ドンのなるほど!【オンライン英会話講座】講師の採用基準|俺のセブ島留学

こんにちは、ドンと申します。
前回は「留学前、留学後のケア。」をご紹介させていただきました。今回はオンライン英会話の講師の採用基準についてご紹介いたします。

ホームページに表示されている講師の合格率が、目を疑うような数字を掲載しているところも少なくありません。

レアジョブでは4パーセント、DMM英会話では5パーセント。これが本当でしたら100人に4、5人しか合格できないという究極の狭き門ですね。この合格率は本当なのか分析してみましょう。

合格率わずか4パーセント!?

レアジョブでは講師数4000名以上です。合格率はたったの4パーセント。100人に4人しか採用されないという究極に狭き門です。

4000名以上もの講師が現役で在籍しているとのことなので、恐らく、これまでに数十万名もの講師が応募したということになりますね。当然もう既に辞めた講師も多くいます。誇大広告と言われそうで非常に怖いですが、この数字が本当かどうか分析しましょう。

フィリピン人は本当にどこからでもとにかく応募します。あまり興味がなくても、とりあえず何となくメールで応募したりするケースも非常に多いです。迷惑メールかと思ってしまうほど応募のメールが・・・

応募する場所からではなくフェイスブックやツイッターなど全く関係のないところからも応募してきますので、ついつい見落としてしまいます。

まるで友人にメールを送るかのように問い合わせてくることも多いです。返信をしても逆に無視されたり面接日を決めても来なかったりなどはごく普通です。また、採用になっても連絡が途絶える講師だってかなり多いです。

それらを全て含めたら4パーセントという数字はあり得えます。

なので、実際に面接やテストを受けた講師のみで合格率を計算すると恐ろしく高くなることでしょう。

面接に受かると、多くのオンライン英会話では研修期間が数週間に渡って行われます。研修期間中に辞めていく講師も非常に多いです。

フィリピン人の国民性を疑われてしまいそうですが、それは日本との文化が大きく異なるので日本人に合った講師を探すのも容易ではありません。

研修期間などを設けて無断欠勤などしない講師か何度もチェックしているにも関わらず、研修期間を無事に終えても無断欠勤をする講師がいるんですね。

なので、研修期間などを設けず即採用なんてしてしまったら無断欠勤する講師ばかりになるので非常に危険です。英語が教えられるとかの以前の問題です。

容姿も採用基準に含まれている?

オンライン英会話の講師の男女比率は女性のほうが圧倒的に高いです。

これはフィリピンの文化や人口統計(女性のほうが人口が多い)からも影響されていますが、講師の容姿に関しては採用について全く評価に含まれていないという訳ではないです。

しかし、決して容姿で決まることはありません。どんなけ美人だろうと英語力や教え方、態度に問題のある講師はまず採用されません。

どこの業界でも顔採用が噂されているように、オンライン英会話でも顔採用を100%否むことはできませんが、あくまでも人間性や教える技術、英語力をしっかりと身につけていること前提です。

正直なところ美人講師の予約率は比較的高いです。

美人ではないからといって予約率が低いとかは全くありません。容姿に関係なく予約率の高い講師はたくさんいます。

美人講師でも教え方がそんなに上手でなければ予約率は次第に低くなります。予約率が低くなるとスケジュールを空けていても予約が入らないので講師は辞めてしまいます。

美人講師と英会話を楽しみたいという生徒さんもいますので、美人ということで予約率が比較的高くなることは時々あります。教え方がすごい上手という訳ではなくても新しく受ける生徒さんからの予約で一時的に予約率が高くなります。

しかし、いくら美人でも教え方が下手だとやっぱりレギュラーの生徒さんはつかないですね。

名門大学卒業の講師ばかり?

名門大学を卒業している講師ももちろん在籍していることでしょう。しかし割合で言うとどうでしょうか。

もちろんごく普通の大学を卒業した講師の方が圧倒的に多いです。ごく普通の大学を卒業しているからといって英語力に問題がある訳ではありません。また、名門大学を卒業しているからといって教え方が上手だとは限らないので、特にこだわる必要はないです。

レアジョブではフィリピン大学を中心に講師を集めているとのことですが、これも立ち上げた当初の話です。

立ち上げた当初のことなので何年前の話でしょうか。今は学歴を問わず様々なバックグランドを持った講師を集めています。

補足ですが、フィリピン大学は「日本の東大」と謳われていますが、キャンパスによります。フィリピン国内にも何校もキャンパスがあるので、レベルも大きく異なります。フィリピン一の大学といっても東大とはレベルがかけ離れています。

話が少し逸れてしまいましたが、フィリピンの教育産業はとても盛んなので、ご興味のある方は講師に聞いてみましょう!

それでは、次週の記事をお楽しみに!

⑨スマホでオンライン英会話なら?

その他のオンライン英会話レビューはこちら

      
スクールレビュー金額無料体験
DMM英会話(オススメ)この特集ページ下部4,95024時間2
ネイティブキャンプこれから4,95024時間7日間無料
ビズメイツ(オススメ)レビュー記事(byドン)6,0006時25時1
QQEnglishレビュー記事(byドン)チケット制24時間2
レアジョブレビュー記事(by斉藤)5,8006時25時2
Best Teacherレビュー記事(by斉藤)9,8000時24時1
ラングリッチレビュー記事(byドン)6,0005時25時2
hanasoレビュー記事(by斉藤)5,8006時25時2
ぐんぐん英会話レビュー記事(by斉藤)6,4806時25時2

こちらの記事も読まれています。

【特集】初心者・超初心者におすすめのオンライン英会話サービスはどこ?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

大手オンライン英会話の元社員

フィリピンの大学、lyceum Northwestern Universityへ正規留学生として三年間留学。専攻はIT。
その後、大手オンライン英会話に1年半勤務。当時の主な仕事はカスタマーサポート、市場調査、翻訳などの仕事をしてきました。そのためオンライン英会話に関する情報は、初心者向けから関係者のみが知るネタがあります。

俺のセブ島留学ではオンライン英会話の始め方から、業界の裏話までご紹介します。お楽しみに!

ドンの記事一覧へ

コメント