spot_img
留学マナビジン海外留学アメリカ留学女性のアメリカ社会人留学 私の自力のビザ申請方法をご紹介します

女性のアメリカ社会人留学 私の自力のビザ申請方法をご紹介します

自力のビザ取得

私は留学エージェントを使わずに自力でビザを取得した社会人留学生です。

留学が初めてで、英語が完璧でなくても、自力で学生ビザを取得することになったのには理由があります。今回はその経緯や体験談をお伝えし、これから留学を検討されている方の事前情報として少しでも参考になればと思っています。

ちなみに、短期の商用と旅行以外でアメリカに滞在する際にはビザが必要*です。

出張や短期留学でも必要な場合があり、ビザ免除プログラム電子渡航認定証システム(ESTA)では入国できない場合がありますので、渡米目的や期間に合わせて事前にしっかり確認されることをお勧めします。

*参考:「在日米国大使館と領事館ビザサービス」

女性のアメリカ社会人留学

女性が30歳を超えてからのアメリカ留学は、不安以外のなにものでもありません。

最近はあまり耳にしない言葉ですが、いわゆる「結婚適齢期」の独身女性が留学するのと、10代、20代の学生が進学のために留学するのとでは全く扱われ方が違います。

この女性は、アメリカに結婚相手を探しに来たのではないか、アメリカに居座りアメリカ人の職を奪うのではないかと疑われたら最後、どんなに正当な理由があっても審査は通らないこともあるといいます。

前大統領政権から入国審査が厳しくなり、実際に同じ年代でビザが通らなかった女性の話や、ビザを取得したにも関わらず入国拒否された女性の話も聞いてきました。

年齢や性別だけで判断され、進路を絶たれてしまうのは悔しくてたまらないことです。

学生ビザを選んだ理由

私が留学を決意したのは昨年の12月のことでした。当時私は、自分の専門分野でキャリアアップするためにアメリカで働きたい!と夢見て、休暇と視察がてらロサンゼルスに2ヶ月間滞在していました。

私の職業専門分野ではアメリカが最先端といわれているので、しっかり学んで日本に持ち帰りたいと考えたからです。

机上の理論だけではなく現場経験を求めていたこと、また社会人生活も長く一定の収入がある生活に慣れていたため、就労制限のある学生ビザではなく、きちんと収入が得られる就労ビザの取得を検討していました。

結論からいって、日本人がアメリカで就労ビザを取得するハードルは高く、政府指定の限られた職種**において豊かな経験と実績がある、もしくは自分で開業する充分な資金と実績がある必要があります。

**参考:「米国 H-1B ビザの職業リスト

私の場合、自分の専門分野が特殊なこともあり、政府指定の職種に該当するためには、現状その道の大学教授として働く以外にありません。ただしアメリカで大学教授になるためにもまた、数々の条件をクリアすることが必要です。

検討した結果、まずは学生ビザを取得して留学すること、そこで何かしらの学位や認定を得て、OPTと呼ばれる公的に認められた方法で働いた上で、就労ビザ取得を目指すことが最短の道であると考えました。

しかしその道は、私の想像を遥かに超える困難な道のりでした。ビザ申請から現地入国するまでの間で既に、年齢・性別・言語・人種・学歴・職業の壁にぶつかりました。この期間、自分の夢や目標を見失わずに精神的にタフで居続けることが最も重要だったと感じます。

今回はその一部をご紹介します。

自力でビザを取得した理由

私には、ビザ申請が通りづらいといわれる人の条件と重なる点がたくさんありました。

第一に、私は幼少期から海外の文化に触れることの多い環境に居たため、渡航歴が多くありました。また自由度の高い職業のために休暇を長く取ることができ、一般的な日本人よりも長く海外に滞在してきました。

特にアメリカにはよく旅行していたので、知人、友人も多く、親戚も住んでいます。これは、留学してしまえば何よりも心強い安心材料になると思いますが、ビザ取得においては不利な条件でした。

万が一留学中に私の財産が底をついたとしても、誰かの助けを得て不法滞在したり、不法就労したりする可能性が高いと判断される充分な理由になってしまうそうです。

第二に、私の年齢と性別、更に離婚歴があることが問題でした。勉強することが目的ではなく、アメリカ人の男性を騙して結婚し、永住することが目的なのではないか、と疑われてしまう可能性が高いのです。

もしビザが取れたとしても、入国審査の担当者によっては渡航歴を細かく確認され、去年2ヶ月間の滞在中に何をしていたのか、そこで彼氏を作ったのではないかと疑われ、別室で携帯電話の履歴やパソコンに保存されている写真などを全て調べられ、怪しいものが見つかったらそのまま強制送還されることがあるというのです。

最後に、私の中途半端な英語力です。英語は独学ですが、幼少期から馴染みがあるため日常会話に支障はなく、仕事で海外の方と関わることも多くありました。

アカデミックな英語力には程遠いですが、コミュニケーションは取れてしまうので、ビザ審査の面接官と話した時に「あなたは英語を話せるから、英語力向上のために留学する必要はない」と判断されてしまう可能性があるという噂を聞いていました。

これらは全て「噂」なだけで、実際は誰にでも勉強する権利があり、拒絶される筋合いはないと応援してくれる友人も大勢居ましたが、私が留学エージェントに問い合わせると、3分の1の確率で最初から断られました。

相談させてもらえるところがあれば、大手会社から個人経営の方まであらゆるエージェントへ問い合わせをし面談に参加しましたが、詳しく私の状況を確認した上で積極的に応援してもらえることはありませんでした。

結局「50%の確率で難しいかもしれません」と言われた状態ではエージェントにお金を払う気になれず、全て自力でビザの申請を行いました。

大学への問い合わせ、願書の提出、各種申請と支払い、成績証明書や残高証明書の請求などはもちろんのこと、戸籍謄本の英訳から、公証人役場での認証申請まで、全て自力で行う必要がありました。

実物のビザ

今年3月、ついにビザ申請書類一式が返送されてきました。最初に思ったことは、「あ、ダメだったんだ、私・・・」です。返送物の中に送付状も説明書も何も見当たらず、申請時に同封した英文の成績証明書も未開封のままだったからです。

必須書類の他に同封した方が良い書類、通りやすい申請方法やタイミング、考えらえるリスクなどについて調べ抜き、完璧に準備したつもりだったので、やはりエージェントを使わないと無理だったのかと、途方に暮れる気持ちでした。

最終的に、過去の渡米歴に問題があったのではないかという考えに至りました。特に去年2ヶ月間のロサンゼルス滞在は良くなかった、もっと慎重に考えて行動しておくべきだったと後悔の念が募り、パスポートのスタンプが押されているページをパラパラとめくっていました。

ふと、ビザ申請時に撮影した写真が印刷されているページがあることに気づきました。

「え?・・・・・」

私はそもそも、ビザ実物を見たことがありませんでした。エージェントを使わなかったので、ビザがどうやって送られてくるのかも知りませんでした。

流石に、申請が通ったかどうかの報告書や、今後の説明書が同封されるているものだと思っていましたが、そうではなかったのです。

知っている人からしたら当たり前のことなのですが、ビザはパスポートの中の「査証(VISAS)」というページに、ただシールが貼られて返ってくるだけだったのです。

「これだけ?・・・」

ビザが無事に通るかどうかずっと不安に駆られて過ごしてきましたが、予想外にあっけなくビザを取得できていたというわけです。

一番大変だったこと

自力のビザ申請は、一度手続きに慣れてしまって時間に余裕があれば大した作業量でもないのですが、インターネット上や人伝に聞いた話の中から、どの情報が正しく、どの情報が噂に過ぎないのかを判断することはとても難しいと感じます。

結局私はビザが取れても、現地空港に着いて入国審査が通るまでは本当に不安なままでした。お金に余裕があり、親身になってくれるエージェントが居るならば、サポート体制はあった方が良いと思います。

来週から晴れて新学期が始まります。大変な思いをした分、この機会を自分の良い未来に繋げていきたいと思っています。

今回は自力でビザを取ることになった経緯と体験談の一部をお伝えしました。

今、どの留学エージェントにするか迷われている方や、全体のコストを抑えたい方は、自力のビザ取得手順を詳しく知りたいと思います。

初心者にとって、不安になる情報は多くても、ひと目で何をすれば良いかわかる情報が少なくて困った経験が自分にもあるので、私がビザ取得するまでの具体的な手順についても別の機会にお伝えできればと思っています。

その他、2ヶ月間でTOEICのスコアを125点上げた勉強方法や、現地学校との円滑なコミュニケーションの取り方などについても、ご紹介していきます。

エージェントを使えなかったからこそ自力で編み出せた方法なので、今後の留学生の方にとってお役に立てるのであれば、報われる気持ちで嬉しく思っています。

アメリカ留学のおすすめ留学エージェントはこちらからご覧ください。
>>アメリカ留学エージェント35社【徹底比較】無料・有料含む|2024年版

リモ / アメリカ留学
リモ / アメリカ留学
私はキャリアアップのためにアメリカで経験を積むべく渡米した女性社会人留学生です。
中途半端な英語力をビジネスレベルに上げること、アメリカでも通用する認定証や学位を取得して職業経験を積むことを目指し、5年間有効な学生F1ビザを取得しました。

女性、社会人、日本人ならではの思わぬハプニングの数々に見舞われながら、自分の夢と目標に向かって奮闘中です。
お金をかけ、家族の元を離れて、異国の地で生きることは簡単なことではないので、夢があれば大丈夫だと安易に応援することはしたくありません。

私の生の体験談を伝えることで、同じような立場で留学を検討している人や、まだ不安を抱えている人たちが、それぞれの人生の大切なタイミングで、その人に合う最良の判断をできる、小さな一助となれば幸いです。

円安でも安く留学するならスマ留

円安の影響で費用が1.25倍!? でもスマ留ならまだ安い!

円安の影響で2年前に比べて留学費用は1.25倍(120円→150円)になりました。多くのエージェントが値上げをする中、実はスマ留はまだ1ドル120円台の価格で申し込めます!(10月時点)
留学に興味がある方は、今すぐ以下のボタンをクリック。

\ 30秒で無料カウンセリング予約できる/

11ヵ国の留学費用がすぐわかります。

こちらの記事もおすすめ

人気記事

セブ島観光アクティビティ39選!おすすめ順にやることを独自ランキング

こちらの記事ではフィリピンの「セブ島観光・セブ島旅行」を知り尽くした筆者が、旅行者、留学生、そして在住者も楽しめる様々な...

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

TOEICの点数別【英語を使う仕事12選】36人に聞いてわかった高収入を得るヒント

「英語はこれからの時代必須だよ!」 ちまたでよく聞かれる話題だと思います。しかし、やや具体性に欠けてますよね。 ...

【セブ島留学完全ガイド】費用・持ち物・おすすめの学校54校も解説

「セブ島に留学を決めたけれど、学校の数が多すぎて選べない違いがわからない!」 「人気校やおすすめの語学学校はどこ?」 ...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

英語の略語・スラング【168選】チャットやメールで使われる短縮表現まとめ

外国人とチャットやメールのやり取りをしていると、たまに出て来る意味の分からない略語(短縮表現)やスラング。 今回は...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

【419人に聞く】英語学習目的ランキングTOP10!日本人が英語を学ぶ理由とは?

あなたが英語を学ぶ目的は何ですか? ・転職・就職のため ・昇進のため ・外国人の友達が欲しいため ・必要に迫...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

英語の【文法用語一覧表】noun verb adjectiveなどの意味139用語

英会話レッスンを受けている最中、 「文法に関する質問をしたいけど、そもそも英語でなんて言うのかわからない!」 ...

新着記事

【ドイツ高校留学#4】高校留学のタイミングはいつがベスト?わが家は高1でした

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

【カナダワーホリ#3】ホステルのフロントデスクってどんなことをするの?仕事内容を紹介

ワーホリの仕事の選択肢のひとつ「ホステル」を知っていますか? ホステルとは主に海外旅行者用の宿泊施設のことで、ワーホリが...

英検3級おすすめの問題集を元教師が教えます!効率よく合格しよう

英検3級の勉強に最適な問題集を元教師がご紹介! 高校で長年にわたり英語検定の指導をしてきたKです。中学卒業程度の実...

大満足のアイルランドワーホリ!私がアイルランドを選んだ3つの理由

アイルランドに行くと決めるまで 日本とワーキングホリデーの協定がある国は2024年4月現在約30か国あります。そのなか...

フィリピン留学ってどうするの? ~学校選びからリアルな準備まで~

こんにちは!私は留学を考えている方に向けて、フィリピン留学についての情報をお届けしてます。今回は、私自身が留学を控えてお...

【ロサンゼルス留学記#3】アメリカ留学後、次のステップ〜OPTとは〜

私は日本からロサンゼルスに留学している社会人留学生です。約一年前にF1学生ビザが届き、昨年夏に無事にアメリカに入国して、...

難関の英検準1級の面接対策を元教師がご紹介します!

高校で長年にわたり英語検定の指導をしてきたKです。高校で21年間英語の指導をしましたが、現役の高校生で準1級を取得した生...

英検準2級のリスニングの勉強法、本番の試験に使えるテクニックとは?

英検準2級のリスニングの勉強法、本番の試験に使えるテクニックを元教師がご紹介します。 高校で長年にわたり英語検定の...

英語を習得するメリットを一挙大公開!英語を学ぶと人生が好転する!?

「日本語だけで生活できているのに、英語って本当に必要?」 「翻訳ツールがやアプリがあるけど、英語を勉強したほうがいいの...

【ドイツ高校留学#3】なぜドイツ?高校生に人気の留学先7ヶ国と子供の本音

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...