アイエルツ(IELTS)対策にフィリピン留学を

ご挨拶

皆様はじめまして!この度「俺のセブ島留学」の斉藤さんとご縁がありまして、こちらのサイトに合計8回に渡って寄稿させて頂く事になりました「K子」と申します。

私は現在、アメリカが本社の外資系企業の日本法人で役員秘書をしています。

直属の上司は日本人ですが、社内の公用語は英語で海外のビジターや秘書さんなどと頻繁に英語でやり取りがあり、日々の業務では英語が不可欠です。

英語がある程度自由に使えるレベルでないと務まりません。(現在のTOEICスコアは935点です)。仕事上で英語のメールを送受信したり、英語で電話を受けたりかけたりなども日常的にあります。

今は外資系企業の秘書をしていますが、これまでにも英語に関わる仕事をいくつかしてきました。翻訳・通訳・英語講師・TOEIC講師などです。

これから数回に渡って私自身が経験してきた「英語に関わる仕事について」を皆様に紹介していきたいと思います。出来るだけ詳細に、良い事も悪い事も包み隠さず書いていくつもりです。

そして「こんな仕事もあるのか。」「自分も留学から帰ったらこんな仕事をしてみたい。」などと感じて頂ければ光栄です。

英語学習歴

これからの時代は英語とパソコンだ!

仕事について書く前に、まずは私の英語学習歴を書かせて頂きます。

私が漠然と「英語を勉強した方がいいんだろうなー。」と思い始めたのは今から18年前の事です。その頃はある大企業で事務の仕事をしていました。(立場は契約社員でした)。英語に関わる事は全く無い業務でした。

その時の直属の上司が「これからの時代は英語とパソコンが出来れば、どんな会社でも勤まる!」と力強く断言したのを真に受け「そうか、じゃあ私はこれから英語を勉強すればいいのだな。」と単純に思ったのでした。

今思い返してみると、その言葉は「決して間違いではないのですが100%正しくも無い。」というのが率直な感想です。

なぜなら外資系企業では、英語もパソコンも出来て当たり前で、なおかつ「仕事が出来る」「人間関係能力がある」「人を管理する能力がある」などという能力が求められるからです。

「英語とパソコンは最低限出来なければならない事であり、特技にはなり得ない。」というところでしょうか。

しかし英語もパソコンも周りの人よりもすごく出来れば、就職や転職に有利なことには間違いありません。また英語が出来なければ応募すら出来ない職種もありますから、英語力があるというのは、現在の日本では確実に他の人との差別化になります。

何から手をつけていくべきか・・・

「英語が出来るようになりたい」と思ったものの、18年前の自分は一体何から手をつければいいのかが全く分かりませんでした。

当時の私の英語力は英検3級(中学卒業程度の英語力)を6年前に取ったきりでしたから、ほぼ皆無に等しいと言えました。

とりあえず「NHKのラジオ英会話だ!」と何となく思ったので、本屋に行きテキストを買いましたが、朝起きてラジオを聴くという事がつらかったのと、内容にあまり興味を持てなかった、という理由で3ヶ月で挫折しました。

その後、「CMもいっぱい流れているし、やっぱり英会話教室に通うしかない。」と思い、高い月謝を払って外国人講師のマンツーマンレッスンに1ヵ月半通いました。(朝から夕方までずーっと受講しました)。しかし何十万という金額を払った割には、英語がペラペラになど全くならず、外国人に多少慣れただけ、という悲しい結果に終わりました。

今思えばそれは当然です。たった1ヶ月ちょっとで英語がペラペラになるわけがありません。英語は長い年月継続する事でマスター出来るようになるのです。継続こそが語学学習の王道です。

余談ですが、今はオンライン英会話があるので、本当にいい時代になりましたね。私がマンツーマンレッスンをしていた頃にオンライン英会話があれば、わざわざ交通費をかけて英会話学校に行かずに済みました。

自分があの頃に英会話学校で習った事は、ほとんどオンライン英会話でカバー出来るからです。

18年前は外国人の先生と話す機会を得る為に大金を払う必要がありました。今は大金を払う必要がありません。お金に余裕がある人だけが英会話を習える時代は終わったのです。大げさではなく、オンライン英会話は日本人の英語学習の革命だと思います。

次週につづく。

続き

No2 TOEIC440点から770点まで伸ばす

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

外資系企業日本法人の役員秘書

元々は英語に全く関係がない日本企業で派遣社員として働いていました。

英検3級、初めて受けたTOEICは440点。自力で何とか550点になるも停滞。そこから英語関係の仕事などを経て770点になり、更に勉強を続けて935点を取得しました。

仕事は契約社員やパートの仕事からスタートし、翻訳業務、TOEIC講師、通訳、外資系企業の秘書など経験。

現在はアメリカが本社の外資系企業の日本法人で役員秘書をしています。

K子氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。