トップ 英会話 オンライン英会話 EFイングリッシュライブ【徹底解説】効果を出す3つの英会話勉...

EFイングリッシュライブ【徹底解説】効果を出す3つの英会話勉強法

EFイングリッシュライブは、オリンピック語学パートナーを務めるEF Education First㈱が運営するオンライン英会話です。

EF Education Firstは1956年に創立した語学学校で、50年以上長きに渡り語学留学を支援してきた教育機関です。

留学業界でもNo1の実績を持つ老舗企業が運営するオンライン英会話だけあり、そのサービスも総合的に英語力が伸ばせる仕組みを確立しています。

そして他のオンライン英会話でネイティブスピーカーの授業を受けるには10,000円以上するところを、月8,910円(税込)で受けられるのも魅力です。

この記事ではEFイングリッシュライブのメリット・デメリット、活用法をご紹介します。

1 EFイングリッシュライブについて

1-1 グループレッスン

EFイングリッシュライブ最大の魅力の一つはグループレッスンが月30回も受けられることです。数多くのオンライン英会話サービスがある中で、マンツーマンレッスンがあるものの、グループレッスンがない場合が多々あります。

講師としての意見ですが、英語学習の上でマンツーマンレッスンは欠かせません。実際の英会話は1対1で行うことよりも、グループで行うことがほとんどです。

周りに同調する・反対する・相手の話に割って入る・冗談を言う…など、会話は本来状況を察して行うものです。マンツーマンレッスンでは味わえない本来の会話の空気感を知れることも、EFイングリッシュライブならではのメリットですね。

1-2 マンツーマンレッスン

もう一つの大きな魅力は、マンツーマンレッスンが月8回受講できることです。

特に月額8,910円(税込)で、ネイティブ講師からマンツーマンレッスンを受けられるのは、他のオンライン英会話と比べてもかなり嬉しいです。

グループレッスンでは他の生徒がいるため聞けなかったことも、マンツーマンレッスンであればわかるまでとことんネイティブ講師を独占できます。

グループレッスンを受けながら、理解できなかった内容をマンツーマンレッスンで復習し軌道修正を行えば、確実にレベルアップが望めるはずです。

1-3 オンライン教材

世界最大級の語学学校なだけあり、教材が非常に充実しています。

16段階のレベルに合わせた、日常英会話・オフィス英語(ビジネス英語)・トラベル英会話(旅行英会話)などが準備され、他にも変わり種の業界別職種英語やTOEICとTOEFLの対策まで可能になっています。

ただ豊富に教材が揃えられているだけでなく、録音サービスでスピーキング音声をネイティブ音声と比較できたり、ライティングの添削などが受けられるという充実具合です。

英語学習は総合力が物を言います。

4技能(スピーキング・リスニング・リーディング・ライティング)を何度も練習を積み重ねて英語力は向上していきます。最大限にオンライン教材を活用することで英語力を養いましょう。

2 他のオンライン英会話にはない3つのメリット

EFイングリッシュライブには、他オンライン英会話サービスと比べて魅力的なコンテンツが盛りだくさんです。

他にはない特徴は要チェックです。

2-1 おうちで留学体験ができる

前述したグループレッスンは英会話の中でも特に練習する機会が少なく、まして世界中の方達とレッスンできる機会は留学くらいしかありません。

ですがこのEFイングリッシュライブは、パソコンを通して世界中の方と英会話ができる「おうち留学(いわゆるオンライン留学)」を実現させました。
関連記事:オンライン留学おすすめ校一覧表【2021年】国内留学・海外研修対応

多国籍な生徒が集まり授業する語学学校と同じ環境で学習できるので、日本語なまりでない英語を聞ける、日本人が使わない語彙を覚えられる、世界の話が聞けるというような面白さが味わえます。

そして、特に海外経験を積みたい方や外資系企業で働きたい方にとっての利点は、「積極性が求められるグローバルな空間に慣れる」ことができる点です。

海外経験のない日本人が初めてグローバルな環境で痛感するのが“外国人の積極性”です。

日本人だけの環境で過ごしてきた方にとって、授業の流れを考えずにどんどん自分の意見を言ったり、中断しても質問をするというスタイルに初めの内は慣れないでしょう。

日本の英語教室でマンツーマン授業を長年経験しても、グループでの会話になった途端話せなくなる人も少なくありません。オンライン授業でその感覚に慣れるという使い方も非常に重要ですね。

2-2 総合的な英語力がつけやすい

EFイングリッシュライブのコンテンツは、レッスンスタイルから教材内容までかなり幅広いです。

英語学習の全般的な話になりますが、「ネイティブに通用するレベルになる」という目標を掲げられる方をたくさんお聞きしますが、その道のりは果てしないです。

英語は学習者に合った無理のないレベルで伸ばすべきポイントを伸ばし、一つ一つの課題をクリアすることで段々とレベルアップしていきます。このレベルの段階はかなり細かく、それぞれやるべき課題と解決策が何なのかを自分自身で把握しなくてはいけません。

EFイングリッシュライブではこの段階が16段階できちんと明記され、指標を見つけやすいのが特徴です。

グループレッスンでは、下記のようにレベル別に分かれています。

Level 1~3   — 基礎クラス
Level 4~6   — 初級クラス
Level 7~9   — 中級クラス
Level 10~12 — 中上級クラス
Level 13~16 — 上級クラス

自分のレベルに沿って英会話レッスン、教材によるレッスンを継続的に行えば自ずと4技能を鍛えることができます。

2-3 講師の質が高い

EFイングリッシュライブの講師になるためには、他のオンライン英会話と比べても高いハードルをクリアしないといけません。

下記はEFイングリッシュライブの講師募集のウェブサイトから抜粋した募集要項です。

• Native English speaker
訳:英語を母国語とするネイティブスピーカーであること。
• Minimum of a completed 4 year bachelor’s degree or higher
少なくとも四年制大学にて学士を修了している、もしくはそれ以上の学位
• Minimum 40 Hour TEFL certificate of equivalent earned by beginning of contract term
契約始めまでに少なくとも40時間のTEFLの受講経験を経験していること
https://www.ef.com/adultteachonline/より引用

他のオンライン英会話で、ここまで条件が厳しいものはありません。

特に格安を売りにしているオンライン英会話であれば、教育のバックグラウンドを問うところはほとんどありません。

やはりオリンピック語学パートナーを務めるEF Education First㈱が母体なだけあって、“教育の質”を大切にしているのでしょう。

3 他のオンライン英会話と比較したデメリット

3-1 マンツーマンレッスンが少ない

EFイングリッシュライブではマンツーマンレッスンの回数が月8回と、他オンライン英会話と比べると少ないということは否定できません。

特に、「グループレッスンはまだ早いな。」と感じられるような英会話初心者の方には、マンツーマンの回数が少ないことはマイナスに感じられるでしょう。

グループレッスンで学習を継続的に行い、補講としてマンツーマンレッスンを受講するという考え方で学習をすることがおすすめです。

3-2 かなり積極性が求められる

月30回のグループレッスンがメインとなりますが、主体となるこの授業スタイルが合わない方は少なからずいらっしゃるかと思います。

海外の多くの文化では“個人の意見を持つこと”がかなり重要視されます。そのため、他の国々の生徒の授業への積極的な姿勢についていけないことが、留学中の日本人にしばしばみられます。

このグループレッスンでも同じ状況が起こりえるので、積極的に意見を言ったり質問をすることに慣れていない方は合わないこともあります。

3-3 料金が少し高い

ここまで紹介してきたEFイングリッシュライブの料金体系や内容は下記の通りです。

■月額費
8,910円(税込み)

■レッスンタイプと回数
・グループレッスン (30回/月)
・マンツーマンレッスン (8回/月)

■自習学習用教材
・ネイティブによる英作文添削機能
ネイティブ講師によるライティング問題の添削が受けれる。
・スマホアプリ機能
アプリを通じて通勤通学中も学習可能。
・16段階のレベルに対応したオンライン教材
動画視聴や発音など、目的や段階別に設定されたレベル別教材。
・TOEIC®/TOEFL®試験対策コース
資格試験本番を想定した演習が豊富に揃えられている。
・ビジネス英語
会議やプレゼンテーションなど、実際のビジネスシーンを想定した学習が可能。
・目的別英語
医療や金融など全17種の業界別の英語が学習できる。

■その他
・24時間いつでもアクセス可能
レッスン受講も教材へのアクセスもいつでもOKです。
・進捗状況の確認
学習状況が可視化されており学習の進捗管理が容易。

まとめからわかるように、月額費8,910円という価格にも関わらず、コンテンツは他のオンライン教材と比較しても群を抜いて充実した内容です。

英語学習に普段から時間もお金もかけられて様々な学習をされている方には、EFイングリッシュライブだけで全て勉強ができるのでかなりお得です。

ですが、「純粋に会話だけを楽しみたい。」「教材は必要ない。」という方には少し料金が高い可能性もあります。

目的に応じてお選びになることが大切ですね。

4 EFイングリッシュライブ活用術

4-1 事前準備で授業に+α

英語は“筋トレ”と同じです。

毎日こつこつ学習することがレベルアップの為に大事なので、特に復習には力を入れて行うようにしてください。ただ、予習復習時間以上に、プライベート・グループレッスンどちらも授業時間に集中する必要があると考えています。

レッスン(マンツーマン20分・グループ45分)→復習(20分程)の学習時間がおすすめです。

レッスンの時間は集中し、復習では教えてもらったフレーズや単語を再度発音したり、自分の意見が上手く言えなかったところを再度言えるまで練習しましょう。

少しでもできるときに行い英語を話す癖をつけていきましょう。

4-2 海外で通用するためのマインド作り

EFイングリッシュライブには、母体であるEF Education Firstの理念である、“Opening the World through Education”(訳:教育を通じて世界への扉を開く)という理念が学習に息づいています。

そのため“語学学習”が一番の目的ではなく、“語学を通した教育”に基準が置かれています。

マンツーマンレッスンで講師と二人だけの環境で話す英語では不十分、そのためグループレッスンがメインのコンテンツとなっています。語学学習者の方の中には、「海外で活躍されたい」と考えている方がいらっしゃるかと思います。

しかし、集団意識が強く島国である日本の環境で語学を学んでいては、個性を重視した語学学習を学校教育で育った他の国の方達と議論していくのは難しいです。

 

“個性を出すための英会話“をグループレッスンを通して学ばれることは、世界で活躍する上で非常に重要と言えるでしょう。

4-3 講師と仲良くなる

EFイングリッシュライブのプライベートレッスンでは、講師を予約して選ぶことができます。マンツーマンレッスンでは、講師との良い人間関係を築くことが大切です。

そして、講師と仲良くなって質問を小まめに行ってください。会話の中では話していることの大まかな意味だけを理解し、わからなくてもコミュニケーションが成立してしまうことが多々あります。

また、質問するタイミングを逃してしまうケースもありますが、そのような場合、話を中断したとしても必ず質問してください。

講師をフル活用して質問をすることで、学習できることは全て把握できるように心がけてください。

まとめ

EFイングリッシュライブは、英語の総合力を鍛える上では非常に魅力的なオンライン英会話です。マンツーマンで実力を付けながら世界各国の方と英語で話せる留学体験を是非楽しんでください。

語学学習を超えたさらに楽しい世界が待っています。

EFイングリッシュライブの公式HP

実際にEFイングリッシュライブを受けている方の体験談も併せてご覧ください。
EFイングリッシュライブの口コミ評判「英会話初心者がやってみた体験談です」

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

Pick Up

オンラインで受講可能なTOEIC講座【15選】zoom、skypeを使った短期TOEICセミナーまとめ

オンライン英会話はたくさんあるものの、TOEICに特化して勉強したい!という方も多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルスの影響で対面式のTOEIC対...

カテゴリー

人気記事ランキング

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

より活きた英語を学ぶためには、学校での授業や独学よりも、外国人と交流する方が早い! そのためには「海外留学」「英会...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

【貿易事務】で働くために必要なTOEICスコアや資格は? 未経験は本当に難しいのか

貿易事務と聞くと海外と頻繁に連絡を取り合うイメージで、高い英会話スキルが必要だと思っていませんか? しかし実際は、...

ハウルの動く城に学ぶ英文法「~のようだ」を意味する、look、look like、seem、seem likeの違い【ジ...

「~のようだ」や「~のように見える」を表す「look」「look like」「seem」「seem like」。どれも日...

「英語とプログラミング、どっちを先に習得すべき?」の結論と理由

最近よく、これからの時代は「英語とプログラミング言語を身につけないと食べていけない」と耳にします。 たしかに私たち...

翻訳家になる方法#08 私がどのようにして翻訳者として英語力を磨いたのか?

こんにちは! これまでは、出版翻訳者になるまでの過程や秘訣と、番外編として企業やフリーランサーの翻訳者として活動す...

現役外資コンサルが解説「なぜあなたはUSCPA(米国公認会計士)を取得すべきなのか?」

今学んでいる英語を使って将来仕事に役立てたい!と思っている方は多いのではないでしょうか? そもそも、英語を学ぶ一番...