ターゲット

こんにちは。
TARGET Global English Academyの石原です。

いきなり、キャッチーなタイトルで始まりましたが「奴隷解放留学ってなんだ!?」と思われている方も多いかと思います。僕のツイッターやFacebookでは数か月前からちょこちょこ触れていた、TARGETの新しい企画です。

奴隷解放留学とは

現在、日本ではブラック企業問題が社会問題となっています。奴隷のように働かされ精神を病んでしまいうつ病、最悪のケースでは過労死というケースも起こしています。

そんな奴隷状態で働いている方に8週間のセブ留学をプレゼントして、将来の人生の選択肢を広めてもらおうという企画です。
 
実は既にTARGETにも「実は日本で激務によりうつ病になってしまい、リハビリを兼ねてセブ留学にきました。」という学生さんがちょこちょこいらっしゃいます。

そして、彼らが口をそろえて言うのは「フィリピン人の先生達のポジティブで楽天的な価値観や、日本では会えなかったような自分とは全く違う考えを持っている日本人の人たちとの交流を通して、こんな考え方もあるんだなと思えました。もっと早くに来ていれば良かったです。」ということです。

そのような話を聞くたびに思う事があります。 

自分と一緒だな。

奴隷解放留学に隠された思い

実は僕は一時期半年ほど引きこもりをしていた時期があり、その後就職活動をするのですが、どうしても直ぐに働ける精神状態ではなく、精神を休める時間稼ぎのために半年間オーストラリアに留学した経験があります。

いわゆる逃げの留学です。

しかし、そこで英語を学びつつ、外国人の友達と遊んだり、日本にいたらまず会う事はなかったような面白い日本人にで出会い、新しい価値観にふれ自分の思考をポジティブにアップデートすることができ、その後しっかり社会復帰ができたという経験をしました。

そして、その逃げの留学の経験がきっかけとなり、その数年後オーストラリア移住という新しい選択肢を手に入れ、その後にここセブでTARGETを経営するというチャンスにも恵まれました。

まさに、留学が僕の人生を大きく変えました。
 
また、現在TARGETのキャンパスの全てを統括しているキャンパスマネージャーのMasonこと椿もまた、日本のIT企業で激務に追われ精神を病んでしまい、失意の中フィリピンに来てフィリピン人と交流している内に、「こんな自分でも問題ないんだ。もっと気軽にやっていけばいい!」とポジティブに思えるようになり、それから彼の人生は一変。

今となっては、TARGETを引っ張る強きリーダーに成長しています。

留学の目的はもちろん英語力を上げることという前提がありますが、それ以外の部分で、精神的リハビリという効果もあることを我々は実体験をもとに学んでいます。
 
今の時代は、テクノロジーの進化で人間が生きるためにどうしても必要な仕事をしている人は殆どいません。極端な話、99%の人が無くても人間が生きていくのに不要な仕事をしているといっても過言ではありません(もちろん私の仕事のその1つです)。

だから、仕事に人生を潰されるなんてことはあってはいけません。ましては過労死など絶対にあってはならないのです。

去年話題になった電通の社員の過労死事件。あの時思いました。

もし、もしも彼女が過労死する前に、仕事を辞めてどこかに留学でもこころのリハビリをしていてば、そこで普段会えない人たちに会えて「こんな考え方もあるんだな。こんな生き方もいいかも」と思えて、彼女が最後にとった選択肢は絶対に変わっていたはずです。
 
僕はいつも言っていますが、仕事は楽ではないけど、楽しくやるものです(楽しくやってれば、他人からはみれば大変だと思ってもそんな意識すらないことが多いですが)。

成長の実感もなく、仕事にいくのが辛くて行きたくないということが1か月以上続くのであれば転職した方がいい。今の社会は、外に目を向ければ選択肢はいくらでもあります。

きっかけを見せたい

ただ、精神的に追い込まれている人であればあるほど、休職や転職という今の道以外の選択肢が目に入りません。ましては留学なんて想像すらしないと思います。完全に思考がロックしてしまうのです。例え同年代の人が、数多くとっている選択肢だとしても。
 
だから、我々はそうなる前に一度立ち止まって人生を変えてもらえることができればと思い、今回の企画を考えました。 
 
ただ、単に発表しただけではこの情報を必要としている人に届かないので、コメディータッチにして少しでも話題にしてもらえる企画にしました。

真面目にふざける

このコメディータッチの企画を成功させるには、まず「全力で真面目にふざける」ことに徹しないと中途半端なものなってしまいます。
ですので、今回は撮影もプロのフォトグラファーにフォトスタジオで撮影してもらいました。

ターゲット

今回のこの企画の総合プロデュースはMasonが行ってくれましたが、その頭の中にあるイメージを皆に伝えるのは非常に難しい作業の1つです。ですが、前職の1つがフォトグラファーだった経験もあり、いろいろな手を使って具体的に皆の中のイメージを統一してくれました。

ターゲット

もちろん、脚本も何度も書き換えを行いました。

役者を引き受けてくれた方々もこのコンセプトをしっかり理解してくれ、我々のさまざまなリクエストに真剣に応えてくれました。

本当に多くの方の協力によって完成できた企画です。

ボランティアではない

この企画は作成にあたり、人件費やプロのWEB制作会社に依頼する費用などかなりの金額がかかり、その上無料で留学をプレゼントするということで利益は発生せず、どうあがいても大赤字の企画です。

TARGETはどこの後ろ盾もない一企業です。ボランティアでは事業を継続できません。
ですので、この企画もTARGETにとってメリットを求めています。
 
では、どこを目指しているのかといえば、この企画が多くの人に知れ渡り、奴隷のように働かされている人たちに「そうか、留学という選択肢があるんだ。自分と同じ境遇の人が人生を変えている。よし、自分も!」と思ってもらえる人が増えれば、かなりの数の人がフィリピン留学へ来てくれることになり、そこには必ずTARGETを選んでくれる人が大勢います。
 
目先の利益を追えば、どうしても自分達がやりたいことを曲げて大きな妥協したり、安易な価格競争を行い長期的に発展できないという状況に陥ります。ですが、今回のように利益発生ポイントを後ろにずらせば、自分たちの信じる道を進むことができます。

そして、その道を進み続ける事で信頼を積み重ねる事ができます。それは必ず学生さんに届きます。その結果、学生さんから「TARGETに行きたい」という希望をもらう事ができます。

しかも、そうやって入学してくれた学生さんはTARGETのことを理解してくれているファンなので、更に周りにTARGETのことを広めてくれます。これがよりTARGETを盤石の体制へ引き上げてくれます。
 
この企画にはそんな皮算用の思惑も含まれています。

稼いだお金をどう使うかが問題

まだ、日本ではボランティアこそが正義で、企業や他人がが稼ぐことが悪のように思う人が多いので、今回のこの企画も結局は企業PRではないかという人もいるかと思います。

なので、予め言っておきます。これは企業PRです。TARGETは一般企業ですから、利益を追求しなくてはいけません。
 
ただ、問題はどう稼ぎ、どう使うかなのです。

いくら多くの利益を出したといっても、それこそ社員を奴隷のように使ったり、お客さんを騙したりして稼いでいるようでは、いずれその会社の長期発展はありません。

利益は単に会社内にため込む、経営者が独り占めすることもできます。ただ、僕はそれではつまらないと考えています。

僕は聖人ではないので、「世界平和や社会のために自らを犠牲にしても良い」というような高尚な思考は持ち合わせていません。

ただ、まっとうなビジネスをしていれば今の世の中はインターネットの情報社会、特にSNSの力で行動はガラス張りとなるので自然と良い流れになるようになっていますし、常に今回の企画を作っている時のように、皆と一緒に楽しい時間を過ごしていきたいと思っています。

それには、周りの人が楽しく過ごせる環境を作っていかねばなりません。その周りの人には、スタッフ、学生さんももちろん含まれます。

だから、しっかり稼ぎ、そのお金をスタッフや学生さんのためにどんどん投資してきたいと思っています。

そして、TARGETが発展すればそれだけ、雇用を増やすことができ、多くの税金を払え結果的により大きくフィリピン社会へ貢献することができます。

そして、その投資したお金は時間をかけてより大きくなって戻ってくるはずです。そのサイクルが長ければ長いほどより大きく。
そう信じて僕はTARGETを経営しています。

まとめ

「この企画の目的はなんなの?」と聞かれることが多かったので、少し主題から外れたところもお話してしまいましたが、今回の企画は我々が過去の苦い経験をもとに、今まさに苦しんでいる人たちに外の世界、他の選択肢に気が付いてもらいたいと思いが込められています。

我々ができることはかなり限定的ですが、それでも少しでも今苦しんでいる人に外の世界を知るきっかけになってもらえればと思っています。

もし、この考えにご賛同いただけたら、このWEBページをシェアしていただければ幸いです。

ターゲット
奴隷解放留学についてのHPへ

また、最初に少しふれた僕のツイッターはこちら。今回の奴隷解放留学や、働き方や生き方などについて考えていることをよくつぶやいているのでよかったらフォローしてください。
▶︎https://twitter.com/tomoyuki_TARGET

▶︎TARGET Global English Academyの公式HPはこちら

TARGET Global English Academy
石原智之

↓↓ここから選べば間違いなし!↓↓
>>セブ島留学 おすすめ語学学校はこちら<<
石原智之
TARGET 代表
2006年よりワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、留学エージェントにて勤務し、その後オーストラリア永住権を取得。2013年からオーストラリア留学エージェントを運営しつつセブ島で語学学校「TARGET」の副代表に就任し、2016年より現職。 3,000人以上の留学生のサポートと9年の海外生活を通して日本人に求められている英語は「世界で通じる英語力」であると確信して、より良い学校作りを日々目指しています。 また、僕はオーストラリア留学サポートもでき、TARGETはオーストラリアにもオフィスがありますので2カ国留学もお任せ下さい。 ▶ 石原智之氏の記事一覧へ

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。

Please enter your comment!
Please enter your name here