spot_img
留学マナビジンコラム専門留学野球留学とは?野球のスキルだけでなく英語力も向上させよう!

野球留学とは?野球のスキルだけでなく英語力も向上させよう!

日本がWBCを制し、3度目の優勝を果たして間もないですが、アメリカやカナダに野球留学をしたいと考えている中高生の球児はいませんか?

日本は世界的に見ると野球強豪国です。しかし、イチロー選手、ダルビッシュ投手や大谷選手を始めとする多くの日本の優秀な野球選手がアメリカのメジャーリーグデビューしていることからも、アメリカが野球の本場であると考えられています。

アメリカやカナダに留学して本場の野球を目の当たりにするとともに、世界に通用する英語力を身につけませんか?

この記事では、海外への野球留学に興味を持つ中高生の球児に向けて海外野球留学に関する基本情報をお届けします。

読み終わる頃には野球留学に関するイメージがより具体的なものになっているでしょう。

野球留学とは?

野球留学とは、スポーツ推薦などを通じて、親元を離れてこれまで在住していた都道府県外の学校に「野球」をプレイすることが主な目的として通うことを指します。

しかし、近年では高校生や大学生の場合は世界で通用するだけの野球のスキルと英語力を身につけるために、アメリカやカナダといった野球の本場である国の高校や大学に海外留学することも選択肢として出てきました。

この記事では、野球留学とは海外の高校・大学への野球留学について指しています。

野球留学のメリット3つ

野球留学には下記の3つのメリットがあります。

  1. 「野球」という共通の話題があるため英語力を向上させやすい
  2. 友達が作りやすい
  3. 世界レベルの野球を知ることができる

それぞれのメリットについてご紹介します。

1. 「野球」という共通の話題があるため英語力を向上させやすい

海外留学をするだけで語学力が向上するわけではありません。留学期間や日常生活の中で、どれほど英語を使う努力をしているかといったことが重要です。

野球留学の場合、チームメイトとの間に「野球」という共通項があります。

好きな野球選手、これまでの自分の野球歴、技術的な話などを通じて英語を話す機会が多いでしょう。また、人間は自分の好きなものについては必死に相手に伝えようとするものです。

そのため、相手にきちんと伝わるように英語の勉強にも身が入ることは間違いありません。

野球留学を通じて英語力だけでなく、コミュニケーション能力や自発性といった人間性も育むことが可能です。

2. 友達が作りやすい

これは先ほどの項目と関連がありますが、共通の話題があることで友達を作りやすいでしょう。また、友達を作れることで英語力が飛躍的に向上したり、留学生活を満喫することにも繋がります。

留学の成否は現地でどのような友達を作るかで左右されると言っても過言ではありません。

高い目標を持つ仲間たちと切磋琢磨しながら仲を深めることで、充実した留学生活を送れるでしょう。

3. 世界レベルの野球を知ることができる

日本は世界的にも野球先進国です。野球に対する人気は高く、さらに先日のWBCでの優勝からしても、野球の実力は非常に高い国であると言えるでしょう。

しかし、それでも多くの日本のプロ野球選手が渡米してメジャー入りしていることから、アメリカが野球の本場です。

そして、アメリカには世界中から多くの優れた野球選手が集まっています。アメリカに野球留学することで世界レベルの野球を目の当たりにして、野球に対するモチベーションを上げられることは間違いありません。

野球留学のデメリット

野球留学のデメリットは下記の3点です。

  1. 日本よりも恵まれた練習環境であるとは限らない
  2. 経済的負担が大きい
  3. 野球と勉強の両立が非常に困難である

1. 日本よりも恵まれた練習環境であるとは限らない

日本の中高生の野球といえば、「部活動」を思い浮かべる方が多いでしょう。部活動の場合は学校にもよりますが、毎日のように遅くまで大会を目指して練習に励むものです。

アメリカの場合は異なります。そもそも部活動がありません。そして年中ずっと同じスポーツをプレイし続けるということ自体が珍しいのです。

つまり、野球留学をするためには、まずは現地のクラブチームを探す必要があります。

きちんとクラブチームを探さないと、サークルや趣味のようなレジャー感覚での野球しかできないといったことにもつながるため、慎重にクラブチームを探すことがおすすめです。

また、日本の学校の部活動とは異なるため、滞在先、学校、クラブチームがそれぞれ通いやすい範囲になくてはならないことも忘れてはいけません。

田舎の場合は1時間に1本程度しかバスが出ていないことも多いです。必ずしも時間通りに運行しているとはかぎりません。そして、その地域の治安や気候についても考慮に入れておく必要もあるでしょう。

2. 経済的負担が大きい

野球留学を検討されている方は、アメリカを考えている方が多いのではないでしょうか?アメリカは世界中で最も留学費用・生活費がかかる国の1つです。また、昨今の円安や世界的なインフレがこの状況に拍車をかけています。

野球留学をする場合は、現地での学費や生活費に加えて、ユニフォーム、遠征費、道具のメンテナンスなどさまざまな費用がかかります。

怪我をしてしまい、通院する必要があるケースもあるでしょう。通常の高校留学・大学留学よりも経済的負担があることを念頭に入れておく必要があります。

野球と勉強の両立が非常に困難である

野球留学を通じて野球のスキルだけでなく、英語力の向上を期待することができますが、かなりの努力が必要です。

授業が全て英語で行われることになるため、日本の学校での学習とは比較にならないほど難易度が高いです。

日々の激しいトレーニングで疲れてしまい勉強に身が入らない、学校の授業についていくのに必死で野球に対するモチベーションが下がってしまうといったことも残念ながらよくあります。

野球留学を目指す場合は、相当の覚悟と努力が求められることを肝に銘じておきましょう。

3. 野球留学の種類

野球留学の種類
野球留学には主に高校生向けの野球留学と、大学生向けの留学があります。

ここではそれぞれのタイプの留学について紹介します。

高校生向け野球留学

アメリカの現地の高校に通いながらクラブチームで野球を行います。日本のような「甲子園」といった各都道府県のトップが集って全国No.1を決定する大会はアメリカにもカナダにもありません。

アメリカとカナダのそれぞれの州を地区に分けて地区予選を行います。それぞれの州でNo.1になることで「全国制覇」という扱いになるのです。

しかし、アメリカは日本よりも高校の数が多く、例えばカリフォルニア州だけでも1,000校以上もの高校があるため、地区予選でNo.1になるだけでも非常に難しいでしょう。

州のトップになることを目指す他に、アメリカやカナダの高校代表メンバーになることを目指す球児もいます。

代表メンバーに選出されるとスカウトされて大学の選択肢が大幅に広がるといったメリットがあるからです。

大学生向け野球留学

アメリカやカナダの大学野球は日本の大学野球とは大きく異なります。

練習時間は1日に2〜3時間程度で、短時間で効率的に練習することが特徴です。また、学業との両立を非常に重視しており、規定の成績の基準を満たさないと退部となってしまうため、勉強にもしっかりと励む必要があるので注意してください。

そして、日本の大学野球部のように4年間部活動に在籍するのではなく、シーズンごとに「ロースター」と呼ばれる登録枠に選出される必要があります。

ロースターに選出されないと試合はおろか、練習にも参加することができません。毎年秋学期にトライアウトを行い、30名ほどの登録選手を選出します。

野球留学にかかる費用の目安

野球留学にかかる費用は学校種や国によって異なります。

高校での留学の場合、
・アメリカ(私立校)は年間で600〜700万円
・カナダ(公立校)は年間で400〜500万円

ほどかかることが一般的です。

大学での野球留学は、
・アメリカの2年制大学で年間250〜320万円
・4年制大学の場合は年間450〜800万円

ほどの留学費用が必要になるでしょう。

非常に高額であるため、費用を抑えて野球留学を実現したい場合は、物価が安くて生活費を抑えられる国や地域を留学先に選んだり、奨学金に申し込めるかどうかを検討することをおすすめします。

野球留学に関するFAQ

最後に野球留学に関するよくある質問と回答をご紹介します。

野球留学に必要な英語力はどれくらい?
高校での野球留学の場合は英検3〜2級程度の英語力があることが望ましいです。

大学での野球留学の場合、ある程度の英語力がないと、公式戦はおろか入部させてもらえない大学が多いため、大学での野球留学を検討している方は英語力アップに力を入れましょう。

留学先の国や学校によって入学条件となる英語力の基準が異なるため、事前に調べましょう。

野球留学で求められる野球のレベルはどれくらい?
野球留学と聞くと、ダルビッシュ選手や大谷選手などを思い浮かべ、強豪校や甲子園出場経験がある人でないと野球留学ができないのではと考える人が多いかもしれません。確かにメジャーリーグとなると、ハイレベルな野球のスキルが求められます。

しかし、アメリカやカナダの高校や大学に野球留学をする場合は、日本の中高の部活動で鍛えられた野球選手であれば問題ないでしょう。

日本の中高の野球のレベルは世界的にも非常に高いです。県大会レベルの大会しか出場経験がなくても野球留学できている方はたくさんいるので安心してください。

野球留学ができる国ってどこ?

野球留学ができる留学先は主に下記の4カ国です。

  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • 韓国

それぞれの留学先にメリット・デメリットがあるので、よく調べて自分に合った国を選びましょう。

最も人気がある留学先はアメリカまたはカナダです。

まとめ:野球の本場アメリカに留学して野球も英語も上達させよう!

高校や大学への海外野球留学について理解を深めることができましたか?

海外のクラブ活動や選手の選出方法は、日本の高校や大学と大きく異なります。そして特に大学の場合は、野球だけでなく学業との両立も図る必要があるため非常に難易度が高く、厳しいです。

しかし、世界の本場で高い目標を目指す仲間たちと切磋琢磨して実力をつけ、成長することはあなたの人生の糧になることは間違いないでしょう。

日本国内の高校・大学へのスポーツ推薦の進学だけでなく、海外への野球留学という選択肢もあるということを知っておいてください。

アメリカ留学を検討中ならこちら!
>>アメリカ留学エージェント30社【徹底比較】無料・有料含む

カナダ留学を検討中ならこちら!
カナダ留学エージェントおすすめ【29選】ワーホリ、Coop留学も対象

マナビジン編集部
マナビジン編集部
マナビジン編集部チームでは「英語が伝わる楽しさをより多くの方へ」をモットーに英語学習や英語を使ったキャリアに関する情報発信を行っています。

引き続きお楽しみに!

1週間7万円台で留学するならスマ留

例:マルタ1週間79,800円(授業料・宿泊費込み)
スマ留の体験談
スマ留で英語留学2
スマ留で英語留学3

留学エージェント「スマ留」を利用すれば、アメリカ、オーストラリア、カナダ、フィリピン、マルタなど人気11カ国に激安で留学できます。費用は「授業料+宿泊費+α込み」で1週間7万円から!しかも選ぶ学校によって費用が変わらないから安心です。
少しでも留学やワーホリに興味がある方は、以下からチェックしてみてください。

\ 30秒で無料カウンセリング予約/

\登録で英語フレーズ集をプレゼント/

こちらの記事もおすすめ

英語勉強の人気記事

YouTube【英語字幕付き】英語学習におすすめ動画ベスト50 前半

英語教材というと、テキスト教材やアプリが主流ですが、YouTubeにも英語学習に関する動画がたくさんアップされています。...

今日から外国人と友達に!無料ペンパルアプリ&サイト15選

この記事では外国人と英語で国際交流ができるペンパル(文通)アプリやウェブサイトをご紹介します。 本格的な文通アプリ...

理解しやすさ最優先!おすすめ英語Podcastランキング【24選】

初心者向けの英語学習用おすすめポッドキャスト(Podcast)をランキングでご紹介。 ポッドキャストとはインターネ...

英語学習・英会話Youtuberチャンネル【49選】国内ランキング-2024年版-

英会話が学べる日本国内の英語学習系YouTubeチャンネルを、2022年11月時点での登録者数でランキングにしてまとめま...

勉強!経営者におすすめアマゾンプライムで見れるビジネス映画16選

企業で働くビジネスマンや経営者が観たい映画といえば、やはりビジネス関連の映画ではないでしょうか。 そして、海外出張...

無料で遊べるオンライン英語勉強サイト【11選】パソコン、mac対応

独学での英語勉強方法といえば、アプリやポッドキャスト、市販の英語教材を使って学習するのが一般的ですが、それ以外にもPC(...

英検1級講師が教えるNetflix英語学習方法【決定版】初心者は勉強前にまず見て!

海外ドラマで英語を勉強するいちばんのメリットは、楽しみながら勉強できるということです。 今ではありがたいことにDV...

正確に英語翻訳するおすすめサイト27選!無料で和訳英訳できるサイト中心

昔は英語の翻訳サイトと言えばGoogle翻訳でしたが、最近では様々なサイトやアプリから翻訳サービスが出ています。しかもそ...

通勤時におすすめ!聞き流し英語学習アプリ【12選】無料で勉強

皆さんは、英語の学習が「面倒だな…」と感じた経験はありませんか? 「TOEICのスコアアップのために勉強しようと意...

海外筋トレ&エクササイズYouTube動画【24選】人気のChloe Ting、Pamela Reifなど

自宅で英語を学びながら筋トレ&エクササイズをしよう 新型コロナウイルスで国内自粛要請の中、外出できずに体が錆びついてい...

新着記事

【ドイツ高校留学#3】なぜドイツ?高校生に人気の留学先7ヶ国と子供の本音

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

【オーストラリアワーホリ#3】海外に着いて10日目までに行う手続(銀行口座開設、TFNなど)

いよいよ、ワーキングホリデーに行くまでの準備が整いました。今回は海外に着いてからすぐに行う手続き等についてまとめていきま...

【カナダワーホリ#2】誰もが直面する仕事探し!私がトロントでホステルの仕事を獲得した道のり

ワーホリで渡航した後に誰もが直面する仕事探し。ワーホリでの仕事探しはどうやっているのか疑問に思っている人も多いはずです。...

【ロサンゼルス留学記#2】現地人もきつい!LAのリアルな生活費、物価、税金の今

私は将来アメリカで働くために、英語力向上と、いくつかの認定証や資格取得を目指してロサンゼルスで勉強している社会人留学生で...

【ドイツ高校留学#2】1年間の交換留学、利用したのはAFSの留学プログラム

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 留学先としては珍しい欧州の国・ドイツへ、日本の片田舎で育った高校生の長...

英語ニュース【5月9日配信】役に立つ!海外旅行で使える英会話フレーズ集

最新の英語ニュースを毎週お届けするこちらのコーナー、今週は海外旅行で使える英会話フレーズ集やサマーカレッジ、国内キャンプ...

【オーストラリアワーホリ#2】知らないと苦労する!ワーホリ準備9ステップ

ワーキングホリデーに向けて、今回は日本から出来る海外渡航に向けての準備についてまとめていきます。 私は、なるべく費...

【カナダワーホリ#1】トロントでワーホリをする前に知っておきたい10のこと

カナダへのワーホリといえばどのようなイメージがありますか? 寒い、カナダ英語、アメリカに近いなどなど様々なイメージ...

【ロサンゼルス留学記#1 】LAはとにかく過ごしやすい!温暖な気候で留学はいかが?

私は去年の秋からロサンゼルスのトーランスという、海岸に近いエリアで勉強している社会人留学生です。 秋学期を無事に終...

【ドイツ高校留学#1】わが家の留学先の選定から出発するまでの手続きについて

こんにちは。留学ライターの高橋ミモザです。 今回からシリーズで、ドイツの高校へ留学した男子高校生のリアルな留学体験...