マナビジン英会話英語の学び方成功法則英語の必要性は8年間でどう変わったか?「英語は今後も必要ない...

英語の必要性は8年間でどう変わったか?「英語は今後も必要ない」の真実と嘘

follow us in feedly

follow us in feedly

英語は本当に必要なのか?

「これからは英語の時代だ」と、よく耳にします。本当でしょうか? 

たとえばあなたは、これまで英語の必要性を感じるほど、めちゃめちゃ困った経験がありますか?

日本に暮らしていて英語ができなくて困ることなど、ほぼないはずです。だって、英語ができなくたって普通に生きていけますよね。
国内に留まる限り、買い物にしても食事にしても、日常生活に必要なあらゆるサービスにしても、日本語だけで事足ります。

仕事にしても、英語ができなければ就けない職業なんて、ほんの一握りに過ぎません。仕事で英語を使う機会など、ほんとんどないのが現実です。

では、英語の必要性を感じる人、感じない人の割合はどの程度なのか? 過去と最新の統計データを見比べてみましょう。

2012年のリクナビの調査によると

実際のところ、リクナビの調査によると、6割以上の人が「仕事で英語を使う機会がない」と答えています。

リクナビ、英語を使う機会はありますか?
https://next.rikunabi.com/01/closeup_1242/

これは、東証一部上場企業に勤める日本在住の25~39歳の正社員1000人を対象に行われた調査の結果です。

ということは、日本を代表する大手企業に属する社員ばかりです。

世界の市場を相手にグローバルに展開している大企業の社員であっても、その6割を超える人が仕事で英語を使うことなどないと答えているのです。

大企業でさえ、この実態なのですから、ましてや日本の大多数を占める中小零細企業に勤めたり個人で仕事をしている人たちであれば、なおさら英語を使う機会などないことは容易に察しがつきます。

もっとも、このデータは2012年に採られているため、最近の状況を反映しているとは言いがたいものがあります。

2020年のTOEICの調査によると

そこで、TOEICを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)によって2020年に公開された「英語のスピーキングに関する実態と意識」のなかから、以下の統計を紹介します。

英語を使う機会がどれだけあるか?
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000051295.html

この統計は、学習方法に関わらず、現在英語学習をしている全国の20代~50代のビジネスパーソン男女500名を対象に行われた調査の結果です。

「英語を話す機会はほとんどない」と答えた人は 39.2%に留まっています。

先に掲げたリクナビの統計とは、そもそもアンケートを採った対象が異なるため、一概に比べることはできないものの、統計が採られた2012年と2020年の間に状況の変化があったことは、十分に感じ取れます。

2012年には「英語を話す機会がない」と答えた人が61.4%もいましたが、2020年には39.2%と、大きく減少しています。

このことは、日本のビジネス社会がグローバル化していることと深く関係しているといえそうです。英語を必要とする機会は、年を経るごとに増える傾向にあります。

それでも、2020年の調査においても、「英語を話す機会がほとんどない」と「週1~2日程度ある」を合わせると、実に全体の62%を占めます。

2012年に比べれば英語の需要が増してはいるものの、全体を見渡してみれば、まだまだ英語を必要とする機会が少ないことが見て取れます。

まして2020年の調査対象は、すでに英語学習を始めている人です。そのなかには、仕事で英語を使う必要に迫られている人も、相当数いるはずです。必要があるからこそ学習するのは、極めて自然です。

つまり、無差別にアンケートを採るならば、「英語を話す機会がない人」がさらに増えることは間違いなさそうです。

現実を見たとき、日本人の多くは英語力を必要としていません。

それなら、なにも苦労して「今さら英語を学ばなくたっていいじゃないか」と思いませんか?

英語を学ぶためには、多くの時間を割かなければいけません。英会話ができるようになるまでに500時間、1000時間、中には2000時間のプラス学習が必要と言う方もいます。

本を買ったり、スクールに通ったりと、月平均にすれば1万円〜5万円など、それなりにコストもかかります。

英会話ができるようになった人たちは海外留学組が多いといういくつかのデータがありますが、海外留学を1年したら語学留学でも200万円〜300万円はかかります。そもそも、1年で英会話が身につくという保証もありません。

私自身が身につけてきた経緯や、数多くの留学生を見てきた経験からいっても、はっきり言って社会人が英語を身につけるのは生半可な覚悟では難しいです。

であれば極端な話スパッと諦めて、5000円程度のゲームを買い求め、1000時間ぐらい遊び尽くせば、部屋に引きこもりながら十分楽しめるのでコスパ最強です。食費も生活費も大してかかりません。

浮いた資金は貯蓄やインデックスファンドにでも投資し、老後の資金とすることができます。

モンハンイングリッシュ9
モンハンなら1000時間楽しめる!

そのように考えると、限りある時間とお金を英語学習に費やして苦労するよりも、好きなことをして楽しんだ方が、「楽しいし、お金も貯まるし」よほど賢明に思えてきます。

でも、ちょっと待ってください!

たしかに今は、英語ができなくても、それほど困ることはないかもしれません。ただし、あくまで「今の時点では」という但し書きがつくことに、注意が必要です。

つまり、この先も「英語ができなくても困らない状況が続く」とは限らない、ということです。

英語ができないことで、これから直面するかもしれない危機

あれこれあげつらっても仕方がないため、今回は英語ができないことで、あなたが今後直面するであろう2つの問題に絞って紹介します。

それはずばり、「給料が増えない」「仕事がなくなる」の2つです。

1.給料が増えない

英語ができることで社内の評価が高まり、昇進・昇給に繋がりやすいことは、各種のデータによって明らかにされています。ということは英語ができないと昇進が遅れ、給料も増えない、ということです。

たとえば、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comに登録しているユーザーの英語レベル別年収を比較したのが下のグラフです。

平均年収 女性

平均年収 男性
ダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社から引用

年代ごとに左からビジネス英語以上・日常英会話以下・比較対象として国税庁の職員の年収を棒グラフとして表しています。

英語力に優れた人ほど、どの年代をとっても年収がひときわ高いことが見て取れます。

この統計は、ひとつの例に過ぎません。英語力が高い人ほど年収がアップする傾向にあることは、さまざまな調査によって、はっきりと示されています。

英語力と昇給が相関関係にあるという事実は、先ほど紹介した2020年のIIBCの調査にて4割弱の人が「英語を話す機会がほとんどない」と答えていることと照らし合わせてみると、なにやら矛盾しているようにも思えます。

でも、実は話は単純です。

「英語を話す機会がほとんどない」と答えている人の大半は、要は英語力がないために英語を必要とする仕事から外されていると考えられます。

調査結果を裏読みすれば、英語に対応できる6割の人だけが仕事で英語を使っていることになります。

多くの企業にとって英語を使う仕事の重要度は高いため、社内での貢献度が増します。そのことで昇進・昇給の機会が増えるのは当然といえるでしょう。

しかし、英語ができないと重要な仕事(例えば海外赴任や英語でのビジネス会議)を担えないため、なかなか昇給できません。

平均給与は、ここ数十年上がっていないことから、長く勤めることで自動的に昇給する見込みもありません。家庭を持っていれば出費は年々増える一方なのに、いつまで経っても給与が増えないようでは、生活が苦しくなるのは目に見えています。

あなたは、そのような悲惨な将来に甘んじることができますか?

2.仕事がなくなる

給与が平行線をたどる程度であれば、まだましかもしれません。最悪の事態として、近い将来、あなたが今やっている仕事がなくなる可能性があることも考えた方がよさそうです。

外国人労働者の増加

日本は今後、外国人労働者を大量に受け入れる方針を明らかにしています。今のところコンビニの店員など、求人募集をかけても日本人の働き手が見込めない業界に外国人労働者を補充することを目的としています。

しかし、他国の例を見ても明らかなように、賃金が低くても熱心に働いてくれる外国人労働者が増えると、やがては現在のあなたの仕事が彼らに取って代わられる可能性を否定できません。

実際にコロナ禍でリモートワークが日常化したことにより、「ネットで仕事ができるなら外国人でもいいよね」となり、外国人採用の増加が顕著になりました。

IT業界では、中途半端な日本エンジニアよりも優秀な外国人エンジニアを採用する傾向が強まっています。コスト削減のために、自社の業務を人件費の安価な海外企業や海外子会社に委託・移管するオフショアも盛んです。

その意味では、これからは英語で外国人労働者のマネージメントができる日本人は、ますます重宝されることでしょう。

つまり、勤勉で優秀な外国人労働者の急増は、あなたが特別に際立ったスキルをもっているか英語力に優れていない限り、結果的にあなたの仕事を奪うかもしれません。

AIによる効率化

さらに社会の技術的な進歩も、あなたのライバルになるはずです。現在の多くの仕事がAIに取って代わられるとの予測は、日を追うごとに現実味を帯びてきています。

たとえばユニクロやコンビニでは、セルフで精算ができる機械が次々に導入されています。このまま進めば、やがては人がレジ打ちをする必要はなくなり、会計はすべて機械を通して行うようになるでしょう。

そうなれば、レジ打ち要員として採用されていた人たちは、確実に仕事を失う羽目に陥ります。

今から10年ほど前、レジ打ちの仕事がなくなると聞いても、多くの人は「そんな馬鹿な」と笑い飛ばし、まさか自分の身に災厄が降りかかるとは思いもしませんでした。

ところが現在では、もう笑えない状況になっています。もちろん、レジ打ちはひとつの例に過ぎません。今後はさまざまな業界の多くの仕事が、人からAIへと移行していくことでしょう。

現在進行中の、こうした産業構造の大変化は、18世紀半ばから19世紀にかけて起こった産業革命に匹敵するものといわれています。あなたが気づくかどうかにかかわらず、多くの人が職を失う時代は、すぐそこまで迫っています。

ちなみに、AIが発達したことで英語を学ぶ必要性がない未来が来るのではないか!? と考える方もいますが、一概にそう言い切れません。詳しくは以下の記事で。
関連記事:

英語武装して入社・転職してくる後輩

更にもう一つ、気をつけなければいけないことがあります。
あなたの後輩です。

そもそも今の若い人たちは「英語が必要」ということをよくわかっています。
新型コロナ発生前までは留学生は年々増加傾向にありました。もっと若い世代では、小学校に英語が導入されてから、保護者の英検へ向ける目は熱くなる一方です。

つまり、これから10年間の間に「英語ができて、仕事もできる」優秀な人材が転職してきて、あんたのポストを何度も脅かす可能性が高いということです。

今まさにあなたが英語ができれば、上司を脅かすことができるのと一緒です。

あなたが狙っている役職は当然部下も狙っています。
英語ができなければ、英語会議や海外赴任で活躍する部下よりも、英語以外でアピールしなければなりません。

「英語ができないことが、今後も本当にハンデにならないか」を真剣に考える必要があります。

日本のマーケットから考える英語の必要性

自分にとって英語が必要かどうかは、2021年以降の日本経済の発展について考えてみると明らかです。

先に、国内に滞在している限り、英語を使う機会がほとんどないと述べましたが、これは東南アジア各国の状況とは大きく異なります。

英語が公用語に指定されているシンガポール・フィリピンでは、日常生活にも英語があふれています。

マレーシア、台湾、ベトナム、タイなどの就職にしても英語ができるかできないかで、天と地ほどの差があります。ことに給与の高い優良企業に就職するためには、英語力が必須とされています。

外資など一部の企業を除けば、英語力のあるなしが採用の合否に直接影響することがまれな日本とは、大違いです。

では、この差は何から来るのでしょうか?

簡単にいえば、日本は人口が多く、経済的にも豊かなため、多くの企業が国内のマーケットだけを対象に十分な利益を計上できたからです。

対して他のアジア諸国、たとえば台湾や韓国などは人口が少ないために国内のマーケットの規模が小さく、ほとんどの企業は国内市場だけでは経営が成り立ちません。

そのため、輸出を通して海外のマーケットを相手にビジネスを展開する必要に迫られました。

自社製品の多くを海外で販売するとなれば、英語力が必要とされるのは当然のことです。

「必要」という言葉は、正しいニュアンスではないかもしれません。むしろ英語力がなければ、何の役にも立たない不要な存在といえます。

だからこそ、英語力の備わっていない人材は端から採用されないのです。

日本はこれまで内需中心の産業構造であったため、英語力がなくてもなんら支障はありませんでした。しかし、他のアジア諸国は内需よりも外需中心であったため、英語力が必須でした。

この状態が今後も続くのであれば、英語ができなくても、さほど困ることはないでしょう。

ところが、強烈な少子高齢化の波に足下をすくわれている今、国内のマーケットだけを対象とする時代は、すでに終わったと指摘されています。人口減少に歯止めがかからないなか、日本人のもつ経済的な豊かさも急速に失われつつあります。

その証拠に、ここ数十年で日本円の価値はほとんど上がっていません。欧米諸国との物価差は開く一方です。その分、東南アジアとの物価差は縮まっています。

一昔前と比べて、欧米への旅行が大変な時代になりつつあることは、肌感覚として実感できるのではないでしょうか。

ちなみに、YouTubeで動画配信している私の友人は「YouTubeの広告費が、日本人とアメリカ人では2倍違う」と言っていました。多くの日本人の懐が寒くなれば、国内市場の規模が次第にしぼんでいくのは目に見えています。

つまり、これからの日本経済は他のアジア諸国と同様に内需から外需へと向かわざるを得ない、ということです。

今どきITは当たり前、では10年後は?

今どきパソコンが使えない人は、あなたの周りでいるでしょうか?

10年前、15年前は「私、パソコン苦手なんだよねー、よろしく!」といった上司が確かにいました。

しかし、現代社会においては程度の差はあれ、オフィスワーカーでワード、エクセル、パワポ関連のスキルが使えない人はほぼいません。中にはできない人もいるかもしれませんが、そういった方は、仮に新卒であればいきなりマイナスからスタートです。

もしかしたら、これと同様のことが近い将来、英語で起こるかもしれません。

こうした流れは、なにも大企業だけに押し寄せているわけではありません。日本の産業構造そのものが外需に頼らざるを得ないため、中小企業も含め、多大な影響を受けることになります。

そうなれば英語力に優れた人材の登用や囲い込み競争が激しくなるのは、必然です。時代は英語力を身につけた人材を求めています。

近い将来に備え、多くの果実を手にするためにも、今こそ英語力の獲得に向けて動き出す時です。

第一歩を踏み出そう!

英語力がなくても十分に生きていけます。「今のところ」これは本当のことです。

しかし、英語力を向上させることで、今後あなたは大きなメリットを手にできます。

これもまた、真実です。

日本経済が外需への依存度を高めていくなか、英語力に優れた人材の待遇は高まる一方です。英語力を武器に昇進・昇給を果たすことで、家族と一緒に豊かな生活を満喫できる未来が待っています。

そのために必要なことは、今こそ英語力を身につけるための初めの一歩を踏み出すことです。

斉藤

PS.具体的にどうやって英語を身につけたらよいのか?

まずは、短期間のうちに英語力を獲得することに成功した人たちの声を集めた「成功事例集」を手に入れてください。
→ 英会話上級者の76%が行っていた英会話学習法

follow us in feedly

follow us in feedly

follow us in feedly

斉藤淳 / マナビジンの代表
マナビジンの代表

TOEIC300点台、英会話力ほぼゼロから、さまざまな試行錯誤した果てにフィリピン留学にたどりつき、4ヶ月の留学で英会話力が伸びるコツを会得。

その後、自身で立ち上げた留学メディアを8年運営しながら、多くの英語学習者を見守るうちに、短期間で英会話のスキルを身につけた成功者には、共通点があることに気がつきました。

マナビジンではその共通点を一個人の意見だけでなく、様々な角度からできるだけ裏付けしつつ、ご紹介予定です。

また、合わせて仕事でその場を乗り切りたい方のための、今日覚えて明日使える英語フレーズ集もどんどん作成予定。
メルマガにご登録頂くと最新フレーズ集をお送りしますので、よかったらご登録ください、

主な仕事:ウェブメディアのディレクター
ウェブメディアのゼロからの立ち上げや、ディレクション業務などを中心に、複数の法人サイトを運営管理しています。その傍ら、自身でもこのマナビジンを含め、ウェブサイトをいくつか所持し、情報発信中。応援よろしくお願いします!

サイトへの想いはこちら
・広告掲載のご提案はお問い合わせフォームからお願いします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

著者の他の記事

同じカテゴリー内の記事

ピックアップ

オンラインで受講可能なTOEIC講座【20選】短期集中TOEICスクール 2021年版

手っ取り早くTOEICの点数を上げたいと思ったら、TOEIC専門スクールの短期集中講座で学ぶのが、ほとんどの方にとって最も効率がよい勉強法です。 しかし、...

カテゴリー

人気記事ランキング

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【10選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

最新記事

RSSに登録して最新情報ゲット!

follow us in feedly