ファーストイングリッシュ本多正治|俺のセブ島留学

▶前回の記事:No46 英語力を伸ばすためだけのフィリピン語学留学ではいけない。

朝からハイテンションっ!!!
フィリピン人講師、人気の秘密 フィリピンセブ島留学FirstEnglish

ティーチャーたちもハイテンションです〜!!!

いつも明るくて元気いっぱいなティーチャーたち。とても自慢のティーチャーたちです!!!

フィリピン留学に来たことがない人は「フィリピン人のティーチャーってどうなの?」って思うと思うんですね。フィリピン人の悪いイメージが先行しているんですよね。

実際はとても真面目で優しくって、礼儀正しい。そしてモチベーションが高い。

ちなみに、ティーチャーの素質の基準をここに書いておくと・・・

1,グループクラスに求められるティーチャーの素質

教えるテクニックが高いこと

物事を順番に教えること。授業に流れがあること。

リーダーシップがあること

生徒をどんどん引っ張って、英語の勉強をしてもらうんです。いろんな要素で生徒に刺激を与えていくんです。

モチベーションがとても高く、みんなを公平に話させること

中学や高校でモチベーションの低い先生っていませんでした?とてもつまらないですよね。

そして、公平に英語を話す機会をみんなに与えていくことも大切なんですね。これをするには余裕が無かったら出来ないことなんですよね。

楽しくさせるパフォーマーであること

人前で話すので、飽きさせない必要があるんですね。楽しくない人の話は聞いててもつまらないですからね。

幅広い知識を持っていること

生徒からいろんな角度から質問があります。そんな場合も答えられることなんですね。自分の人生経験から話していくというのもとても効果的です。

こんな要素がグループクラスのティーチャーには必要なんですね。

これらの要素は訓練しないとなかなか難しいです。だからグループティーチャーは経験豊富なことが必要なんですよね。

マンツーマンに求められるティーチャーの素質

逆にマンツーマンの場合はどうか?

テクニックよりも人柄がとても大切

授業自体は密接してます。マンツーマンだから隣について教えるというスタイル。

隣について教えるということは、生徒の授業参加度はとても高いということ。

グループクラスであればティーチャーの教える品質によって授業参加度が全く変わってくるんですが、マンツーマンの場合は隣について教えるのでテクニックより、好かれるかどうかということの方が大切。

生徒に好かれるティーチャーであるかどうかがとても大切なんです!

隣に座っていて、毎日、50分間は同じティーチャーなんですね。その人が嫌いだったらとても耐えられない〜!

ティーチャーが20%、生徒が80%という基準を意識しておく

これってとっても大切なんですね。グループクラスの場合はティーチャーが主導で話をしていくんですね。

しかし、マンツーマンの場合はティーチャーは聞き役になること。これも意識的に聞き役になること。これを意識しなかったら、ついつい話しすぎてしまうものなんです。

僕たちはそういった基準を持っている。これをノウハウと言うんですね。
こういった基準もなく授業を進めてしまうと、どうしても惰性になってしまう。

最初はいいけど、段々と生徒が飽きてくる授業になってしまう。(それは効果的な基準がないから)。こういった基準を明確にすることがテクニックです。

ただ、こういったテクニックだけでは通用しない。

他には、授業はティーチャーの情熱がとても大切!それはパッションなんです!!!パッションを発するためにはモチベーションが必要。

このモチベーションをかける仕組みが必要になる。それが朝礼であったりいろんなミーティングであったりするんですね。

例えば、朝礼にしてもこんな感じです↓

フィリピン人講師、人気の秘密 フィリピンセブ島留学FirstEnglish

必ず毎朝、集まるんですね。

直接、ティーチャーがクラスルームに行くこともあるみたいなんですが、First English global Collegeはこの時間を厳しく扱っています。

ここでそれぞれの人がスピーチをします。もちろん僕も話させてもらいます↓

フィリピン人講師、人気の秘密 フィリピンセブ島留学FirstEnglish

そして、ヘッドティーチャーからいろんな注意事項などを繰り返します。

多くの人をマネジメントするには同じことを繰り返し、繰り返し言っていく必要があるんですね。何度も何度もいい続けていくことです。

そして!これ!!!

フィリピン人講師、人気の秘密 フィリピンセブ島留学FirstEnglish

日替わりでティーチャーが単語を発表します。単語をみんなに見せて、意味を伝えて、その例文を発表するんですね。

毎日、必ず誰かが発表をします。

フィリピン人講師、人気の秘密 フィリピンセブ島留学FirstEnglish

ティーチャーからしても、上司から一方的なアナウンスメントだけではなく仲間からの話なので、それはそれで盛り上がる!

例えば「First English global Collegeで働いているティーチャーはとても努力をしている。その努力の先にあるものが私達の成功に結びついていくのよ!だからがんばってみんなで一つになっていこうね!!!」

というような話を今回、発表をする単語を取り入れながら楽しい話をしていくんです。朝からスタッフとティーチャーで大盛り上がりになります。

この朝礼が終わったら、生徒との全体朝礼です。

フィリピン人講師、人気の秘密 フィリピンセブ島留学FirstEnglish

ティーチャーが中心になっていろんなデモンストレーションを行っていく。

フィリピン人ってこういったデモンストレーションがとても得意!

フィリピン人講師、人気の秘密 フィリピンセブ島留学FirstEnglish

まさに、朝からハイテンションっ!!!

朝はとても元気よくハツラツといきたいものですね!

ぜひ、朝から元気いっぱいなFirst English global Collegeで夢を追いかけて行きましょうね!!!

First English global College
代表 本多 正治

▶次の記事:No48 フィリピン留学中にボランティアに参加して得られる経験


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。