HOME国内で英会話練習オンライン英会話【産経オンライン英会話プラスの紹介】料金・プラン・メリットを徹底解説

【産経オンライン英会話プラスの紹介】料金・プラン・メリットを徹底解説

英語を学びたいけど外出する時間がない、コロナも心配という方は、一度はオンライン英会話を検討したことがあるのではないでしょうか。

そのなかで産経オンライン英会話プラスが気になるも、一体どのようなプラン、特徴があるのか知りたい人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、産経オンライン英会話プラスの料金や特徴、メリットなどを解説していきます。

産経オンライン英会話プラスとは

産経と名がつくため、ビジネス向きではないかと思われがちな産経オンライン英会話プラスですが、実はファミリーでシェアもできる便利なオンライン英会話です。

対応範囲が広く初心者や子ども、受験生からビジネスまでの英語を網羅し、自分のレベルに合わせて受講することができるため、多くの英語学習者から支持されています。

また、大学や企業の間でもカリキュラムの一環として導入されているなど、導入実績も多いため講師陣のレベルが高いことも特徴です。

産経オンライン英会話プラスの特徴を以下にまとめましたので、利用を検討している人は参考にして下さい。

産経オンライン英会話プラスの公式サイトはこちら

・家族でアカウントをシェアできるため割安になる
・授業5分前まで予約が可能なため、自分のペースで学習が可能
・1日の受講上限がないため、学習時間を多く確保できる
・講師の国籍が豊富なため、様々な英語に触れることができる

産経オンライン英会話プラス利用までの流れ・料金

実際に産経オンライン英会話プラスを利用するまでの流れ、料金体系を解説していきます。

利用までの流れ

産経オンライン英会話プラスを始めるまでは、以下の流れが必要です。

1.無料体験レッスンの申し込み
2.アカウントの開設
3.有料プランへの移行

産経オンライン英会話プラスは、有料プランの前に最大4回の無料レッスンを体験できます。アカウントの発行自体は無料でできるため、発行後に自分の興味があるレッスンを受講できます。

その後、利用を継続する場合、有料プランへ移行することにより産経オンライン英会話プラスを継続的に受講できるようになります。

料金・プラン

産経オンライン英会話プラスの料金・プランを詳しく解説していきます。

料金プランは、「コイン」制となっています。

「コイン」とは、レッスンを受講する際に必要となる産経オンライン英会話プラスの中の通貨のようなものです。

さらに産経オンライン英会話プラスでは、アカウントを1つ持っていれば家族内でシェアできるため、人数が増えたとしても下記の料金でレッスンを受けられます。

【具体例:家族4人でシェア】
1日それぞれの個々のアカウントから同時に予約を入れることが可能なため、1つのメインアカウントに3つのサブアカウントを紐付けると1つのプランで1日4回(家族それぞれ)受講することが可能です。
プラン200 プラン620 プラン1240
月額4,620円(税込) 月額6,380円(税込) 月額12,100円(税込)
毎月200コイン付与 毎月620コイン付与 毎月1,240コイン付与
1ヶ月10回まで受講可能 1ヶ月31回まで受講可能 1ヶ月62回まで受講可能
先行予約日数7日 先行予約日数7日 先行予約日数7日
1日1回まで受講可能 1日1回まで受講可能 1日2回まで受講可能
同時予約数1回 同時予約数2回 同時予約数2回

上記が基本的なプランです。

プランごとに毎月付与されるコインが異なり、付与されたコインを利用して1回25分のレッスンを進めていくこととなります。

また月間、日間の最大受講回数がそれぞれ決められているものの、コインを消費することで受講回数が増やせるため、実質上限はありません。

さらに付与されたコインが月内で無くなってしまった場合、追加料金を支払うことでコインを増やすことも可能です。反対に、当月使いきれなかったコインは翌月まで繰り越すことが可能です。

産経オンライン英会話プラスでは、様々な講師が在籍していますが、選ぶ講師によって消費コインが異なるため、詳しくは以下の表を参考にして下さい。

特にフィリピン人講師は消費コインが少ないのでおすすめです。

フィリピン人講師 20コイン
日本人講師 200コイン
ネイティブ講師 200コイン
キッズレッスン講師 90コイン

産経オンライン英会話プラスのメリット

産経オンライン英会話プラスは信憑性が高く、スケジュールが柔軟であったり、コストパフォーマンスが良いなどのメリットがあります。

柔軟性が高い

産経オンライン英会話プラスは、受講上限がなかったり、直前の予約が可能だったりと柔軟性が高いことが特徴です。

自分のスケジュールに合わせて受講ができるため、学校や部活が忙しい学生、仕事が忙しい社会人も無理なく学習を続けられます。

時間があるときにまとめて3回レッスンを受けたり、忙しい日は受講をキャンセルするなど、自由が効くため普段の生活が忙しい人でも利用しやすいでしょう。

家族でシェアができる

シェア
産経オンライン英会話プラスの料金体系は、個人ではなくアカウント単位です。そのため、1つのアカウントを持っていると家族内でシェアができます。

家族内で英語学習者が多い場合、複数人で利用することでコストを抑えられるため、コストパフォーマンスも良いといえるでしょう。

プラン1240であれば、1日2回まで受講が可能なため、追加料金無しで2人同時に学習を進められます。

基本プランで1200種類以上の教材を使用できる

ビジネス英会話、職業別英会話から日常英会話まで、様々な教材を基本プランにコミコミで利用することができます。

また、キッズ専用教材もあり、家族のプランをシェアして受講することも可能です。

レッスン後に講師からの詳細なレッスンレポートがある

毎回のレッスン後に講師からの詳細なレポートが送られてきます。

個々のレッスン内容に合わせたレビューなので、レッスン振り返りや次回のレッスンに役立てることができます。

産経オンライン英会話プラスのデメリット

魅力的なメリットが多い一方で、少なからずデメリットもあります。事前に確認するようにして下さい。

講師の評価が確認できない

産経オンライン英会話プラスでは、プロフィールから講師の評価を確認できません。

実際にレッスンを受講するまでは講師のタイプがわからないため、自分と相性が合う講師を選ぶまでにやや時間がかかってしまいます。

講師のタイプや教え方にこだわりのある人は、自分と相性の良い講師を選ぶまで何度かレッスンを受講する必要があるでしょう。

産経オンライン英会話プラスがおすすめな人

産経オンライン英会話プラスは、忙しいけど英語を学びたい人、家族に複数人英語学習者がいる人におすすめです。

先述通り、産経オンライン英会話プラスは柔軟性が高いです。

そのため普段学校や部活、仕事で忙しい人でも自分の時間をうまく利用してレッスンを受けられます。

また、レッスン開始5分前まで予約ができるため、急な予定変更にも対応が可能です。

さらにアカウントを家族内でシェアできるため、2人以上の英語学習者がいる家庭であればお得に利用することができるでしょう。アカウントを一つ持っていれば、追加料金は発生しません。

そのため、プラン1240であれば1日2回レッスンを受講できるので、追加コイン内で2人まではレッスンを受けられます。兄弟で英語学習を進めたい人や、仕事と受験対策で親子それぞれが受講するなど、利用方法は様々です。

まとめ

このように産経オンライン英会話プラスは、スケジュールの柔軟性が高く、コストパフォーマンスにも優れたオンライン教材です。

さらに、多くの企業や大学で導入されているため、実績面でも安心できます。

これから産経オンライン英会話プラスの利用を検討している人は、ぜひこの記事を参考に自分のライフスタイルに合うプランを見つけて下さい。

産経オンライン英会話プラスの公式サイトはこちら

follow us in feedly

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!
0 0 votes
この記事はお役に立ちましたか?よかったら評価とコメントをお願いします。
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

こちらの記事も読まれてます

編集長 おすすめ記事

海外出稼ぎ特集

海外留学特集

フィリピンセブ島観光・旅行【決定版】絶対にするべき39スポット&アクティビティ 

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

フィリピン留学・セブ島留学おすすめ語学学校【2023年版】

この記事では英語留学として、フィリピン・セブ島留学を検討している方へ、2022年の再開予定または再開済みの語学学校や、新...

フィリピンセブ島留学エージェントおすすめ21社【2023年版】

フィリピン留学・セブ島留学エージェントを利用すれば、プロのカウンセラーに相談しながら希望の学校に留学することができます!...

カナダ留学エージェントおすすめ【29選】ワーホリ、Coop留学も対象

「カナダに留学したいんだけど、どこのカナダ留学エージェントがおすすめ?」 「ワーホリに強いカナダ留学エージェントはどこ...

アメリカ留学エージェント30社【徹底比較】無料・有料含む

この記事では手数料無料・有料含めた「アメリカ留学エージェント」を30社リストアップし、徹底比較! その中で、おすすめの...

今日のおすすめ記事

勉強!経営者におすすめアマゾンプライムで見れるビジネス映画16選

企業で働くビジネスマンや経営者が観たい映画といえば、やはりビジネス関連の映画ではないでしょうか。 そして、海外出張...

ワーキングホリデーできない40代・50代【海外で働く】7つの方法

40代・50代の方は子育てなどのライフイベントが一段落し、新たなチャレンジを海外でしてみたいとお考えの方もいるのではない...

YouTube英語の略語コメント【34選】翻訳なしに意味を楽しもう!

英語学習の一環としてYouTubeの動画を検討している方は多いのではないでしょうか? ここではYouTubeのコメ...

よくわかる「to」と「for」の違いと使い方|ジブリde英文法#20

I took the train to Tokyo. I took the train for Tokyo. 突...

現在完了と現在完了進行形の違いと使い方|ジブリde英文法#01

現在完了というと、中学でならう英文法の一つですが、実際英会話で使いこなすには難しいですよね。 英会話力をアップする...

英語資格試験一覧【25選】TOEIC・IELTS・翻訳・通訳・専門性の高い資格まで完全網羅

英語の資格試験にはTOEIC・英検のような一般的に知られているものから、Linguaskill Business・日商ビ...

「in, at, on」の意味と使い方、使い分け方法|ジブリde英文法#17

英会話のハードルの一つ、前置詞。 日本語に比べて英語は、細かい部分まで前置詞で表現されることが多く、「inなのか、...

TOEICの解き方を変えれば、スコアも英語力も獲得できる!(2)

最初にお断り 前回の記事「TOEICの解き方を変えれば、スコアも英語力も獲得できる!(1)」では、パート3と4の「...

hanaso(はなそ)体験談レビュー|55回受けて分かったhanasoの強みと弱み

今回ご紹介するオンライン英会話は、hanaso(はなそ)です。 レアジョブやDMM英会話などの最大手と比べると講師...

ゼロからわかる【TOEFL】ガイド ゴール設定、勉強法、申込、当日の流れなど

皆さんは、自身がどれだけ英語ができるか測ったことはありますか? 今となっては、小学生から英語を学ぶことが当たり前に...

使える!英語フレーズ集

新着記事

英会話習得は留学から始めるとうまくいく!その理由とは?

あなたは今まで、英会話を身につけるために懸命に努力を重ねてきたけれども、残念ながら挫折した経験をもってはいませんか? ...

「DeepL Write」は何が違う?人気翻訳ツールを徹底解説!アプリ版もあり

昨今、ITの進化に驚きを隠せません。とくに言葉や文字に関する技術は日々進化しており、波に乗らないとあっという間について行...

ChatGPTで英語学習!添削・翻訳・英会話練習のための使い方13選

2022年11月にChatGPTというサービスがローンチされました。このAI、我々の仕事も根底から変えるくらい破壊力があ...

語学留学って意味がない?留学のメリットと、留学を無意味にしてしまうNG行動を解説!

突然ですが、語学留学って意味がないと思いますか? さっさと結論から言います。 語学留学は意味がない・・・なん...

ワーホリはないけど働ける!?魅力たっぷりアメリカ留学と就労事情

アメリカを舞台にした90年代の映画作品に、『グリーンカード』というロマンチックコメディがありました。 フランスから...

最近のコメント