マナビジン英会話英語の学び方成功法則『7つの習慣』が証明する、英会話ができる人できない人の違い

『7つの習慣』が証明する、英会話ができる人できない人の違い

follow us in feedly

follow us in feedly

『7つの習慣』をご存じでしょうか?

スティーブン・R・コヴィー博士が著した『7つの習慣』は約40カ国で翻訳され、全世界で3000万部以上、日本でも180万部を超える大ベストセラーとなりました。

数ある自己啓発書のなかでも群を抜いて、世界で最も有名な成功哲学が『7つの習慣』です。

スティーブン・R・コヴィー博士が著した『7つの習慣』

初出版から4半世紀を経た今も、『7つの習慣(アマゾンへ)』は根強い人気を誇っています。世界中の多くの人が『7つの習慣』を毎日の行動の指針に据えています。

人気の理由は、実際に7つの習慣を実践することで人生に劇的な変化が起こったとする報告が、相次いでいるからです。

自らが変わることで、より良い結果を引き寄せられるという『7つの習慣』の考え方は、今も色あせていません。

実は英会話できる力を身につける過程においても、『7つの習慣』は大きな影響を及ぼしています。

私たちが現在取り組んでいる英語学習が成功するか否かの鍵を握っているのは、まさに『7つの習慣』を実践できているかどうかなのです。

なぜならば……。

160人中8割がYESと答えた質問とは!?

「英語を流暢に話すためには英語を学習しなければならない」、このことは誰にでもわかる理屈です。

しかし、英語を学習することで誰もが英会話のスキルを身につけられるのかといえば、答えはノーです。

英会話ができるようになりたいと願い、英語学習を始める人は多いものの、本当に話せるようになるのは、ほんの一握りの人に限られています。

同じ英語学習を続けていても、流暢に話せるようになるのは少数に過ぎず、大半の人は途中であきらめ、英語学習をやめてしまうという現実が横たわっています。

これは海外留学にも言えます。長年、フィリピン留学を通じて多くの留学生を見てきた私ですが、その中で英語を流暢に話せるようになる人は残念ながら一部です。

では、英会話の習得に成功した人と失敗した人の違いは何でしょうか?

このことを疑問に思い、マナビジンでは短期間のうちに英会話のレベルを上げることに成功した人たちを対象に、徹底的なアンケート調査を行いました。

その結果、ほとんどの成功者に共通する、ある事実を浮かび上がらせることに成功しました。

それは、「学習を始めてから目標を達成するまで、優先順位のトップは常に英語であり続けた」ということです。

英語の優先順位
*このアンケート調査はインターネット上で英会話ができる上級者をランダムにピックアップしており、留学生だけ、ビジネスマンだけ、、、など特定の人のみを募集したわけではありません。詳しくは無料ダウンロード資料として用意しています→「英会話上級者の76%が行っていた英会話学習法とは

英会話ができるようになった8割もの人が、「人生で英語を1番に優先したことがある」と答えています。

一方、学習を続けたにもかかわらず英会話ができるようにならなかった人々に共通していたのは、学習を始める際には英語を優先順位のトップに据えていたものの、時が経つごとに次第に優先順位を下げてしまったことです。

わかりやすくするために、成功者と失敗者の違いを図で表してみます。

失敗する人の共通点

成功する人の共通点

つまり、優先順位のトップに常に英語を置いておけるかどうかに、あなたが短期間のうちに英会話力を取得できるか否かがかかっている、ということです。

優先順位こそが、英会話ができる人、できない人を決める分岐点なのです。

第3の習慣の教え

実は優先順位は、『7つの習慣』で列挙されている第3の習慣に大きく関係しています。

第3の習慣のテーマは「時間管理」です。要約すると「最重要事項を優先する」ことが大事だと説明されています。

第3の習慣を説明するために用いられる時間管理マトリックス(アイゼンハワーマトリックス)が、これです。

時間管理マトリックス

私たちの人生において、やらなければいけないことは多々あります。

私たちは常に過去に何かを選択・行動して、その結果が現在として現れています。

そして現在の私たちの選択は、将来を決めます。

ということは、より良い未来を得たいのであれば、今この瞬間に何を為すべきなのかを考え、正しい選択をする必要があります。

では、正しい選択をするための判断基準はどうあるべきなのでしょうか?

それを教えてくれるのが、時間管理マトリックスです。

時間管理マトリックスでは横軸に緊急度、縦軸に重要度をおき、為すべきことを4つの領域に分けます。

図表にある例を追っていけば、分け方のコツをなんとなく理解できると思います。

通常、私たちは緊急かつ重要な課題から手を付けます。締め切りの迫った仕事から片付けたり、緊急事態が起きたときに対応するのは、当然のことといえるでしょう。

しかし、常に目先の仕事に追われ、忙しい毎日を送るのが正しい選択といえるのでしょうか?

『7つの習慣』では、こうした惰性に流される日々を送ってはならないと戒めています。

では、より良い明日を得るためには、具体的にどうすればよいのでしょうか?

『7つの習慣』の答えは明快です。第二領域にある課題に注力しなさい、優先順位を引き上げなさいと伝えています。

なぜならば「緊急ではないけれど重要なこと」をやり遂げることこそが、あなたの未来をより良いものへと変えていく力があるからです。

だからこそ、第二領域に当てる時間を意識的に作り出す必要があるのだと教えています。

そのためには第一領域と第三領域を見直し、省けるものや後回しにできるものをリストアップします。第四領域にあるものには、できるだけ手を出さないマインドセットも重要です。

こうして常に第二領域の優先度を高めることができれば、あなたの将来は明るく輝かしいものになる、というわけです。

優先順位のトップに英語を置き続ける覚悟

『7つの習慣』で重要な役割を果たす時間管理マトリックスは、英会話を身につけられるかどうかの決定的な鍵を握っています。

英語学習が時間管理マトリックスで定めた4つの領域のどこに位置するかは明らかです。

仕事上、あるいはプライベートな理由ですぐにでも英会話ができなければ困る、といった切羽詰まった事情を抱えている人は、それほど多くはいないはずです。しかし、将来的に英会話できる力を身につけることは、自分の日常を塗り替えるほどのインパクトがあることだと、多くの人が気づいています。

つまり、多くの人にとって英語学習は、緊急ではないけれども重要なことといえます。時間管理マトリックスの第二領域に属す、ということです。

したがって私たちは、意識的に英語学習の優先度を高める必要があります。

意識していないから、英語学習の優先度は次第に下がり、いつまで経っても英会話を習得できない状況に陥るのです。

せっかく英語学習を始めたのに、英会話を身につけることを途中であきらめてしまう大半の人は、この同じ轍(てつ)を踏んでいます。

一方、意識して英語学習の優先度を高く保てた人は、異なる結果を残しています。ことに優先順位のトップに常に英語を据えることができた人は、流暢に英会話ができるスキルを獲得しています。

英語を優先順位のトップに置けるかどうかに、英会話習得の成否がかかっているのです。

海外留学で英会話を身につけられる理由

高い英会話力を身につけた人の多くが海外留学を経験していることも、この事実を裏付けています。

海外留学組が成功しやすいのは、英会話に触れる量が多いだけではなく、日々の選択肢が一気に減るため、優先順位のトップに英語学習を置きやすい環境を得られるためです。

授業以外の時間に何をするかを考えてみても、外に出て積極的に英語を学ぶか、日本人とつるむか、引きこもって自習をするぐらいしか選択肢がありません。また、すでに優先順位2位以下の多くのものを犠牲にして海外に出てきているため、そもそも決意が違います。

海外生活を通して英語学習の優先度を常にトップに置けるからこそ、海外留学によって英会話ができるようになる人が多いのです(逆に言えば、海外留学で英会話ができるようにならない人は、留学期間の問題を別にすれば、基本的に英会話の優先順位が低い人です)。

しかし、国内には多くの誘惑が待ち構えています。海外に渡れば物理的に見られなくなるテレビドラマも、国内にいれば自由に見られます。
コロナ禍ではだいぶ減ったとは思いますが、飲み会に誘われる機会もあります。誘惑の多い国内で英語学習を続けることの難しさが、ここにあります。

これらの誘惑をすべて裁ち切り英語学習に打ち込むためには、強いマインドセットが必要です。

あなたが本当に英会話できるスキルを身につけたいと願うならば、ブレることなく優先順位のトップに英語を置き続けてください。

それができるかどうかは、あなたのマインドセットの問題といえます。

ブレることなく最優先にし続ける、少なくとも軌道に乗るまでは

「優先順位のトップに英語を置き続けられるからこそ英会話をマスターできる」、このことはご自身の過去を振り返っていただければ、理解しやすいはずです。

どんなささいなことでも構いません。ご自身が何かに成功したときのことを思い出してみてください。

たとえば私の小さな成功体験ですが、「セブ島留学の紹介サイト」の制作と運営を通して感じた「達成感」があります。

さまざまな英語学習に取り組んでは挫折を繰り返していた私が、セブ島留学にて流暢に英会話ができるようになった感動を一人でも多くの人に伝えたいと思い、『俺のセブ島留学』を立ちあげました。
詳しくはこちらのプロフィールに書いています

そのときは結構、夢中でした。

『俺のセブ島留学』の記事を書くためにはセブ島と東京のオフィスを何度も行き来する必要があり、そのコストを捻出するために、すでに収益が出ていたサイトのいくつかを売却しました。

純粋にビジネスとして見たならば、確実に収益を得られるサイトを売却してまで、収益の見込みの立たないサイトに多額の運営資金を注ぎ込む必要などなかったのですが、当時の私にとって、優先順位のトップは自分のサイトを通じて一人でも多くの人に、「英会話ってこんなにおもしろいんだ!」ということを知ってもらいたかったのです。

だから脇目も振らず、セブ島に出かけては取材を行い、東京に戻ってはオフィスに泊まり込みで記事を書きまくり、セブ島留学について少しでも役立つ記事を配信できるように努めました。

その甲斐あり、1年後には「セブ島留学」のキーワードで検索順位1位となり、その順位をずっとキープできたおかげで、サイトは爆発的にヒットしました(今は違いますが、苦笑)。恐らく、現地の留学生が特に見てくれたり、口コミで広げてくれたのでしょう。

このサイトを通してセブ島留学を果たす人も増え、「本当に英語が話せるようになった!」と、たくさんの喜びの声を聞くことができました。

この私の小さな成功体験は、寝食を忘れるほどに夢中になって、ひとつのことをやり遂げた結果です。

軌道に乗るまで、優先順位のトップは常に『セブ島留学サイト』でした。そうして一心不乱に取り組んだからこそ、達成出来たのだと思っています。

おそらくあなたにも、何かに夢中になって気づいたらうまくいっていた経験があるのではないでしょうか。

あなたが何かを達成できたのは、それを常に最優先したからですよね?

その体験がすべてを物語っています。

最優先することなく何かを成し遂げられるのは、⻑い時間をかけて打ち込んできた⼈たちだけです。

つまり、何かを成し遂げるためには、それを優先順位のトップにもってきて短期集中するか、あるいは最優先とはいかないまでも高めの優先順位をキープしつつ、長期スパンを覚悟してコツコツと積み上げていくのかのどちらかしかない、ということです。

ですからあなたが幼児の頃から英語に慣れ親しみ、何年もかけて英会話を身につけようとしているのであれば、無理に英語を優先順位のトップに据えなくても、なんとかなるかもしれません。

しかし、そうではなく、ほぼ英会話ができない状況からスタートするのであれば、なんとしても英語を優先順位のトップに据える必要があります。トップということは、1日の中でそこに割く割合も、かなり大きくなるということです。

なにもそれを、あなたの生涯を通じて徹底すべきだと、言っているわけではありません。英語学習を始めてから英会話を習得するまでの、ごく短い期間でよいのです。

片手間で英語を学習しようとしても、失敗することは目に見えています。

最近は「多動力」という言葉がありますが、もし「多動力」の言葉の意味がほぼゼロの状態から「あれもやりたいし、これもやりたいから全部同時並行して、全部軌道に乗せる」という意味であれば、私のような凡人が同じことを真似しても決して、英会話の習得も、ウェブサイトの立ち上げも成功しなかったと思います。

まとめ

この記事では「優先順位のトップに英語を置き続た人が、英会話のスキルを身につけていた」という事実についてお伝えさせてもらいました。

少なくとも英会話ができるようになった160人のアンケート上では、8割がこの考えにYESと答えていますし、私がフィリピン留学で数々の留学生を見てきた経験上からも、非常に大切な考え方だといえます。

とはいえ、英語を最優先しなければならないと頭ではわかっていても、それを実行することが至難の業であることも、またたしかです。すべてがマインドセットだけで解決するほど、現実は甘くはありません。

英語学習を始めたばかりの頃は強いマインドセットをもっていても、普通は時間が過ぎるごとに色あせていくものです。

ということは、はじめからマインドセットに頼ること自体が間違っているのだといえます。

では、どうすればよいのでしょうか?

その答えは、下のリンク先に詳しく書かれています。

マインドセットに頼ることなく、英語を常に優先順位のトップに置くことにより、誰もが確実に英会話ができるようになる英語学習プログラム、それが『グローバルエリートコース』です。

→『グローバルエリートコース』の詳細はこちら

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

斉藤淳 / マナビジンの代表
マナビジンの代表

TOEIC300点台、英会話力ほぼゼロから、さまざまな試行錯誤した果てにフィリピン留学にたどりつき、4ヶ月の留学で英会話力が伸びるコツを会得。

その後、自身で立ち上げた留学メディアを8年運営しながら、多くの英語学習者を見守るうちに、短期間で英会話のスキルを身につけた成功者には、共通点があることに気がつきました。

マナビジンではその共通点を一個人の意見だけでなく、様々な角度からできるだけ裏付けしつつ、ご紹介予定です。

また、合わせて仕事でその場を乗り切りたい方のための、今日覚えて明日使える英語フレーズ集もどんどん作成予定。
メルマガにご登録頂くと最新フレーズ集をお送りしますので、よかったらご登録ください、

主な仕事:ウェブメディアのディレクター
ウェブメディアのゼロからの立ち上げや、ディレクション業務などを中心に、複数の法人サイトを運営管理しています。その傍ら、自身でもこのマナビジンを含め、ウェブサイトをいくつか所持し、情報発信中。応援よろしくお願いします!

サイトへの想いはこちら
・広告掲載のご提案はお問い合わせフォームからお願いします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

ピックアップ

オンラインで受講可能なTOEIC講座【20選】短期集中TOEICスクール 2021年版

手っ取り早くTOEICの点数を上げたいと思ったら、TOEIC専門スクールの短期集中講座で学ぶのが、ほとんどの方にとって最も効率がよい勉強法です。 しかし、...

カテゴリー

人気記事ランキング

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly