spot_img
留学マナビジン留学エージェント悪質な留学エージェント5パターン!失敗しない留学エージェントの選び方とは?

悪質な留学エージェント5パターン!失敗しない留学エージェントの選び方とは?

この記事では悪質な留学エージェントを実際の口コミ事例を元に、5パターンにわけてご紹介します。

語学に不安があったり初めての海外渡航だったりする場合は、語学学校や滞在先、ビザなどを手配してくれる留学エージェントにお願いをすることで、準備や手続きにかかる膨大な時間や労力を削減できます。

しかし一方で、慎重に留学エージェントを選ばないと、悪質なものや不満の残る状態のまま留学手続きを進めてしまい、思い描いていた留学生活が送れなかったという方も少なからずいます。

そこで、正しい留学エージェントの選び方を、残念な留学エージェントを利用してしまった方の口コミとともに解説します。

残念〜悪質な留学エージェント5パターン

エージェントを通して留学してみて、こんなはずじゃなかったと後悔してしまった残念なポイントを5つご紹介します。

① 留学費用が高すぎる

まずひとつ目は「サポート代が思ったよりも高かった」、「ここまで必要なかった」という後悔事例です。
手数料が無料のエージェントもありますが、もちろん有料の留学エージェントもあります。

手数料無料とホームページに記載されていても、サポート内容や留学期間などの条件によっては別途手配料などの料金が発生することも!

学費や滞在費にプラスして様々な手数料がかかると費用も高額にならざるを得ません。

実際に大手老舗の留学エージェントということで安心してエージェントを利用された方の中には、丁寧な対応ではあったけれど想像以上に高額な費用がかかってしまい残念だったという声が届いています。

国内留学エージェントを利用:カナダ・バンクーバー 20代女性

語学学校からのつながりで利用しましたが、結構お金かかりました。選ぶことのできる学校が少なく選択権はあまりないですし、手数料だけでも万単位のいい金額とられました。対応は親切で手続きとかも任せられる楽さはあるけれど、その分お金をとるといった感じで、とにかく安くという人には向かないのだなとあとから学びました。

留学費は渡航費とかでは抑えたいとか、細かい要望きかせて節約したいならここに頼むのは違うかなと思います。

国内留学エージェントを利用:オーストラリア・シドニー 40代女性

大手老舗の留学エージェントで信頼感があったし、ランキングなどでの口コミ評価も高かったので利用しました。しかしエージェント担当の方の対応は丁寧でしたが様々な手数料がかかってしまい、思っていたよりも費用が高くついてしまったのがデメリットです。

② 留学先でのサポートが不十分だった

2つ目は現地サポート体制の不満です。
留学エージェントを利用する方の中には、留学した場所での不安を少なくしたいと考えて現地にサポートオフィスがあったり、24時間のサポート体制が整っていたりするところを選ぶ方も多いのではないでしょうか?

サポートに期待をしていたのに、その内容や対応が残念だとがっかりしてしまいますよね。

国内留学エージェントを利用:カナダ・バンクーバー 20代前半男性

バンクーバーへの留学を決めた理由の1つに、現地のサポートオフィスの存在がありました。 実際、現地でサポートオフィスを利用し、仕事探しについて相談をしました。しかし返答は、諦めずに受けるしかないから頑張れ、という抽象的なものでした。仕事をあっせんしてくれるとは思っていませんでしたが、履歴書の書き方や面接の注意点など、具体的なアドバイスがもらえると期待していたので、少し残念でした。結局、ただ自分の悩みを聞いてもらうだけの時間になってしまいました。

その後、現地の友人に履歴書の書き方を教わるなどして、無事に仕事をゲット。せっかく留学に行くなら、誰かに頼ることばかりではなく、自分でいい結果に導けるように行動していくのが大事と認識できました。

国内留学エージェントを利用:ロシア・モスクワ 20代後半

出発前の説明やフォローアップはとても親切で、不安な点や不明点をすぐに解消していただきました。熟練のスタッフが多く、知識もあり頼りになると思いました。しかし、いざ現地に行きトラブルが発生すると、現地の人とコミュニケーションが取れない人が多く、連絡をしても解決に時間がかかり、結局自力でなんとかしなければなりませんでした。エージェントもピンキリだとは思いますが、出発後の対応がここまで酷いとは思いませんでした。

③ 留学前と現地の状況が異なっていた

3つ目は、実際に現地へ行ってみたら事前の情報と異なっていたという悪質な案件です。ホームステイ先の状況が異なっているという内容が多いようです。また、「国籍比率や現地でのカリキュラムが事前に聞いていたのと違う」という学校関連のネガティブな口コミもありました。

大手の留学エージェントを利用:カナダ・バンクーバー 30代男性

基本的にレスポンスが遅かったこと、ホームステイ先の住居が事前に聞いていたのとは違った事などです。渡航前の色々な分からない事や不安な事をメールで質問しても一向に返信が返ってきませんでした。コールセンター的な所に電話をしても、メールで問い合わせをして下さいの一点張りで取り合ってくれませんでした。

ホームステイ先は一軒家で個室が与えられると聞いていましたが、実際は寄宿舎のような所でしかも相部屋でした。他のエージェントに比べて料金が高いので、もう少しキチンと業務を行って欲しかったです。

現地留学エージェントを利用:アメリカ、ワシントン州 10代女性

ホストファミリー関連のサポート体制ができていなかった。ホストファミリーになる前に現地のスタッフが実際に家を訪ねインタビューをすることが定められているにもかかわらず、私の滞在先は遠いと言う理由から家庭訪問の段階がスキップされていた。結果、大麻を吸うホストファザーがいる家庭に派遣された。

掃除を全くしない家だったため、埃アレルギーになり、病院にも行き、検査結果でアレルギー強い反応が出ていることが示されたかも関わらず、日本の両親には「病院に行き、アレルギー反応は確認されませんでした」と嘘の報告がなされた。自分の身は自分で守るしかないと感じた。

大手の留学エージェントを利用:フィリピン・セブ島 20代後半

日本人が少ない学校を選んでほしいとお願いした。その結果日本人は2割もいないという学校に決めてもらった。しかし、実際に現地の学校に行ってみると、日本人はおよそ8割とむしろ逆の割合であり、さらに皆同じように言われてその学校に決めたと話をしていたことである。実際には、その現実をエージェントに電話をしている生徒も多く、現地のことは現地の学校の担当者に聞いてくださいと言われ、門前払いをくらっていた。実際現地に行くと勉強がメインであるため、エージェントに相談をする暇もないのも分かっていて、そのような対応をしているのではと疑問が浮かぶほどであった。

④ レスポンスが遅かった

トラブルに巻き込まれたり、質問したいことがあったりした際にレスポンスが遅く困ったという事例もあります。

現地留学エージェントを利用:フランス・パリ 20代女性

聞きたいことがあってメールしても基本的に1日以上返信が返ってこなくて、すぐに知りたいことがある時は不便でした。また説明も詳しくされていない部分があり、実際聞いていた話と違うと思うことがあったり、タクシーの手配についても日時が言われておらず予約をお願いしたら手配できませんと言われたことがありました。基本的に良心的ですが、所々対応の甘さや遅さを感じることがあり初めて留学する人にとっては不安を感じるかもしれないです。

⑤ 要望が通らない、営業がしつこい

滞在方法が選べなかったり、学校の選択肢が少なかったりなど、エージェント側の都合で要望を伝えても聞き入れてもらえなかったという経験も寄せられました。
また、高額な学校しか選択できないようになっていたり、大学進学の前に無理やり語学学校に通わせようとするエージェントもあるようです。

現地留学エージェントを利用:オーストラリア、メルボルン 20代男性

個人的な評価は高かったのだが、不満点を挙げるとすれば、滞在先を〝ホームステイ〟のみに縛ろうとしてきたことだ。自分はホームステイ先がどのような環境か分からず不満だったので、色々と意見を求めて「学生寮」のようなところを探してほしいと頼んだのだが、当時の担当者からは「普通の人は必ずホームステイをする」との一点張りでなかなか取り合ってくれなかった。カウンセリングに行った際にエージェントから「1人ひとりに寄り添う」との話があったから頼ろうと思って選んだので、正直そこが少し残念な点だった。

大手留学エージェントを利用:カナダ トロント 40代女性

大手老舗の留学エージェントで信頼感があったし、ランキングなどでの口コミ評価も高かったので利用しました。留学先は幅広いですが、学校は提携しているところからしか選べないので選択肢は狭いと感じました。またちょっとした営業っぽい提案が強く断るのが面倒だとも感じました。

現地留学エージェントを利用:カナダ・トロント 20代

日本人スタッフがいる学校からかなり仲介手数料をもらっているのか、自分の希望に満たない学校を何度もしつこく進めてきたり、エージェントおすすめの学校のデメリットを知らせてくれないなど、紹介に偏りがあると感じました。また、私が利用していた3年前の現地の受付の方が不愛想で、部屋に入るのにいつも緊張していました。

▼あわせて読みたい
ワーホリエージェントおすすめ【17社】失敗しない選び方とは?

1. 悪質な留学エージェントを避ける方法

残念なエージェントをなるべく避けるために、留学エージェントを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをまとめました。ぜひ参考にして、ご自身にぴったりなエージェントを見つけてみてください。

自分の留学の目的・費用などを明確にしておく

エージェントを選ぶ前に、どれくらいの期間どこで何をどんなふうに学ぶ留学がしたいのか、費用はいくらかけられるのか、どのようなサポートを期待しているのかをはっきりさせましょう。

エージェントによって、得意とする分野や国も異なりますし、費用面もひとくくりにエージェントといっても大きな違いがあります。

まずは、このポイントを明確にすることでご自身に合ったエージェント選びがしやすくなります。

2. 複数のエージェントを比較する

留学エージェントは大手で複数の国を扱う会社から、特定の国や進学先を専門に取り扱っている会社まで様々です。

そのため、比較せずに目にとまったエージェントのみしか確認せずにそこで進めてしまうと、悪質エージェントでなくても思っていたもの違ったというがっかりポイントが出てきてしまいます。

自分がかけられる費用、必要なサポート内容、選べる学校や留学の種類がフィットしているかを必ず確認してみてください。

そうすることで、費用が高額すぎる、学校や滞在先が要望通りにならない、サポートが少ないなどの残念ポイントであればあらかじめ回避することができます。

もし、複数のエージェントで決めかねている場合は、初回カウンセリングや見積もりが無料でできるエージェントも多いので、ご自身の理想の留学が予算内で可能なのか問い合わせてみたうえで絞るのも良いかと思います。

3. 不安な点は事前に確認する

不安な点やここだけは必ずしっかりと対応してほしいと思っているポイントは、事前に確認するのがおすすめです。

例えば、メールや電話相談が24時間いつでもできるのか、もしもホームステイ先が合わなかった場合どういった対応をとっていただけるのかなど、留学先でのトラブルを想定して質問しておくと良いかと思います。

とくにサポートについては、現地にオフィスがあるのか、また対応してくれるのは日本人スタッフなのかによっても、サポートのスピード感や対応の質に差が出てきます。

利用するエージェントが悪質であった場合には確認しても本当の情報を得ることができないかもしれませんが、多くのエージェントでは行っているサポートに関しては正しく教えてくださるかと思いますのでご自身が求めている対応が受けられるのかを確認してから、申し込みをしましょう。

4. エージェントのスタッフとのやりとりから信頼できるか見極める

問い合わせやカウンセリングなどエージェントのスタッフの方とのやり取りを通して、親身に考えてくれる信頼できるスタッフなのか、連絡はスムーズにとることができるのかなどを見極めていくことも必要です。

エージェントが悪質でないか判断する材料にもなりますし、エージェント側に問題がなくても留学中にアクシデントやトラブルに見舞われた際にスピーディーかつ信頼のおける対応が期待できるかどうか考えてみてください。

5. 実際にエージェントを利用して留学した方に訊いてみる

こちらは、知り合いの方が留学されたりしていない場合は忌憚のない意見を訊くのは難しいかもしれませんが、実際にエージェントを利用した方の生の声を訊くと参考になるかと思います。

良かった点だけでなく、マイナスだなと感じた点も教えてもらうことでそれが自分にとって妥協できるポイントなのかを吟味したうえで利用を決めるのがおすすめです。

まとめ:トラブル対象になりやすい項目を知っておこう!

今回の口コミ調査では国内の留学エージェントからは「留学費用が高い、現地サポートが薄い」といったクレームが上がりやすく、逆に現地エージェントからは「対応が遅い(やり取りが遅い)」「要望を聞いてもらえない」といったクレームが上がりやすい傾向がありました。

留学費用が高い・・・手数料が有料だったり、授業料の高いところを勧められる
現地サポートが薄い・・・海外に拠点がない、サポートする気がない
対応が遅い・・・現地と日本で時差があり遅れる、そもそも対応人数が少ない
要望を聞いてもらえない・・・そのエージェントの実績が少ないため、選択肢に限りがある

といったことが考えられます。

完全に悪質なエージェントを防ぎきれるわけではないですが、チェックポイントを参考に、ご自身の留学に合ったエージェントを探してみてください。

ぜひ、リスクを減らして理想の留学を実現してくださいね!

▼信頼できるおすすめの留学エージェントはこちら
留学エージェントおすすめ15社人気ランキング【2023冬】比較一覧

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

円安でも安く留学するならスマ留

円安の影響で費用が1.25倍!? でもスマ留ならまだ安い!

円安の影響で2年前に比べて留学費用は1.25倍(120円→150円)になりました。多くのエージェントが値上げをする中、実はスマ留はまだ1ドル120円台の価格で申し込めます!(10月時点)
留学に興味がある方は、今すぐ以下のボタンをクリック。

\ 30秒で無料カウンセリング予約できる/

11ヵ国の留学費用がすぐわかります。

こちらの記事もおすすめ

人気記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

英語の略語・スラング【168選】チャットやメールで使われる短縮表現まとめ

外国人とチャットやメールのやり取りをしていると、たまに出て来る意味の分からない略語(短縮表現)やスラング。 今回は...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?

あなたが英語を学ぶ目的は何ですか? ・転職・就職のため ・昇進のため ・外国人の友達が欲しいため ・必要に迫...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

新着記事

【ドイツ高校留学#3】なぜドイツ?高校生に人気の留学先7ヶ国と子供の本音

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

【オーストラリアワーホリ#3】海外に着いて10日目までに行う手続(銀行口座開設、TFNなど)

いよいよ、ワーキングホリデーに行くまでの準備が整いました。今回は海外に着いてからすぐに行う手続き等についてまとめていきま...

【カナダワーホリ#2】誰もが直面する仕事探し!私がトロントでホステルの仕事を獲得した道のり

ワーホリで渡航した後に誰もが直面する仕事探し。ワーホリでの仕事探しはどうやっているのか疑問に思っている人も多いはずです。...

【ロサンゼルス留学記#2】現地人もきつい!LAのリアルな生活費、物価、税金の今

私は将来アメリカで働くために、英語力向上と、いくつかの認定証や資格取得を目指してロサンゼルスで勉強している社会人留学生で...

【ドイツ高校留学#2】1年間の交換留学、利用したのはAFSの留学プログラム

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

英語ニュース【5月9日配信】役に立つ!海外旅行で使える英会話フレーズ集

最新の英語ニュースを毎週お届けするこちらのコーナー、今週は海外旅行で使える英会話フレーズ集やサマーカレッジ、国内キャンプ...

【オーストラリアワーホリ#2】知らないと苦労する!ワーホリ準備9ステップ

ワーキングホリデーに向けて、今回は日本から出来る海外渡航に向けての準備についてまとめていきます。 私は、なるべく費...

【カナダワーホリ#1】トロントでワーホリをする前に知っておきたい10のこと

カナダへのワーホリといえばどのようなイメージがありますか? 寒い、カナダ英語、アメリカに近いなどなど様々なイメージ...

【ロサンゼルス留学記#1 】LAはとにかく過ごしやすい!温暖な気候で留学はいかが?

私は去年の秋からロサンゼルスのトーランスという、海岸に近いエリアで勉強している社会人留学生です。 秋学期を無事に終...

【ドイツ高校留学#1】わが家の留学先の選定から出発するまでの手続きについて

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 今回からシリーズで、ドイツの高校へ留学した男子高校生のリアルな留学体験...