マナビジン 英会話スクールで学ぶ ひどい英語力なのにまさかの外資系就職!慌てて始めたネイティブキャンプ体験談

ひどい英語力なのにまさかの外資系就職!慌てて始めたネイティブキャンプ体験談

1.英語は超苦手なのになぜ外資系企業へ!?

はじめまして、ネイティブキャンプで英会話学習を始めてちょうど3年になる者です。

開始当時は英語といえば‘Yes’や’No’しか言えず、外国人に遭遇すれば、ただ微笑むしかない・・・といったレベルでした。今では仕事で英語のメールや文書を書いたり、外国人と電話会議をしたり、日常的に英語を使えるようになりました。

もともと英語は大の苦手で、学生時代はなるべく英語を使わない環境に身を置こうとしていた私ですが、数年前に突然転職を決意し、まさかの外資系企業で働くことになりました。

なぜ英語が得意でもないのに外資系・・・?と思われる方もいらっしゃると思いますが、転職を相談していた外国人のエージェントに勧められたのがきっかけでした。

英語が苦手なので日本企業を紹介してもらえるよう依頼したのですが、担当エージェントとの簡単な英語の面接(自己紹介程度)で、‘You are great! You can apply!’と言われ、すっかりその気になってしまいました。

後で聞いた話ですが、転職エージェントはオファーされた年収の一部を報酬として受けとるので、まずは高い年収が期待できる外資系企業を勧めるのだそうですね。

お恥ずかしい話ですが、そんなこととも知らず、周囲の知人や元同僚にも「きっと大丈夫、すぐ慣れるよ。」「仕事で使うようになれば、1年後には英語ペラペラでしょう。」などと励まされながら、エージェントに言われるがまま転職活動を進めました。

幸いなことにいくつかの企業からオファーをいただきました。
ついに憧れの、いわゆる「キャリアウーマン」になれるのだ(?)という期待に胸を膨らませ、この業界に足を踏み入れたのです。

しかし、実際に英語を用いて業務を開始すると、想像を絶する厳しい状況でした。

英語の会議に参加すれば、言いたいことが全く出てこない、相手の言葉が聞き取れないストレスで、常にひどい頭痛が起こるほどでしたし、一つのメールを英語で返信するのに何時間もかかっていました。これではまずい・・・と思い、慌てて英会話学習を始めました。

そんな中で出会ったのが、ネイティブキャンプです。

2.ネイティブキャンプの有効的な活用方法

世間には数多くのオンライン英会話プログラムがありますが、ネイティブキャンプの最大の特徴は、「24時間無制限にレッスンが受けられる」ことです。本登録する前に、1週間のトライアル期間も設けられています。申し込みはウェブサイトから簡単に行えます。

レッスンの際はSkypeなどは必要なく、ネイティブキャンプのアプリをダウンロードすれば、スマートフォンやパソコンを用いてインターネット環境下で、いつでもどこでもレッスンが受けられます。

好きな講師のレッスンをあらかじめ予約しておくこともできますが、好きな時間に予約なしにレッスンを受けることも可能です。その時間にレッスンを提供できる講師が画面に顔写真とともに表示されますので、講師を選択すればすぐにレッスンを開始することができます。

テキストは子供向けからレベル別文法、ビジネス英語、TOEIC対策まで複数揃っており、連携しているe station(eステ)からもコンテンツが選択できるようになっています。もう一つ、カランメッソドを取り入れたカランコース、ビジネスカランコースがあるのも特徴です。テキストを使用しない「free talk(自由に会話を楽しむ)」という選択肢もあります。

私のお勧めは、「5分間ディスカッション」というテキストです。

HobbyやMovieなどの一般的なトピックから TechnologyやDiscriminationといったやや難しいトピックを含め100個のトピックが掲載されているテキストです。

この中から1-2個を選んで、トピックに関連する質問に答えていくというレッスンです。さまざまな語彙や言い回しを用いなければうまく説明できないので、幅広く、バランス良く語彙を増やすことができ、大変良い勉強になりました。私はトピック1~100まで毎日1-2個選択し、5サイクル繰り返しました。

ある程度、言いたいことが表現できるようになれば、free talkがおすすめです。今ではfree talkを選択して、毎日学習を継続しています。

3.良い先生に出会うには?

ネイティブキャンプの講師は、私が入会した3年前は全員フィリピン人の先生でしたが、今ではセルビア、カメルーンなど含む約100か国からnon nativeの講師が参加しています。

また、最近ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアといった国からnative speakerの講師、そして日本語も用いながら教えることのできる日本人の講師もレッスンをしています。

そのせいか、月払いのレッスン料金値上げがこの3年の間に2回ありました(それでもまだ、お手頃価格だと思います)。

どのような先生とレッスンをするかは、モチベーションを維持するのに非常に重要なポイントだと思います。アプリのシステムで各講師を「お気に入り」に追加したり、「非表示」を選択することもできます。

良い講師を選択するコツですが、勿論性格や興味のある話題など、それぞれの相性もあると思います。話していて「楽しいな」「勉強になるな」「先生みたいに話せるようになりたいな」と思えることは重要です。

講師のprofileのページには簡単な自己紹介の文章と、実際に講師が自己紹介をするvideoが掲載されていますので、その講師の発音を事前にチェックすることもできます。選択に迷う場合には、参考にすると良いと思います。

私の個人的な感覚ですが、初級者~中級者であれば、non nativeの講師でも十分に勉強になります。nativeの講師と比較して、non nativeの講師は外国語を学ぶ難しさやストレスなど、似たような経験をお持ちであり、多くの共感が得られます。ご自身の経験に基づいてアドバイスをくれたり、励ましてくれることが多いです。

一方、上級者の方には、non nativeの講師では物足りなさを感じる場合があるかもしれません。native speakerの独特の言い回しや発音・アクセントなどは、やはりnativeの講師からしか学ぶことができない部分もあります。

自分の求める講師に出会うのは、容易でない場合もありますが、無制限にレッスンが受けられるメリットを最大限に生かし、色々な国の、色々な講師のレッスンを受けてみることをお勧めします。

4.ネイティブキャンプの魅力

3年間学習した経験から、英会話上達には「いかに長い時間英語に触れるか(exposure)」が最も重要だと考えています。日本では外国人が増えているものの、日常で英語を使うシーンはほとんどありません。

ですが、ネイティブキャンプを利用すれば、一日無制限に英語に触れることができます。

ネイティブキャンプの生徒さんの中には、毎日10レッスン(1レッスン=25分)受講しているという方もいるそうです。毎日学習するだけでも大変なのに、毎日10レッスンも学習している生徒さんがいると知り、大変な刺激を受けたのを今でも思い出します。

通学型の英会話学校や、他のオンラインプログラムではレッスン頻度に応じて費用が高くなってしまいますので、これほどの頻度でレッスンを受講することは躊躇してしまいます。しかし、ネイティブキャンプで学習すれば、努力次第で日本にいながら海外留学しているのと同じくらい英語に触れることができるのです。

ネイティブキャンプの最大の魅力は、まさにこれ(無制限!)だと実感しています。

1レッスンは基本25分ですが、5分や10分だけレッスンするということも選択できますので、例えば最寄りの駅から自宅まで歩いて帰る間など、スキマ時間を最大限に活用することができます。

5.長く学習を継続するコツ

とはいえ、一人で学習を続けるのは簡単なことではなく、上達を実感できないとモチベーションを維持できなくなることもあると思います。また、講師によってはfree talkのレッスンではいつも同じようなトピック(例えば、travel, hobby, foodなど)を選択するので飽きてしまう、話題が尽きてしまう、上達が感じられない、という場合もあります。

私自身も、途中で辞めようと思った経験は何度もあります。ネイティブキャンプを受講した経験のある同僚の中にも、「2カ月続けてみたけど、ここ2年くらいやってない」「講師と話題が合わない」といった人も少なからずおり、長期間継続することの難しさを感じます。

そんな時には、「今日のレッスンでは少なくとも〇〇を覚えよう」などの短期的な目標を立て、日々レッスンを受けることでマンネリ化しないように気を付けています。

同時に「本来自分は何のために英語を学習しているのか」といった長期的な目標を再確認するようにしています。

私の場合は、仕事で英語が必要ですので簡単には英語学習から逃げられない、ということもあり、仕事における英語を用いたコミュニケーションを上達させることが、長期的な目標にもなっています。

勿論それだけではありません。英語学習を継続するコツとして、「習慣化する」ということが重要だと考えます。

例えば、日常生活では、「朝起きたら顔を洗って、服を着替えて、朝食を済ませて、仕事に行く」というのを繰り返します。この日常生活に「英語学習」を組み込んでしまうことです。

私は、朝起きて身支度をし、朝食をとった後に、必ず毎日約2時間ネイティブキャンプで学習する時間をとり、その後出社するようにしています。英語学習が日常の一部となってしまえば、その日の気分で学習するのをやめたり、忘れたりということがなくなります。

この結果、3年間どんなに忙しい日も、どんなに気分が乗らない日も、海外出張している間であっても、変わらず一定数のレッスンを受講することができています。

最近は、英語が話せるようになりつつあることで自信もつき、同僚ともスキマ時間に英会話を楽しむことができるようになりました。そうすることで、周囲からの良い刺激を受けたり、逆に周囲に良い影響を与えたり、「皆も頑張っているのだから、私も頑張ろう。」「○○さんのように上手に話せるようになりたい。」と、別のモチベーションが湧いてくることもあります。

こうして孤独な学習の世界から抜け出すことも重要です。

ごく最近ですが、更に別のモチベーションとして「ネイティブキャンプで英語を教える日本人講師になりたい」と思うようになりました。実際に、現在講師としてネイティブキャンプで活躍中の日本人の方の中には、もともとネイティブキャンプの生徒だったという方が散見されます。

私もいつか、自分が英語学習に苦労した経験とともに、どのようにネイティブキャンプを活用したらよいか、どのようにモチベーションを維持していくかなど、英語を学習し始めたばかりの方々と共有できたらと思っています。

ネイティブキャンプの講師も、決して完璧なわけではありませんが、「教えることで、自分も成長できる。自分の勉強にもなる。」という声をよく耳にします。

6.気を付けておきたいこと・心構え

一つ、レッスンを継続するうえでの注意点ですが、成人になってから英会話を日本で学習する場合、英会話プログラムをただ続けるだけで「自然に慣れて英語が話せるようになる」ということは期待しない方が良いでしょう。

ただ漫然とレッスンを受講するというだけでは、上達は望めないことが多いと思います。

レッスンの中で得た新しい言いまわしや単語などはノートにメモを取り、レッスンが終了してから記憶する、といったような地道な努力も必要になります。つまり、レッスンの時間以外に自己学習する時間も重要です。

ある程度上達してきたら、講師とのレッスンは、知らない言いまわしを見つけたり、どう表現すべきかを確認したり、新しい単語を会話の中で使えるようにする機会として活用するのも良いと思います。

今なら、私が転職した際に「慣れるよ、大丈夫」と言った同僚の言葉を、自信をもって否定することができます。何でも吸収できる柔軟な幼少期とは違い、我々成人は、受け身の姿勢では上達は望めません!

7.最後に一言

英語学習は数か月、数年で完結するものではなく、生活の一部として一生付き合っていくものだと思います。そのために、自分が無理なく続けていけるスタイルを見つけることが重要です。

私の場合、それが、「ネイティブキャンプ」なのだと思います。

→24時間無制限にレッスンが受けられる!Native Camp公式HPはこちら

英会話スクール一覧はこちら
初心者向け!オンライン英会話【おすすめ】比較ランキング

ゲストライター
ゲストライター
当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

おすすめ記事

PICK UP

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較ランキング

初心者向け!オンライン英会話【おすすめ51社】比較 -2020年後半-

0
オンライン英会話スクールは、フィリピン、ネイティブなど大小合わせて50社以上あります。 その中で初心者向けのオンラ...

新着記事