Jollibee(ジョリビー)

フィリピン留学に来た生徒さんはこの「Mr.Jollibee(ジョリビーくん)」に見覚えがあるのではないでしょうか?

今日ご紹介するのは、ほとんどの留学生の方が一度は行ったであろうフィリピンNo1ファストフードのジョリビー(Jollibee) です!
ジョリビーの全メニューやお得情報まで大公開します。

ジョリビー(Jollibee)とは

Jollibee(ジョリビー)
フィリピン人が最も好きなファストフード店です。
あのマクドナルドが世界で唯一シェア1位を取れない国、それがフィリピンです。
1位はもちろんジョリビー!フィリピンではマクドナルドもほとんどのメニューをこのジョリビーに似せて提供しています。

▶︎【ジョリビー vs マクドナルド】フィリピンのファーストフードを制するのはどっち?

現在、ジョリビーはフィリピンで1000店鋪以上あります。どのモールにもだいたい1店舗はあります。セブ島に限って言えばジョリビーがないモールはありません。特にセブ島はフィリピンの中でもジョリビーが人気がある地域なんですよね。

それにしてもこのジョリビーグループ、フィリピンでは多くの有名ファストフードを傘下に持っています。
・Jollibee(ハンバーガー)
・Chowking(中華料理のファストフード)
・Greenwich(ピザ・パスタのファストフード)
・Mang Inasal(BBQのファストフード)
・Burger King(フィリピンのみ)
・Red Ribbon(ケーキ屋)
などもJollibeeグループです。

ジョリビーのメニュー

Jollibee(ジョリビー)のメニュー
それではジョリビーのメニューをご紹介します!

日本のハンバーガーチェーン店とは少し違うメニューがあるので必見ですよ。

Chickenjoy(87ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のフライドチキン
ジョリビーと言えばこれでしょう、フライドチキン!
日本人には変な感じがしますが、フライドチキンとライスの組み合わせがフィリピンでは普通です。

そしてグレービーソースという肉汁でできたソースがついてきます。日本人はあまり好きな味ではないかもしれません。フライドチキンにはしっかり味がついていますので、ソースがなくても美味しいです。

Jollibee(ジョリビー)のフライドチキン
フィリピン人にはオリジナル味よりこちらのスパイシーチキンの方が人気です。と言ってもそこまで辛くはないので、お子さんでも食べられると思います。

揚げた後、スパイシーの粉をまぶしています。なのでたまに粉が固まっていて辛い時がありますが、それはそれで美味しいです(笑)

Jollibee(ジョリビー)のフライドチキン
実はジョリビーのフライドチキンは好きな部位を選べます。店舗にもよるのですが、だいたい写真のような看板がレジカウンターの上にあります。

・LEG(脚)細長い骨つきの部位
・THIGH(腰)一番オススメの良い部位!
・RIB(リブ)骨が多い部位
・BREAST(胸)ジューシーさに欠ける
・R/W(胸/手羽)胸と手羽の中間
・WING(手羽)味が濃くて美味しいが小さめ

Jollibee(ジョリビー)のフライドチキン
・C1(チキン1個、ライス)87ペソ
・C2(チキン1個、スープかミニサンデー、ライス)102ペソ
・C3(チキン1個、スパゲティ)87ペソ
・C4(チキン1個、フレンチフライかマッシュポテト、ライス)102ペソ
・C5(チキン1個、Palabok)155ペソ
・C6(チキン2個、ライス)87ペソ
・チキン6個 370ペソ
・チキン8個 485ペソ

Jolly Spaghetti(60ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のスパゲティ
フィリピン人にはこのスパゲティも人気!

でも日本人でこれが好きと言う人はあまりいないですね。なぜなら、甘いんです。
バナナケチャップを使っているのでソースが甘いんですよね。さらに、麺もアルデンテではなく柔らかめです。

Jollibee(ジョリビー)のスパゲティ
・S1(スパゲティ)60ペソ
・S2(スパゲティ、フレンチフライ)90ペソ
・S3(スパゲティ、Yumバーガー)90ペソ
・S4(スパゲティ、Yumチーズバーガー)100ペソ
・S5(スパゲティ、ハンバーグ、ライス)100ペソ

Burger Steak(60ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のハンバーグ
こちらはハンバーグ。ソースはやはりグレイビーソースです。
マックのハンバーガーのパテと同じぐらいの厚さ。

Jollibee(ジョリビー)のハンバーグ
・B1(ハンバーグ1枚、ライス)60ペソ
・B2(ハンバーグ2枚、ライス)95ペソ
・B3(ハンバーグ1枚、春巻き3個、ライス)90ペソ
・B4(大ハンバーグ1枚、ライス)125ペソ
・B5(ハンバーグ1枚、フレンチフライ、ライス)90ペソ
・B6(大ハンバーグ1枚、フレンチフライ、ライス)155ペソ

YUM BRUGER(80ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のハンバーガー
ジョリビーのハンバーガーです。中はパテ1枚と、ソースのみ!
フレンチフライとドリンクのセットです。

このYUM BURGERも日本のマックのハンバーガーと同じぐらいの大きさ。これ1個だけじゃお腹いっぱいになりませんね。

Jollibee(ジョリビー)のハンバーガー
・Y1(YUMバーガー、フレンチフライ)80ペソ
・Y2(YUMチーズバーガー、フレンチフライ)90ペソ
・Y3(TLCバーガー、フレンチフライ)110ペソ
・Y4(CHAMPバーガー、フレンチフライ)175ペソ
・Y5(チーズベーコンマッシュルームバーガー、フレンチフライ)115ペソ
・Y6(チーズベーコンマッシュルームCHAMPバーガー、フレンチフライ)185ペソ

Champ(175ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のハンバーガー
同じハンバーガーでもこちらはおすすめ!YUM BURGERとは別物です。

上でもご紹介したCHAMPという大きなハンバーガー。
ジョリビーのメニューの中では高いので、このチャンプを頼む人はそういません。3回に1回は「Not available(つまり品切れ中)」と言われます。

作り置きもしてないので、だいたい出来立てを食べることができます。だいたい10分ぐらい待つことが多いですね。

味ですが、このチャンプはパテも全然違います。野菜も新鮮でトマトも厚切りでちゃんと赤いトマトが入っています。
マクドナルドと比べても断然美味しい。

Cheesy Classic(67ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のホットドッグ
ホットドッグ。こちらもドリンクが付いています。
味は普通ですね。ソーセージもまあまあ大きいですが、パリッとした皮、ジューシーなソーセージというわけではないです。

最近プラス料金でトッピング3種類増量できるようになりました。
・チーズ
・ベーコン
・ハラペーニャ
それぞれプラス10ペソで、3種類全部頼むと25ペソです。

フレンチフライつきはプラス30ペソ!

French fries(36ペソ)

Jollibee(ジョリビー)
フライドポテトは英語圏では「フレンチフライ(Flench Fries)」と言います。
マクドナルドよりは甘みが強いかなと思います。

写真はレギュラーサイズです。
・Regular 36ペソ
・Large 59ペソ
・Jumbo 67ペソ

その他、期間限定のフレーバーで今はWASABI味があります。この期間限定が面白くて、WASABI味の前はイチゴ味なんて変わり種もありました。
・Regular 40ペソ
・Large 65ペソ
・Jumbo 80ペソ

そしてUbe Pie(29ペソ)。
Ubeとは紫芋のことです。これは美味しいですね。Ubeと多分カスタードを混ぜたクリームが入っています。大きさはマクドナルドのアップルパイと比べると半分ぐらいです。

このパイは期間限定で色々なシリーズが出ていますので、是非トライしてみてください。
たまに外れのシリーズもありますが(笑)結構美味しいですよ!

あと、レギュラーメニューでTuna Pieがあります。Tunaはマグロのことです。
でもこちらはなぜかパイだけの単品メニューはなく、ドリンクとフレンチフライセット(89ペソ)か、3個セット(130ペソ)となります。

HALO-HALO SANDY(39ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のハロハロサンデ
ハロハロサンデー、これはオススメです!
バニラアイスクリームの上に、ナタデココ、豆、ココナッツ、紫芋などのフィリピンのかき氷のハロハロと同じ具が乗っています。そんなに量は多くないのでちょうど良いです。
ただ、これも「Not available」なことが多いです(笑)

Jollibee(ジョリビー)のチョコレートサンデー
あと、Choco Sundae(29ペソ)もあります。

Jollibee(ジョリビー)のデザート
その他のデザートメニューは、
・Mini Sundae Chocolate 22ペソ
・Floats Royal 35ペソ
・Floats Coke 35ペソ
・Floats Chocolate 50ペソ
・Twirls Vanila 10ペソ
・Twirls Chocolate 16ペソ
・Peach Mango Pie Solo 29ペソ
・Peach Mango Pie Trio 82ペソ
・Choco Mallow Pie Solo 32ペソ
・Choco Mallow Pie Trio 90ペソ

Brewed Coffee(30ペソ)

Jollibee(ジョリビー)のコーヒー
Brewed Coffeeはドリップコーヒーのことです。味もいたって普通。
30ペソと格安なのが嬉しいですね!

その他、ホットチョコレート(50ペソ)もあります。

セットメニューのドリンク

Jollibee(ジョリビー)のドリンク
デザートやフレンチフライ以外の全てのセットのメニューにはこちらのドリンクがつきます。メニュー名に「Value Meal」と付いているものが、ドリンク付きです。

コーラ、コーラゼロ、ロイヤル、SARSI、スプライト、アイスティーから選べます。

ところで、皆さんSARSIを知っていますか?
フィリピン産のコーラなんですが、「世界一マズいコーラ」と言われています。
勇気がある方は是非お試しください(笑)

Jollibee(ジョリビー)のパイナップルジュース
また追加料金でドリンクをパイナップルジュースに変えることもできます。

ファミリーメニュー

Jollibee(ジョリビー)のファミリーメニュー
その他、大人数用のお得なファミリーメニューもあります。

ジョリビー日本進出の噂

Jollibee(ジョリビー)
2015年に日経新聞がジョリビー日本進出を検討と報じました。ジョリビーはすでに、アメリカ、カナダ、ベトナム、香港、サウジアラビアなど多くの国に進出しています。あれから3年経ちますが、日本にはまだ進出していないですね。

昨年2017年、QQEnglish代表の藤岡さんがジョリビーグループオーナーのTony Tan氏に会う機会があり、直接聞いたそうです。

▶︎スクープ!フィリピン・ジョリビー日本進出最新情報【留学生必見】
「日本に進出する予定は今のところないよ」とのことで、残念ながら日本進出の噂は間違いだったようです。

日本人にはフライドチキンとライスの組み合わせは受けないかもしれませんが、是非日本でもジョリビー食べたいですね!!

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
俺のセブ島留学 編集部
俺のセブ島留学 編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに日々情報発信を行っています。 私達は自分たちが経験してきた「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをあなたにご提案したいと思います。 引き続きお楽しみに!

メッセージはこちらへ

Please enter your comment!
Please enter your name here