれなりにあると思う洋画を観賞した夜に、類似した内容の夢を見ました。自分自身の英語力は、簡単な日常会話程度です。

しかし、夢の中では映画の出演者と同じように、流暢な英語を話していました。

英語に対する憧れと、うまく話せるようになりたい願望があったと思います。夢の中の出来事で話した内容はしっかり覚えていませんが、ストーリーの大まかな流れは把握しています。

実際の英会話スクールのように英語力が上達することはありませんが、どんな形でも英語に触れることは、自分の成長につながると思います。
女性ペングインそれなりにあると思う期間はだいぶたっていますが、留学経験があり英語には常に興味はあるのが理由の一つで、日本語のこれって英語だとどう伝えたらいいだろうとか考えることが多いからだと思います。

また、夢の中でもどちらかというと日常会話を英語で話してるということもありますが、言い争いなどの自分の思いを英語で一生懸命伝えようとしているシーンが多いので起きてから、言いたかったあの表現はどうやったらいいかと改めて調べるときもあります。
女性みかそれなりにあると思う英語学習を本格的に頑張っている時期で、車のなかでも英語のCDを聞いていたり、テレビを見るときでも洋画を字幕で見ていたりととにかく英語に囲まれた生活をしていました。

主人も一緒に英語を学んでいたので英語で会話しようともしていました。

日本語での夢を見るって、生活しているなかで日本語が中心になっているからだと思います。それを逆に英語にできたのであれば、英語の夢を見ることができるのでは?と感じますね。寝る前に洋画を字幕で見てみたりするのも効果的なのでは?と感じています。
男性ブルジョワそれなりにあると思う一番大きな要因は英語をアウトプットする練習を普段から定期的にやっているからだと思います。

単語を覚えたり洋楽を聴いたりすることと同じくらいに声に出して言葉を発したり、書いたりすることは英語力を養う点で大切です。

実際に日常生活のいろんなシーンを想定して、もし自分が外国にいたら、もし目の前に外国人がいたらどんな言葉を言うだろうか?またどんな言葉で返すのが相応しいか?それを毎日実践することで英語を話すことが日常生活の一部になり、夢でも英語を話したりすることが可能になると思います。
女性カモそれなりにあると思う英会話教室に通っていた時だったと記憶しています。複数人に1人の先生がつくグループレッスンだったので先生と直接話す機会はあまり多くなかったのですが、生徒同士で英語をよく話していました。

日常会話程度なら話せるくらいのクオリティで普段から使う機会の多いフレーズを片っ端から記憶して、実践していました。

その時はほぼ英語のことしか考えていなかったので余計に夢を見やすかったのだと思います。また、将来の夢にCAを希望していたのでモチベーションを高く維持していたのも原因だと思います
女性ピコりんそれなりにあると思う英語で夢を見るようになったのは、ちょうど外資系の会社へ転職し、オフィス内に外国籍で日本語が話せない人もいて、しかも海外の取引先と英語でやり取りしなければならない環境に身を置くことになった頃からでした。

英語ペラペラになりたいという願望はずっとありつつもなかなか上達せず、でも毎日英語は目に触れるしどうしても使わざるを得ない環境だったので、必然的に通勤時間やお休みの日に英語の勉強をするようになりました。

それが良くも悪くもプレッシャーになったのか、夢にまで英語が出てくるようになりました。大抵伝えたいことをどう伝えたらよいかとテンパっている夢が多いですが、でも夢の中で、勉強していなかった頃には出てこなかったであろう単語やフレーズを使っていたので、そういう環境に身を置いたことが英語で夢を見ることにつながったのではないかと思います。
女性アドラーそれなりにあると思う毎日英語を勉強し始めて半年ほど経った頃に、英語で夢を見るようになりました。英語で夢を見るのに1番効果的なのは、とにかく英語に沢山触れるということだと思います。

私は自宅にいる時はずっと海外ドラマを流したり、勉強しない時でも常に英語が流れてる環境を作りました。

そうすることで耳が英語に慣れ、英語の吸収率も上がりますし、起きてる時間に体験したことが夢に影響するので英語で夢を見れることにつながると思います。
女性みくそれなりにあると思う初めて海外に留学をしたからだと思います。留学をする前は、英語で夢を見ることは一度もなくすべて日本語でした。けれどもアメリカに留学してからは、日本人と接する機会も少なくなり日常会話が英語になりました。

そのうちに言葉で発するだけでなく、頭の中で考えている言葉も英語になっていきました。

そうしているうちに、夢を見る時にも日本語ではなく英語を話すようになりましたし、自分がかかわっている周りの人もすべて英語を話すようになりました。
女性まーちゃんそれなりにあると思う私の場合は、英語で海外ドラマを観た時、海外旅行中、英語圏の友達と会った時に英語の夢を見ます。

参考書や教科書の様なもので学習しても夢は見ません。やはり、現実味があると夢に繋がるのでは??と思います。

海外ドラマは現実味はないかもしれませんが、ネイティブの英語をずーっと聴くのと、自分もその物語に入り込みやすい性格なのでそうなるのかなぁと思います。

因みに寝言も英語になる様で、オーストラリアの友人宅に滞在した時の私の寝言を動画に撮られていましたが、英語喋ってました。めちゃくちゃでしたけど。。。
女性はなこそれなりにあると思う大学生の時にアメリカに留学し、当然のことながら毎日英語漬けの日々を送っていました。けれども楽しいことよりも大変なことの方が多く、特にあらゆる教科で頻繁に行われる小テストの対策には睡眠時間をかなり削って対策をとる必要がありました。

とはいえ毎日かなりクタクタで、きちんと万全の勉強ができていないまま、うっかりうたた寝してしまうことも度々でした。

そんな時には決まって、教授に注意される夢を見たものです。英語の夢ですが、残念ながら嬉しい内容の夢ではありませんでした。
女性みちゃいそれなりにあると思う数回にわたる留学経験もあり、国内でも普段から英語を使用する環境で遊んだり仕事をしたりと、日本語英語関係なく暮らしていたので必然だった思います。

とはいってもそういう夢を見るようになったのはある程度テレビを字幕なしで見れるようになってからだと記憶してます。考えないと会話できないっていう状態のころは夢を英語でみた記憶がない気がするので。。

結婚してからは英語を使うことはほとんどなくなり十年近くになりますが、そうなるとそんな夢も見なくなりましたが、これをきっかけに見そうですね(笑)
女性keiunそれなりにあると思う英語圏に住み、毎日英語を使って生活しており、日々の買い物はもちろんのこと、テレビやラジオもすべて英語で聞いていました。

もちろん電話をかけることもできたので、今の生活よりはずっと英語が身近にありました。

毎日英語に慣れ親しんでいると、見聞きする言葉がをすべて日本語に置き換えなくても理解できるようになってきます。

英語で理解してしまい日本語の訳がすぐに出てこないこともあります。ちょうどそのくらい英語が自分のものになったことが大きな理由だと思います。
女性まりまりそれなりにあると思う海外で英語を日常的に使うようになってから初めて、夢の中でも英語を喋ってました。特に移住して3ヶ月目くらいの、一番必死に日本語の生活から英語の生活に脳を変えようとしてる時だったのかなと思います。

今は脳内で何か物事を考える時は日本語なので、引き続き海外在住ではありますが夢はほぼ日本語です。

相手が日本人じゃなければ英語の事もありますが、稀です。要は気合を入れて「英語を喋ろう」と言うふうに気合を入れて喋る時だけでなく、日常で物事を考える時まで英語で考えれるほど脳内に英語脳と日本語脳が両方きちんと存在するようになったから英語で夢を見るのかなと思います。
女性タオズそれなりにあると思うニュージーランドにホームステイ中、日本人の知り合いもあまりおらず、学校でも家でもずっと英語漬けの日々でした。家に帰っても、宿題が多く、授業で発表などもあったので、独り言でも英語を話す練習をしていました。

正直かなり当時はストレスで英語のことを考えたくないと思っていましたが、周りの環境で日本語を話す機会がまったくなかったことから、英語の夢を見たんだと思います。

不思議ですが、夢の中ではスラスラと話せていました。
女性cupertそれなりにあると思うアメリカ在住中は、英語で夢を見ることが多かったです。英語で夢を見れる条件は、英語力があることと英語を話さなければならない状況があることだと思います。

英語で夢を見れた理由は、日常で英語を日本語以上に話す機会があったこと、英語で物事を考える機会が多かったこと、そして英語で話さなければならない相手がいたからだと思います。

英語で相手と話した内容を回想したり、今後相手にこんな内容のことを話そうと脳で考えていることが夢に出てきたのではないかと思います。英語で夢を見るために。
女性たなちっちーそれなりにあると思う短期留学中に毎日が英語での会話だったために、日本語で会話することがなかったので、夢も英語オンリーだったのだと思います。日本にいるだけでは、なかなか英語での夢を見ることはなかったと思いますので、英語で夢を見たければ、短期留学をおすすめします。

もしくは、英語ばかりで会話するということを日本にいても実践していると英語の夢を見ることができると思います。

毎日毎日、英語のことを考えた生活をすることが他英語の夢をいるにあたって大切だと思います。
女性リサそれなりにあると思う英語を流暢に話す夢は自分を変えたいという願いはますます強くなるの象徴です。現実で仕事や恋が上手くいかない時やなんとなく毎日が停滞していると感じる時、今の自分を変えてこの状況から抜け出したいと思う。

また自分が体験していないことや知らないものに対して興味深々になるかもしれません。不安な気持ちがあるけど出来事への期待もあります。

そして、何かの目標が達成できるように、もっと単語や文法を勉強します。いつか外国人と話す自分がかっこいいと感じます。
男性ホットチョコそれなりにあると思う英語で夢を見ることが出来た理由は、そのときの環境にあると思います。初めて英語での夢を見たときは、海外に住んで2ヶ月ほど経ったときのことでした。

内容は詳しく覚えていませんが、フレーズははっきりと覚えています。It doesn't matter. 朝になり起きたあとに、この言葉を発していた記憶があり、同じ部屋で休んでた友達が「夜中に英語でブツブツ言っていたよ」と夜中の様子を話ししてくれて 確信を持ちました。

「あっ!夜中に夢の中で英語だ会話していて It doesn't matter を連呼していた」と。日本にいたときにも大学で毎日英語の講義を受けて、帰宅後も英語の勉強。それなりに生活の中で英語に浸かっていたのに、日本では英語の夢は見たことがありませんでした。

それが、海外で生活を始めて2ヶ月くらいで英語の夢を見るようになったのは、やはり環境の違いなんだろうなと感じました。
女性Sそれなりにあると思う海外留学が直前に迫っていたので、楽しさや緊張や不安などもあり英語で夢を見たのだと思いました。留学先は大学でしたし、寮生活だったので、ルームメイトと遊美に行く夢などをみていました。

顔ははっきり映っていなかったかあるいは覚えてないですが、そのようなドキドキなどがあり、楽しみでもあったのだと思います。

日本語の場面はほとんどなく、英語だけひたすら喋りかけられていました。日本の話をたくさんしたりしていました。質問状だったと思います!
女性紫華それなりにあると思う私は当時、英語系の短大に通っていて、日本語もしゃべれるけど、学校では英語しかしゃべらないネイティブの先生と一緒にいる時間が圧倒的に多かったのです。

さらに、当時は学校の試験も控えており、余計に頭が"英語モード"だったのだと思います。

ちなみに当時は、留学などをしていた訳ではありません。普通に、地元の、日本の大学に通っていました。やはり、普段から英語を使うような環境にいると、自然と英語の夢を見るのだと驚きました。ました。
男性梅漬けそれなりにあると思う英語漬け時期だったというのがかなり影響していると思います。一時期英語習得の為に1ヶ月英語漬けという試みをした事があります。

動画サイトで音楽を聴きながら、バンドが歌っている歌詞を見ながら学習しようとしたり、英語のスポーツ実況を聞きながら、スポーツを楽しみつつ学習しようとしたりしました。

テキストベースの勉強だと飽きてしまうので動画だったりアプリで取り組みました。そのせいだったのか、上記とは違う子供向け英語学習の動画を見た為か、海外の子供と遊ぶような夢を見ました。

子ども相手に出来る限りの英会話力で話しかけていた点では学びの気づきを与えられました。
女性りおそれなりにあると思う初めて見た英語での夢の内容は、英語で宿題をやっている内容で、友達とそれについて話していた時です。英語のレベルも当時のレベルでしたが、それでも英語で見たと言う事は覚えています。

理由としては、毎日英語しか喋れない環境に居る中で、人との会話も英語になったので、自然と夢の中でも英語になったのではないかと思います。

今では両方理解できるので夢が英語なのか日本語なのか分からない時もありますが、当時ははっきりと自分が夢の中で英語を喋ったと言う実感がありました。
女性mitresそれなりにあると思う本格的に英語を勉強し始め、リスニング練習用の英語CDを数枚毎日リピートして聴いては、聴いた内容をそのまま声に出して言う、という練習を大学生の時にしていました。

集中してやって2ヶ月位から、たまに英語で夢を見るようになりました。夢の中では実際の自分にはまだはっきりとリスニングできないような長文をネイティブスピードで相手が話しているのですが、自分は完全に理解して返答していました。

しかし数年間この練習から遠ざかって英語力が落ちると英語の夢は見なくなったので、英語力と英語の夢を見ることには相関関係があると思っています。
男性啓介それなりにあると思う英語で苦しんでいるから、夢の中に英語で話す自分が出てきたのだと思います。

それにしても驚くのは、夢の中ではある程度スラスラと日常会話をするだけのスキルを身につけた日本人として、海外から来た観光客のような欧米人と臆することなく会話していたことです。現実の私はそれが出来ないで苦しんでいます。

夢と現実はまるで無関係ではありませんから、一応は英語の勉強することで脳の中に刻み込ませた英語の断片が、眠りという無防備状態では解き放たれて、連なってよどみなく出てきたのかもしれません。
女性Ruri5それなりにあると思う毎日留学生と英語で会話し、また空き時間にも英単語のCDを聞くようにしていたので英語を使用することが日常だったことが誘引だと思います。

またそれ以外にもメッセージのやり取りも同様に英語で行い、新しく学んだ単語は率先して使ったりと英語漬けの毎日を送っていました。加えて、日常的に英語で話すことが多かったことも理由の一つだと思います。

段々と多くの留学生と英語で話すことにも慣れ、親睦が深まってきた頃に留学生が夢に出て来て、普段のように英語で話していたので、友人である留学生との関係性が良かったことも理由の一つに挙げられます。
女性のんびり屋それなりにあると思う以前勤めていた飲食店は海外のお客様が時々来店されてたので、飲食店で使う英語を毎日勉強していたからだと思います。私はもともと英語が好きで日常会話程度は話せるのですが、接客になると特に混雑時はあせって英語が話せなくてテンパっていました。

夢の中でも働いていて、海外のお客様だけじゃなくて日本のお客様にも英語で接客していました。

目覚めは悪かったですが、夢の中でも英語で会話出来ていたので、がんばってる自分を褒めたい気持ちでした。
男性rsfootballそれなりにあると思う英語の夢は、英語を本格的に勉強した大学生の頃から今に至るまで、頻繁に見る。

留学中は一日英語漬けだったせいかよく見た。日本にいる今も、毎日英語の音読やシャドーイングを最低1時間は費やすし、基本夜は映画や海外ドラマ、ニュースを見る。そう言った影響のせいか英語の夢を見ることがしょっちゅうある。

夢では、細かいことは覚えていないが、見知らぬ人とカジュアルな英会話をしていることが多い。英語で夢を見るようになれば、日頃の勉強の成長の証なのだと思う。
女性チーターそれなりにあると思う当初、私はカナダに留学しており、日本人の生徒もあまりいない環境の学校であり、またその都市にも日本はおろかアジア人もあまり住んでいない環境だったので、頭の中は常に英語のことでいっぱいでした。

日本にいるときに通っていた英会話の学校のスローガンが "Think in English"でしたので、日本語から英語に訳すのではなく、英語で考えるという思考が身についていたのも大きかったと思います。

ホームステイ先も日本人は私一人で、日本語を話す環境が全くない状態だったので、英語で夢を見たんだと思います。
女性あっっきそれなりにあると思うわたしは、1年間海外にワーキングホリデーで滞在しており、その頃に英語での夢を何回も見ました。わたしは、現地のカフェで働いており、毎日英語を使うことが多く、日本語を使うことは2割ほどでした。

やはり、日々の生活が英語で話すことばかりだったから夢も英語で見たんだと思います。また、お付き合いしていた人も日本人ではない人だったため、よく喧嘩する夢なども見ました。

初めて英語で夢を見た時は、驚きましたが面白い経験ができて良かったと思います。
女性ふわぺんそれなりにあると思うその夢が見れた当時は、英語を使う機会が多かったと思います。外国人との付き合いも多く、会話やメッセージのやり取りなど、ほぼ日本語が通じない環境で英語でのコミュニケーションをはかっていたからかもしれません。

学校の授業で習ったような文法重視の英語ではなく、会話をメインにしていたのでスラングやメッセージでの若者言葉など新鮮なものにふれていたからかもしれません。

日本に来ている外国人に日本語や日本の文化を伝えていたので、どうやったらわかりやすく伝わるかなど自分なりによく考えていた頃だと思います。
女性ようそれなりにあると思う初めて英語で夢を見たのは大学生の時でした。国際交流サークルで活動していた私ですが、普段は英語など全く関係ない学部で学んでいました。

サークルで参加する大規模なイベントで、多くの留学生たちにイベント開催の応募方法や規則などを全て英語で説明する機会がありました。

当然資料も会話も英語だけなので、授業以外は英語のことばかり考える状態が約1か月間続きました。そんな中見たのが、ミャンマーから来た留学生と料理について英語で話し合う夢です。

私は日常会話程度しか英語が話せないはずですが、夢の中ではなぜか相手とスラスラ話せていました。英語を話せるようになりたいという私の強い願望が夢に表れたのか、或は英語のことばかり考えていたから夢で英語を話せたのかもしれません。
男性まっくんそれなりにあると思うオンライン英会話を受講していたからだと思います。オンラインでは決まった講義カリキュラムではなくフィリピン人の先生と雑談形式がメインでした。

なので日常生活でこの話題をどうやって英語で話そうかと考える癖がついていたんだと思います。夢の中では日本人の友達がなぜか外国人設定で、その友達に一生懸命英語で話そうとしている夢でした。

夢にしては思い通りに話せずに疲れた印象ですが、起きてから思い出すとそれなりにきちんと英文で話せていた気がするので、英語力の成長と多少は関連性があったと思います。
男性ナザルそれなりにあると思う英会話スクールに通いだした事、英語学習アプリを使い始めた事、字幕なしで洋画を見始めた事が重なった事が原因で英語で話す夢を見たのだと思っています。

英語と何語か分からない言語が混ざっている感じの会話の夢を見る事が多く、寝ている時に頭の中で色々英語の学習したところを整理しているのかなと思います。

ハッキリと全ての夢の内容を覚えているわけではありませんが、段々英語で話している割合は増えている気もするので、学習の成果がそれなりに反映しているのかも知れません。
女性mikaそれなりにあると思う英語に興味を持ち始めて勉強をするようになった時に、夢の中で英語で話している自分の夢を見ました。私が思うに、どれだけ英語に対して興味を持てているのか、夢中になれているかが、英語で夢を見るかどうかの理由に関係してくるのではないかと思います。

英語以外でも、ふとした時にも考えていることや、寝る前やお布団に入ってからも考えていることが、そのまま夢に出てきたりする事ありますよね?それと同じではないかなと思います。
女性さよそれなりにあると思う普段から英語の勉強をしていて、英語を勉強していくうちに、英語で夢を見れるようになったというネットの情報を見ました。そんな事もあるんだなー、まあ私には無理だろうなーと思って何年か経ちましたが、そしたら自分が今度は夢に英語が出てきました。

本当に感動しましたし、毎日少しずつ勉強したからなのかなと思いました。あとは勉強方法も関係あるのかなと思います。頭の中でイラストを思い浮かべて勉強していたのでそれの影響もあるのかなと思います。
女性m,kそれなりにあると思う私は海外ドラマが大好きで、特にハマっていた時期、1日16話くらい見ていました。そのため少し聞き取り能力はついてきており、ただ話すのは実践する機会もなかったので自信はないという状況でした。

その日もたくさん見ていてそのまま寝落ちしてしまったからかそのまま夢の中で友人や恋人も全員英語を喋っており、私自身も英語で対応していました。

なにを話していたか等は少し曖昧ではありますが、はっきりと喋れていて、起きた時何か達成感を感じたのを今でも覚えております。
女性ゆいそれなりにあると思う日頃から母国語である日本語と同じ程度に英語を聞き、英語で考えることがあるからではないかと思います。

正直、日本における英語教育のように、やれ文法が構文が単語がといった常に脳内変換しながらでないと理解することができないような状態であれば、おそらく英語の夢を見ることはできないのではないかというのが実感です。

また、英語を英語として特別なもの・身構えなければならないものとして捉えるのではなく、流れる水のように、さらさらと受け入れるニュートラルな気持ちを持って接することも、英語で夢を見る上では大切になってくるのではないかと思います。
女性はなこそれなりにあると思う英語を話す必要性が増え、必死になって現実で勉強しているときに初めて英語の夢を見ました。現実同様夢の中でもあまり流暢に英語は話せていませんでしたが、どうかしなければいけないという強い思いが夢の中身にまで影響したのだと個人的には思っています。

また、華麗に話せてはいないもののどうにか人とのやり取りはうまくできている様子だったので、自分自身がまずはそうなりたいという思いを反映していた面もあったような気がします。
女性mmknそれなりにあると思う私が大学2年生の時にカナダに語学留学に1年間行っていました。同じ学校の生徒10名程度で行ったのですが、最初はみんなで寮生活でした。

何もわからずに日本語ばかりで会話していたのですが、やがてホストファミリーの家で生活することになりました。そうすると学校で日本の友達に会わない時間はすべて英語漬けでした。

英語が通じないことでストレスに感じることが多かったのですが、2か月ほど経って話せはしなくても相手が何を言っているかわかるようになる頃に英語で会話している夢を見ていました。
男性ゆんちゃんそれなりにあると思う先日、病院で当直をしているときに海外の方の対応をしました。その余韻が残っていたのか、その後当直室に戻りひと眠りした時に外人と南国のビーチでサッカーをしている夢を見ました。

英語はあまり得意ではありませんが、英語を一生懸命話したせいか、脳が英語に反応しっぱなしだったのではないかと思っています。

つまり普段から英語に接していればおのずと夢は英語になるのではないでしょうか。でも慣れるまで疲れるかもしれませんね。
女性たまパンダそれなりにあると思う英語圏の方と付き合っていた時に英語をしゃべる夢を見ました。メールも英語、電話も英語、会った時もほとんど英語なので、生活の中で英語を意識することが増えていきました。

付き合いが長くなるにつれ、夢の中で彼が出てきた時も英語で彼と話していました。でも、そんな上手な英語ではないので彼に私の気持ちが伝わらずもやもやしたり、話が通じて喜ぶ自分も夢の中で見れました。

中国語の勉強もしたことあるのですが、テスト前になると夢の中でやはり中国語で話す自分がいました。色んな言語を勉強すると、夢の中でその言語を使うことはほかの方もあるのではないかと思いました。
女性ふくみあまり関係ないと思う日頃英会話とは縁がない生活を送り、学校で習った知識もほとんど忘れてきてしまっているが、洋楽を聴いたり簡単な会話のリスニングならできる。

その日は映画館で日本語字幕の映画を観て、その後立ち寄った飲食店で、近くで何かイベントがあったのか、外国の人が多く訪れており、店内の会話のほとんどが英会話に聞こえる状況だった。そのため、なんとなく自分の脳に英語の会話の雰囲気が残っていたのだと思う。

夢の中ではペラペラと、あらゆる人と意見を交わしていたのだが、起きたら英語で話している夢だとは思ったが、何について自分が話したのかわからず苦笑してしまった。
女性ueあまり関係ないと思う英語学習のために、洋画を繰り返し見る日々を続けていた時に英語で夢を見ました。と言っても、英語で話される洋画を見ながら自分が発する言葉は、やはり自分の英語レベルに沿って、自分が咄嗟には話せるレベルのOH NO!のような簡単な感嘆詞的なことばだけでした。

けれども、夢を見た自分としてはとても感動できて、継続して同じ勉強を繰り返してただからことができました。寝る直前まで、洋画を見ているので脳がトレースしたのかなと感じました。
女性hiro1019あまり関係ないと思う自分が海外旅行から帰ってきて、英語を話せるようになればいいと心のどこかで、思っていたから、夢に英語で話すと言うことが出てきたのだと思います。

事実海外旅行のあとは、スピードラーニングなどの教材のコマーシャルが、非常に気になりますし、英語を簡単に、話している人や、芸能界の方を見ると、うやらましくなる気持ちもあります。海外旅行で、生の英語を聞き、わからないながらも英語を話さなければいけないという状況を経験したので、夢に出てきたと、思います。
女性つぶきちあまり関係ないと思う職場で外国人留学生を受け入れた際、二人きりの部屋になってしまったため。

英語は知っている単語を必死で組み合わせて会話を成り立たせている状態でしたので、挨拶や連絡事項だけの素っ気ない会話のみにしないよう、なんとかコミュニケーションを取れるようにと色々と一緒に楽しめる話題がないか、伝えるためにはどうしたらいいかを考える日々だったからだと思います。

夢の中では理想通りに話せているかというと、そうではなくむしろ普段より喋れていませんでしたので、願望は反映されないようです。
男性jamuあまり関係ないと思う自分が洋画好きで、それらの作品をよく見ていたから、そして映画の内容と共に俳優の声も好きでよく覚えていたからだと思います。

夢の内容は、会社上司と会議で話をしているのですが、声がだんだんと俳優のジェームズ・スチュワートの声に、そして日本語から英語になっていくという不思議なものでした。会社の仕事よりも、好きな俳優がでている作品がみたいという心理が働いてそういう夢になったのだと思います。

当時は英検一級に向けて学習していた時期でもあったのでそれも大きく影響したのでは無いかと思えます。
男性さるあまり関係ないと思う寝る前に数時間、海外ドラマをずっと見続けた時に、恐らく感情移入をしていたので、夢の中で勝手にストーリーの続きを展開していて、自分自身も登場人物の一人になって、当然ながら周りは全て外国人で英語を話しているので、終始英語で会話している夢を見ました。

根本的には、外国人の俳優に若干の憧れがあるので、海外ドラマのように長く見ているうちに、自分もあのようになりたいという願望が夢となったケースだと思いますが、夢だと自分の分かる単語しか出てこないので勉強に直結するかは微妙です。
男性げんさんあまり関係ないと思う学生時代に英語を専攻していましたが、就職先が全く英語に関係がない仕事で、英語学習・英語自体からしばらく遠ざかっていました。

しかし、最近、アメリカのドラマに夢中になって、毎日のように日本語吹き替え・字幕なしで見ていたら、なんとなく昔学んだ英語の感覚が戻ってきて、ドラマの登場人物の言っていることがやんわりと理解できるようになっていきました。

分からない事は直ぐ意味を調べて、その場で納得しました。気がつくと、毎日英語づけの生活になっていて・・そんなある時、夢の中でも英語を喋っているじゃありませんか!夢のストーリーもはっきりと覚えているし、どんなシチュエーションかも理解できました。

要は、英語づけの生活を過ごしいたので、夢の中でも無意識に英語で物語を作っていたんではないかと思ってしまいます。
男性みんあまり関係ないと思う普段から英語の勉強をしていたからだと思います。特に観光の案内についての英語を学んでいたので、私が見た夢の内容というのも、見知らぬ外国人たちを日本のディズニーランドへ案内している夢でした。

そのため英語を勉強している人は夢の中でも英語が出てくる可能性が高いのではないかと思っています。

ちなみにその夢の中では自分の実力以上の英語は話せなかったので、その夢自体に英語能力を伸ばす効果はほとんど無いと思っています。
男性おこのあまり関係ないと思う最大の理由はやはり夢で見た環境と近い環境を現実でも経験してることだと思います。

私が英語で夢を見る時はほとんどの場合において私自身が日本ではなく海外のどこかで誰かと事務的な会話をしていることが多いのですが、これは私がよく海外旅行をするという点と仕事上英語の定型文のメールを送ることが多いという2点が合わさって生み出されているような気がします。

英語で夢を見ることが英語の成長性とはあまり関係ないと感じた理由としては夢の中の私の方が現実より流暢であり、より多くの単語を知っていることが多いからです。また英語能力のみならず性格的にも現実よりフレンドリーになっている気がします。つまり夢には自分の願望や理想が入っているのではないかと感じます。
女性てんあまり関係ないと思う英会話を習っていた時期があり、英語を喋りたいと言う意識から夢に出てきたのだと思われます。わからない英語もあったが英語に追われる夢を見たので、頭の中で意識的に英語を話そうと一生懸命だったのだと思います。

私の英語レベルは初級ですが、夢の中では英語を話していたので不思議な感覚でした。英語を習ったその日は頭の中で整理をして英語が夢として出てくるのだと思われます。

私は特に眠りが浅く、夢を見やすい方であったので英語での会話が浮かんできたと考えています。
女性みみあまり関係ないと思う私が英語の夢を見た理由は、当時の恋人が英語話者であったことが大きいと思います。私自身は英語が苦手ですが、恋人も日本語が堪能というわけではなく、日本語と英語を交えて会話をしていました。今普通に生活している時に比べたらはるかに英語を用いることが多かったです。

その影響が夢に現れたのだと思います。普段の生活でどれだけ英語に触れているか、実際に英語を使って会話をしているかが影響すると思います。

教材などで英語を聞くだけでなく誰かと実際に会話していることが大事だと思います。
女性まるまるあまり関係ないと思う英語の夢を見れた理由は、英語を勉強していたことに加え、英語の環境に熱中していたことだと思います。私が英語の夢を見たのは、「プリズンブレイク」という海外ドラマにハマっていた時期です。

毎回ハラハラする展開、主人公の悲しい生い立ち、度重なる苦難に立ち向かう姿にのめり込んでいました。

これはただ勉強していたという状況ではありえないことだったと思います。大した会話はできていなかったと思いますが、主人公の仲間の一員として会話していました。
女性ぶらあまり関係ないと思う夫の単身赴任先であるマレーシアへ1ヶ月程度行っていた時の事です。当時、夫が住んでいたコンドミニアムに入ってくるホームクリーニングのマレーシア人が1週間に3回来るのですが、夫は仕事でいない為に私が対応しなければなりませんでした。

ホームクリーニングに入ってくるオバちゃん達は気さくな人達ばかりだったので、英語で私に話しかけて来るのですが、こちらは上手く答えれなかった事が数回続きました。ですが、回数を重ねていくうちに私も簡単な単語を使用して返答出来るようになっていきました。

そんな中で帰国1週間前ぐらいの時にでホームクリーニングのオバちゃんに話しかけられる夢を見ました。自分が上手く返答出来ていたかどうかは覚えてはいませんが、向こうはこちらに英語でhome cleaning? how are you と言ってきたのは覚えています。
女性minonあまり関係ないと思う仕事で国際系の現場に入った時、自分と同じスタッフも来場者もほぼ全員が5日間通してほぼ英語で会話していた。

もちろん自分も困らないように事前にQ&Aを作成して翻訳サイトに入力して発音を勉強し、分からない時は英語の堪能なスタッフに聞いたりして慣れないながらも必死で英語で会話をしていた。

そんな状態で2~3に日経った時、いつものように英語まみれの仕事場から帰り疲れが溜まった状態で眠りについたら夢の中での会話も英語でした。
女性まりあまり関係ないと思う私が今導入している学習法は、とにかく外国の映画を見まくる、というものです。その際、音声はもちろん英語で、字幕を付けることもありません。視聴する作品についても、内容を知っているものではなく、一度も視聴したことのないものを選ぶようにしています。

少なくとも1日に1本は見るようにしているので、もしかすると、こういったことが夢につながったのかもしれません。

自分が主人公になっていて、作中で語られていたセリフを発していました。
女性つーちゃんあまり関係ないと思う大学生の時に留学生のメンターで、休日に担当していた留学生を博物館などに案内した日に英語で夢を見ました。その日は1日英語でやり取りしていたので、自身の語学力の上達というよりは、英語を普段以上に使っていたことが関係していたと考えます。

夢は記憶を整理する意味合いもあると聞いたこともあるので、1日の中で英語を使う割合が多いと見るのではないでしょうか。

外国人のパートナーがいる友人も英語で夢を見ることがあると言っていたので、英語で話す機会が増えれば必然的にそうなるのだと思います。
女性sora全く関係ないと思う初めての海外旅行に行ってからそんなに日が経っていないときに夢を見ました。夢を見れた理由は、海外旅行に行ったときのことをまだしっかり覚えていて、自分が海外にいることに違和感を感じていない時期だったからではないかと思います。

また、海外旅行に行った時の出来事が当時の自分にとってはかなり印象的で、簡単には忘れられないものだったので、それが自分の中に残っていたことで夢の中でも英語での海外が出てきたのではないかと思います。
男性清川全く関係ないと思うホテルのフロント業務をしている私が、多くの外国人観光客を相手に流暢な英語で話をしている夢を見たことがあります。

当時、都内のホテルに転職したばかりの私は会社の指示により、毎日のように仕事が終わると英語学習をしていました。恐らく、日々の慣れない学習にストレスとプレッシャーを感じていたため、そんな夢を見たのかもしれません。

ちなみに、その時点での私の英語能力は中学生レベルにも及ばないもので、日常会話などとても出来る状態ではありませんでした。英語力の成長と夢は全く関係がないようです。
女性ゆいまある全く関係ないと思う子どもの英語教室の先生がやっているという1時間500円の英会話カフェに行った日の晩に英語でしゃべる夢を見ました。

ちなみに私はほぼ英語がしゃべれなかったのですが、そのカフェに一緒に行ったママ友はびっくりするくらい英語がペラペラでした。

カフェにいた外国人の方とも英語で盛り上がり、ママ友は大いに楽しんでいました。そんなママ友の姿に大いに刺激されたせいで、英語でしゃべる夢を見たのだと思います。夢の中で私は流暢に英語を話していました。

アンケートの総括とコメント

・英語で実際に夢を見た人の8割が、英語力の成長と関係があると答えている。
・英語で夢を見ることができる人は、海外留学生が多く、えいご漬けの環境が非常に重要だと考えられる。
・コメントでは、自然と英語で考えることができる「英語脳への切り替わりのタイミングだった」と、とらえている方々も多い。

科学的な知見がまだ定まっていないため、はっきりしたことはわかっていませんが、多くの方がえいご漬けな環境で英語の夢を見ていることから、英語の夢と英語脳、成長へのブレイクポイントには相関関係がありそうです。

海外留学をした人は強制的に24時間英語だけの生活環境に放り込まれるため、英会話のインプットとアウトプットを大量に繰り返します。海外留学を通して流暢に英会話ができるようになる人が多いのは、英語脳を獲得しやすい環境に身を置くからこそです。

もっとも、海外留学は英語学習における一つの理想ではあるものの、海外留学しなければ英語で夢を見られない、なんてことはありません。

英会話の量を増やすことで海外留学同様の効果を得ることができます。例えば、オンライン英会話はコスパが良いため、上手に活用することで、自宅に居ながらにして海外留学のように英語学習を進めることもできます。

ここで大切なことは、英語学習の中心を英会話に据えることです。
英会話を通して英語で物事を考える時間が多ければ多いほど英語脳の獲得が早まり、それだけ英語で夢を見られる日が早く訪れます。

テレビやラジオは英語放送だけにする、ニュースも英語で提供されるコンテンツに絞る、聞くミュージックは洋楽だけに絞る、YouTubeを見るときも英語コンテンツだけにする等々、日常生活のなかに英語に接する時間を多く採り入れることができます。

「英語で夢を見る」を英語学習のひとつの目標にしてみてはいかがでしょうか。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Share

follow us in feedly

最新記事

カナダ留学エージェントの口コミ評判「カナダ留学コンパス」とは?

「カナダに留学したいけど、どこで申し込めばいいの?」 この記事では、カナダ留学エージェントの選び方のコツや注意するべき点、そしておすすめのカナダ留学エージェントの一つ「カナダ留学コンパス」を紹介...