「5年で海外で働く!を叶える」某有名ファッションブランドのニューヨーク本社勤務を実現させるまで|俺のセブ島留学

前回の記事はこちら

No8 – ライブさながらの卒業式 in NYを経て英語スピーキングの講師に。伸びる学習者とは?

二度目のニューヨーク生活をスタート

2011年夏、夫がニューヨーク勤務になったことをきっかけに、私もアルクでの企業研修講師の仕事を辞め、渡米しました。

前回はタイムズスクエア近くの賑やかなエリアに住んでいましたが、今回は同じマンハッタンでも少し落ち着いたアッパーイーストサイド(セントラルパークの東側)にあるマンションに決めました。

以前友人夫婦が住んでいて何度か訪れたことがあり気に入っていたからです。管理人やコンシェルジェがとてもフレンドリー、庭やジムなどで住人達と交流する機会も多く、素敵な友達が沢山できました。

とはいえ、今回のNY生活の大きな目的は「就職活動+働きながらビジネス現場の英語力を高める」でしたので、引っ越しが落ち着いた段階で就職活動をスタートさせました。

再びニューヨークへ。アメリカで就職活動 パート1

マンションのジムの外の日光浴ベンチ。毎週ヨガのクラスに参加してヨガ仲間が増えました

再びニューヨークへ。アメリカで就職活動 パート1

我が家のホームパーティ。色々な友人が遊びに来てくれました

就労ビザ

外国人である日本人がアメリカで正式に働くには就労ビザが必要です。
前回の記事で、アメリカの大学や大学院を卒業すると、就労ビザを取るのに有利となる話に触れました。

学生の時は学生ビザ(F1)を貰えますが、アメリカの大学・大学院を修了すると、そこから1年間アメリカ国内で法的に働くことが許されるOptional Practical Training(OPT)というワークビザを申請できます。OPTを発行してもらい、その1年の間に働きながら、より長期に働けるビザを発行して貰える職場を探すこともできるのです。

OPI以外の主な就労ビザの種類

  • H1B(特殊技能職ビザ)
  • H2B(熟練・非熟練労働者ビザ)
  • H3(研修生ビザ)
  • L-1(企業内転職者ビザ)
  • L-2(同行家族ビザー配偶者の米国内就労可)
  • P(芸術家、芸能人用ビザ)
※その他、アメリカ人と結婚してグリーンカードを取得するという手や、お金があれば50万ドル(約5,000万円)を投資して永住権を買い取るという手段もあるそうです…!
詳しくは以下のサイトを参照ください。
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typework.asp#visadescription
http://www.acojob.com/services/visa_system.htm

私自身がもっていたのはL-2ビザでした。申請してから発行されるのに約3か月かかるということで、その間を就職活動にあてようと計画を立てました。

アメリカでの就職活動のプロセス

アメリカでの就職活動は人によっていろいろな経緯があると思いますが、私が経験した3つをご紹介します。

1)直接お目当ての企業、組織に応募する
自分の学歴や職歴とつながりがありそうな教育業界、教材の出版社などを中心に会社のウェブサイトの募集案内から応募しました。
5社ほどに履歴書を出し、実際に面接を受けた会社は1社。採用したら中東エリアを担当してもらいたいとのことで断念。

2)人材紹介会社、ヘッドハンティング会社に登録、エージェントから仕事を紹介される
私が登録したのは3社。1社はコロンビア大学の卒業生専用のエージェントで、もう2社はニューヨーク地域の企業に強い日系のエージェントでした。
ここから紹介された仕事は4件で、最終的に入社を決めたカルバンクラインNY本社での仕事もエージェントから紹介されたものです。

3)知人など個人的なつながりからの紹介
以前、新卒で働いていた時の会社でビジネスパートナーだったトムソン・ロイター社のフランス人ディレクターが推薦をしてくれて、トムソン・ロイター北米社の人事から連絡をいただきました。
あいにく勤務先がフィラデルフィアと遠く、カルバンクラインとも契約を結んだ直後だったためお断りする結果に。

※上記のプロセス以外にも、出身大学が主催するネットワーキングのイベントに参加して人脈を広げたり、キャリアフェアに参加して企業や組織の採用担当者と話すといったアプローチもあります。
再びニューヨークへ。アメリカで就職活動 パート1

コロンビア大学ティーチャーズカレッジ卒業生のネットワーキングイベントに参加

英文履歴書

どのようなプロセスで就職活動を行うにしても、まず初めに必要なのが英文履歴書 (レジュメ, CVと呼ばれる)です。説得力のある英文レジュメを書くには以下のポイントがあります。

英文履歴書のポイント

  • 英語 (スペル、文法)にミスがない →大前提
  • 目的の職種に結びつく経験、スキル、知識、業績をアピールする(日本人の謙虚さは捨てましょう!)
  •  

  • 過去の経験は、単純にdid (やった、行った) という単語を使わずに、achieved (達成した)、created (創った)、contributed (貢献した)などのAction-oriented verb(行動を表す動詞)を使う。数字なども使って具体的に書くと効果的
  • 複数人にレビューしてもらう

英語のネイティブスピーカーでも自分のレジュメは必ず何度も見直して、他人にも見てもらうようにするそうです。私たちのようにノンネイティブでしたら、「英語面」と「内容面」の両方から、少なくとも3人には見てもらって意見を貰いたいですね。

英語面接

次にやってくるのが採用側との面接です。

最近は、一次面接は電話やスカイプを使うケースが多くなっています。その分、英語の高いリスニング力、スピーキング力が必要とされます。それを乗り切るためには、何といっても面接の前の「入念な準備」が欠かせません!

準備1

その会社の歴史、事業内容、文化や、募集職種の仕事内容についての理解を深め、なぜ自分がその仕事に適任であるかを明確に言えるようにする。

準備2

想定される質問への回答を準備。特に、レジュメに書いた仕事内容について突っ込んで尋ねられた場合を考え、仕事や学習経験を「具体的に」説明、アピールする練習をする。

準備3

リハーサル。友人に頼んでロールプレーを実施。

私は、コロンビア大学のキャリアセンターで、模擬面接をやらせてもらいました。ビデオを撮ってくれてそれを見ながら、カウンセラーがフィードバックをくれました。(これが恥ずかしいのなんのって…でも効果抜群!)

また、友人にも面接のロールプレーをお願いして、本番に備えました。

再びニューヨークへ。アメリカで就職活動 パート1

就職活動中から親身になってサポートしてくれた恩師であり、アメリカでの私の母的存在のJanetと。寒い冬のNYで、チャイナタウンの美味しい飲茶を食べに行った時の写真。

さて次回は、「アメリカで就職活動 パート2」で私が実際に経験した、カルバンクライン入社までのプロセスをお話いたします。お楽しみに!

No8 – ライブさながらの卒業式 in NYを経て英語スピーキングの講師に。伸びる学習者とは?

No10 – アメリカで就職活動 パート2- Calvin Klein入社への道。

愛場講師の記事一覧はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

Q-Leap Inc. Corporate Officer
(& Principal Lecturer)
http://q-leap.co.jp/

筑波大学第三学群国際総合学類卒業
コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号取得
アルクの企業研修英語講師、スピーキングテストの試験官、評価官を経て、2011年よりCalvin Kleinニューヨーク 本社のライセンスビジネス事業部にて勤務。

2014年春に帰国、ビジネス経験と英語教授のスキルを活かし、IT企業や外資系製薬会社をはじめとする企業にてビジネスパーソン向け英語指導に従事。

著書:『英語のプレゼン直前5日間の技術』(アルク)

<資格>
M.A. in TESOL (Columbia University)
TOEIC® 990点(満点)
ACTFL Proficiency Test – Advanced High Level
アルク社 SST/TSST スピーキングテスト試験官・評価官
厚生労働省認定キャリアコンサルタント資格(CDA)

<趣味>
歌、ファッション、ヨガ、旅行

愛場 吉子氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。